PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

C57135が・・・

37年前の今日
日本のSL牽引の旅客列車は消えました

1975年12月14日のことでした
私はたくさんの仲間と共に、勇払原野の小さな丘に立ち尽くしていました
まだ暗いうちからです

昼過ぎに現れたC57135は、上空を飛来するヘリコプターと同調する速度で
原野を疾走してきました
はっきりと覚えていませんが、50分以上の遅れで運行されていたようです

私はこのとき、2社からの出版を抱えていました
ひとつはモノクローム
ひとつは、カラーでした

トライXを装てんしたF1は、三脚にセットした400mmF5,6で
コダクロームが入ったF1は、魚眼レンズでした。こちらは手持ちです

ヘリコの飛来は想定外でした
急遽400mmの光軸をアップし
画面上部にホバリングをはじめたヘリを捉えました
C57の白煙は、遅れを少しでも取り戻すように、アップテンポでした

平坦な室蘭本線ですから、ドラフト音はありません
わずかなロッド周りの回転音と、乗客の歓声を残し、あっという間に去りました

6時間、待ちに待った舞台は
一瞬でした
周囲の仲間に、声はありませんでした
無言でした

このときの、無言に匹敵する重さを、その後の復活SLの撮影現場で経験することはありません




関連記事

| 鉄道撮影 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT