PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八戸の味3

八戸の市場が賑わいを魅せていることは、
八戸の会場で流しているBD,DVDでも語っています。
撮影に訪れた5月は、車内から眺めただけですが、
今回は美術館の方が、現地を案内してくれました。

鮫駅近くの会場には、およそ1000軒のお店がずらり!!
早朝から大変な賑わいです。

100メーターおきにある、朝市コーヒー(100円)を飲んで眠気を払拭して挑みましたが大迫力!

「八助」という、杏と梅の中間的果物が珍しく、これ一本に絞って購入しました。

P1590703.jpg
P1590709.jpg
P1590712.jpg
八助(はちすけ)です。2キロ購入しました。
大井川沿線で、黄色くなった梅を売っていたと妻に話したら
何で買ってきてくれなかったのかと言われましたので、今回・・・

P1590719.jpg
P1590717.jpg
農家のおばちゃんが漬けた、八助の梅漬けです。
紫蘇で包んだものは、後継者がいないから、私で終り・・・と。

P1590721.jpg
P1590726.jpg
美術館の方がプレゼントしてくれた、缶詰です。
箱の左上に水産高校のマークが入っていますが、
実習で製作したものを、生徒自身が売っていました。

撮影はすべて自宅に帰ってから。

≫ 続きを読む

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

八戸の味2

トークが終わった翌日、美術館の方が、お昼ご飯を誘ってくれました。
それが、灯台下にある、地元の方に愛されている、おいしい処です。

P1600049.jpg
P1600050.jpg
私は、うにどんを注文しました。

P1600048.jpg
ほたてどんです。

P1600047.jpg
ラーメンにも、うにが・・・。

P1600051.jpg
イチゴ汁です。

P1600052.jpg
このお店にも、私のポスターが飾られていました!
窓の外は海、外洋です。

P1600055.jpg
おや、有名人もきているようです。

P1600057.jpg
P1600058.jpg
玄関・・・。

P1600061.jpg
お店の雰囲気。
波打ち際です。
一階は、完全に津波の被害にあいました。
でも、翌日から二階のみで、営業を始めたとか・・・
すごい!

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

八戸の味1

八戸写真展のトーク前夜、
同じフロアーでジオラマをかこんでいた模型クラブの方々と夕食を共にしました。
模型は今回、1500両を会場にスタンバイ、フル編成で走行していました。
JR盛岡支社の車輌は、すべて揃っていると・・・。
会員はおよそ30人。ほとんどがJR盛岡支社の方々です。

20150724_1.jpg
会場からほど近い、七味というお店でした。
やっぱり、海にものがおいしかったです。

20150724_3.jpg
私の隣は模型クラブ部長の佐藤さん、現在釜石駅に単身赴任だそうです。
そのお隣は、三陸鉄道の冨手(とみて)さん。
笑顔をつなぐ、ずっと・・・、が希望です。
みなさん、乗りに来てください!

20150724_2.jpg
2年前でしたか、タムロンコンテストでユーモア賞に輝いた作品のモデルを務めた斉藤くんです。
見覚えあるでしょう。
あのときは、一関工業高校の生徒さんでしたが、いまやJRに入社して働いています。

このほか会場では、向山駅愛好会の方たちともお会いしました。
役員の田中さんによると、駅がミュージアムになっているそうです。
行きたかったなぁ・・・
この5月の撮影で青い森鉄道を訪れたときは、
お隣の下田駅は細かく撮影しましたが、向山は知らずに素通りしてしまいました。
次回にぜひ・・。


| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

新聞

今月18日から、来月16日までの夏休み期間、
八戸市美術館で「鉄道ものがたり」写真展が開催されます。

デイリー東北では、再度紙面で、写真展を取り上げてくれました。

P1590295.jpg
P1590296.jpg
P1590298.jpg

新聞は6月30日付けです。
文中来月とあるのは、7月です。
早くに新聞を送って頂いていながら、アップするのが遅れました。

この記事の取材は、陸中八木付近で行われました。
とても暑い日で、差し入れの麦茶がおいしかったこと・・・

大体私の撮影は、がんがん前に向かっていくほうですから、
食事のことなどは忘れています。飲み物も持ち合わせません。
だからとてもありがたい配慮で、熱中症にもかからずにすみました。

このとき撮影した動画は、八戸市美術館で公開します。
Tel  0178-45-8338

ギャラリートーク 7月25日 11時、  14時、の2回 

期間   2015年7月18日 ~ 8月16日   9時 ~ 17時
休館日  7月21,27, 8月10日

主催  八戸市美術館

後援  JR東日本盛岡支社
     JRF東北支社
     青い森鉄道
     八戸臨海鉄道
     青森放送
     青森テレビ
     青森朝日放送
     八戸テレビ放送
     コミニュティラジオ局BeFM
     デイリー東北新聞
     東奥日報
     河北新報
     
協賛  キヤノンマーケティングジャパン

協力  堀内カラー

企画制作  クレビス

多くの方々に、お力になっていただきました。
心より感謝申し上げます。

昨年末の東武船橋店以来ですが、負けず劣らずの、素晴らしい写真展です。
ちょっと遠いかもしれませんが、
ぜひお越しください!


 






| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

地方紙に

その日、新幹線八戸駅に降りたら、駅長さん、美術館の方々、各新聞社の方々が、迎えてくれました。
さっそく駅長室に招かれて駅長さんとお話したり、記者さんのインタビューです。
考えてみたら、八戸線の撮影はおよそ30年ぶり(正確には35年)のことでした。
種差海岸の光景は、当時とまったく異なりました、と駅長さん。
翌日からの撮影が楽しみになりました。

P1590230.jpg
東奥P1590227


P1590236.jpg
デイリーP1590239

河北新報さんは、わざわざロケ地まで来て、再度取材と撮影をしてくれました。
おかげで、とてもいい写真が掲載されました!
気に入っています!
自分の生の撮影姿というのは、なかなかないので貴重品。

P1590231.jpg
河北P1590233
P1590232.jpg

明日から7月。
月が変わると、あっという間に八戸写真展が近づきます。




| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

八戸のトーク時間

八戸の写真展は、夏休み期間中開かれますが、
トークは何時からなのと、問い合わせがありました。
いずれ詳細を記しますが、

トークは7月25日の午前、午後の2回になります。

11時発
14時発

の2回です。
会場の、美術館の展示は、
1階から3階まで、3フロアーを用います。
会場の都合もあると思いますが、トークは歩きながらの説明にしたいと考えています。

会場を飾る追加の3点、八戸線を撮影した作品の試し焼きが上がってきました。
堀内カラーの責任者と、写真展実行委員のお二人が来られて説明を受けましたが、
試し焼きはまったく問題ありませんでした。
きれいに、重厚に仕上がっていました。

期日が近づくにつれ、八戸写真展が、とても楽しみになりました!


| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

八戸のこと

P1580698.jpg

P1580667.jpg

この夏休みに開かれる写真展の場所は、八戸美術館です。
新幹線の八戸で下車したら、キハ40の在来線に乗車して、本八戸で下車します。
八戸市内の路線は、単線非電化なのに、高架なのです。
びっくり!
いえいえ、もう一つびっくりは、本八戸の近くにある鮫駅。
写真のようなモニュメント? が、駅前に鎮座しているのです!
すごいです!

びっくりが、まだありました。
食事が美味なのです。
しかも新鮮でリーズナブル。

初日と2日目は、撮影で街に出たのは20時過ぎ。
したがって空いている店は限られます。

一番近い蕎麦屋に入り、ラストオーダーと脅かされながらも注文した品が良かった!
二日連続で行ったくらいですから。

三日目は「金魚」という大衆居酒屋でした。
さしみと、”ほや”がよかったです。
でも、店内のタバコくさいのには閉口。

四日目はその斜向いにある、郷土料理店。
ここも良かった!
一人だから盛り上がらないけど、食べる飲むは堪能しました。
でも”ほや”はありません。
当店は旬の夏場にしか店に出さない、そうでした。

金浜という駅がありました。
1面1線の小駅です。
その前後に、樹木のトンネルがあって、道路から狙えるのです。
ローカルDCが2本行く間に、車は2台通りました。
時間にすれば2時間弱、ま、車の量はそんなものでしょう。
人も2名。乗車する高校生と、おばはんでした。

P1580719.jpg

P1590034.jpg

P1590030駅jpg

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

おかげさまで

おかげさまで、写真展「鉄道ものがたり」が昨日、楽日を迎えました。
皆さんのお力添えを感謝しています。
会場を提供してくださった、東武デパート船橋店からは、数年後にまた開いてくださいという力強いお言葉を頂戴しました。
また今回の、実行委員会からも、また一緒にと、次回を期待されています。
いずれもありがたいことです。

東武デパートは毎年暮のこの時期に大きな写真展を企画しています。
年一回です。
そうした中で、○年後という具体的数字も出てきましたので、支えてくださった来場者の皆様にも答えられるよう、前向きに考えたいと思っています。
すでに会期中、私の中に、次回構想の存在感も芽生えていましたので、熟考したいと思います。

「鉄道ものがたり」「視線」「鉄道動画」などなど、今年一年、多くの皆様に、大変お世話になりました。
来年以降もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を!

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

高野さんの写真展

SDPP_20784.jpg

あす、3月28日から、富士フォトサロンで、高野さんの写真展が開かれます。
高野さんとは、かつて室蘭本線でお会いしました。
上はそのときの記念写真です。

楽しそうな写真展ですので、みなさんご覧ください。
下は、高野さんからのメールです。


やっと、高野陽一写真展「SOUL TRAIN`s ―上州の空の下で―」の開催にこぎつけました。

本日設営で3月28日(金)から開催です。

今を遡る事46年前の、1968年春に銀座・フジフォトサロン東京で、広田さん開催された「蒸気機関車たち」の時は、僕はまだ11才の小学5年でした。翌年の1969年12才の夏に

八高線D51745を撮影し蒸機ファンになりました。



1999年に、あこがれの銀座・フジフォトサロン東京で「落日急行」(内容:世紀末の世界の蒸機)を開催しました。

そして、2014年春、六本木・フジフォトサロン東京での開催です。楽しくもあり不安もあります。

是非、高野陽一写真展「SOUL TRAIN`s ―上州の空の下で―」を、ご笑覧ください。


| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

タムロン写真展

タムロンの写真展がオープンしました
皆さん~おいでください~

PB080001HA.jpg
オープン前の会場です

PB080005HA.jpg
トップの作品です。きれいですね~

PB080027HA.jpg
挨拶に向かう市長さん。お若い方です

PB080029HA.jpg
授賞式
トップ当選です!

PB080035HA.jpg
少年少女の部トップは、9歳!

PB080045HA.jpg

PB080051HA.jpg
テープカット

PB080065HA.jpg
9歳のアーティストを挟んで記念写真

PB080083HA.jpg
入賞者たちと。左はタムロン社長さん

PB080116HA.jpg
PB080089HA.jpg
PB080131HA.jpg
PB080132HA.jpg
PB080134HA.jpg
11月21日まで開いています!
もちろん入場無料
次回応募の方々は必見です

いわゆる撮影地写真がないことが分かっただけでも、いいでしょう
なぜないのでしょう。あっても入らないのか、応募が無いのか、
答えは展覧会を見ると・・・

| 写真展 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT