PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SL撮影 in インドネシア 6++ 広田

昨日、加藤さんから、私の撮影している姿が追加で送られてきました
作品 6 と同時に、6+ として早速アップしましたが
このときの、私が撮影しているスチールがあるので、アップします

今回の旅行では、2台のカメラを用いて
すべて、動画撮影でしたが
スチールが数枚撮れています

自分の適正露出を得るための試し撮りと、
間違ってスチールのシャッターを押してしまったものの2種です

自分の適正露出確認の試し撮りは、2回行っています
1回目はインドネシア最初のショットの前にスチール撮影し、液晶画面で確認しました
バンガの踏切付近で試みました

2回目は翌日のフィールドでした
そこは遮るもののない、強い日差しの屋外で、液晶画面で露出を整えるのは難しかったからです
スチールを撮影して、手で覆った液晶で確認しました

DSC00008.jpg

これが、スンバルハルジョで(作業の始まる前に)露出を確認したスチール写真です

作業の係員は4~5人いたでしょうか
でも、実際に手を下すのは2名で
両端に分かれて、このレールをひょいと持ち上げると
適当なところに、どさっと降ろします

あとはスパナでジョイントするだけです

土地に凹凸があると、そこら辺に落ちている
サトウキビの枝葉をレール下にあてがいます
でも、葉っぱって、ふわふわしているでしょう
大丈夫かと、心配になりました
そのあたりは、小型の動画で、克明に撮影していますので
機会があったら、どこかで上映したいと思っています

今回の私のカメラは2台でした

6+で手にしているカメラは、もともとスチール機ですが
今回、動画用に抜擢しました
メーン機は三脚使用なので、細かい部分を、手持ちの効くサブ機で補うことにしたわけです

実はサブ機に使用した機種には、後継の新型も手元にありましたが
壊れてもいいと、このカメラにしました

過酷に使用するつもりだったんです
でも、そこまで酷使はせず、常識的目線での撮影に終始しています
それだけ、目に入る光景が、新鮮だったのかもしれません



DSC00009.jpg

こちらは、間違って撮影してしまったものです
手動ポイントを動画撮影したつもりが・・・
スチールでした

いえ、すぐに気づき、もう一回撮影したのですが
そちらもスチールでした!

あせってしまったんですね
やばいっ!


さて、仮設レールを走る牽引機の情報はまだでしょうか
近日中のアップをお約束したいと思います

ご期待ください!








関連記事

| 鉄道撮影 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT