PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

余部鉄橋

余部鉄橋1

全国鉄橋サミットが10月21~22日、余部鉄橋のある兵庫県香美町で開かれます。
余部鉄橋は日本海に面した、あの高い、優雅な鉄橋です。
長さおよそ300メートル、高さは40メートルもあるのです。
潮風をまともに受けるため老朽化が激しく、安全性と定時運行のためにも架け替えが必要となり、脚光を浴びることになりました。

東京駅では“純ちゃんまんじゅう”とか“晋ちゃんまんじゅう”が売られ、人気だそうですが、余部では、さすがに“鉄橋まんじゅう”は売られていませんでした。でも、あって不思議がないくらいの盛り上がりです。

サミットは2日間です。日本は山国なので、いたるところに鉄橋があります。
写真的にも有名な、青梅線、立野の白川橋梁、会津の只見川橋梁などの村長さん、
町長さん、市長さんが来られて語り合いもするそうで、これも楽しそうですが、
私が注目するのは、このほかに3つあります。

一つ目は、青木栄一さんの講演です。題して「日本の鉄道と橋」。工学的見地からではなく、地理的人文的見地からの話なので、鉄道写真的にもすごく参考になりそうで期待しています。
二つ目は「建設とサビと闘った歴史」と題した、元国鉄職員の話です。
学問ではなく、実際に携わった方々の生の話なので、これも
鉄道写真の参考になりそうです。

三つ目は21日の「急行あまるべ」の運転です。
キハ28+58×2の国鉄色4両編成が、姫路~浜坂間を1往復運転しますが、
そのほかに浜坂~香住間を2往復します。
しかも余部鉄橋では、徐行運転のサービス付です。
ダイヤなど、詳しくは「レイルマガジン278」11月号51ページを。
講演を聴くか、鉄橋を渡るキハを撮るか、悩むところでしょう。


香美町のパンフレットです



余部鉄橋2

「鉄橋サミット」に先駆けて、香美町の中央公民館で講演をしてきました。
公民館だし地方なので、集まって30人かなぁと思っていたら、さにあらず、
地方の公民館は今や都会にないような、すばらしい“劇場”です。
舞台は広いし楽屋もしっかり造られていて、ちょっとしたお芝居などもできそうです。もちろん客席はゆったりとして椅子の数は300席。
さすがにキヤノンSホールのように、満員とはなりませんでしたが、
楽しいひとときでした。

私は、余部鉄橋は大空に現れた虹だと思うのです。
時が来れば次第に淡くなり、最後は消えてしまいます。
美しいときに写真を撮り、美しさを心の底に刻み込むことができたら、
その人はきっと、幸せでしょう。



講演会とライトアップの報道記事です。産経新聞、レイルマガジン278号



余部鉄橋3

余部鉄橋のある香美町は、日本海に面した静かな町です。
こちらで想像していたより面積は広く、立派な漁港はあるし、海水浴に適した砂浜もあるし、切り立った断崖もあって、1時間毎に観光船が出るほどです。
平地での、人々の豊かな生活ぶりが垣間見られました。
一方、平家の落人集落もありました。こちらは狭い敷地で生活しています。
かつては道路もなく、崖下のわずかな空き地に設けられた船着場だけが、
外界との繋がりでした。

明治時代に細い路が開拓されました。
学校に行く子供たちは着物に草履履き。前を進む人の帯をしっかりと両手で持ち、
繋がって歩きました。道幅30センチほど。崖に落ちたら這い上がることも難しかったそうです。
無事余部の集落に着いたら鉄橋を徒歩で渡り、鉄道のトンネルをくぐって学校のある香住へと向かいました。大変だったんですね。

現在集落には30戸の民家と分校があります。
3年生までは分校で学び、4年生からは余部の小学校にスクールバスで通います。
本校は鉄橋の少し山側にあります。場所や姿は写真撮影でおなじみと思います。
分校の生徒数、今年は合計3名です。
落人集落、若い人が居つかないのかと思ったら、そうではなく、
お嫁さんにも不自由ないと長老が語ってくれました。それなりに裕福のようです。




落人集落と分校です。畑も墓も集落に同居しています。



りんご

実りの秋です。
今年の作物は豊富で、我が家には、りんごがたくさん送られてきます。





赤いのは盛岡からの“つがる”や“あかね”で、妻が数年来、身障者施設のボランティアをしているため、お礼を込めて送られてきました。

グリーンのものは“ブラムリー”。イギリスから導入したクッキングアップルです。
詳細は「広田せい子のハーブガーデン」へ。

関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT