PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

木製のスピーカー

CP+で珍しいオーディオに出会いました
カメラショーなのに、オーディオの出店
木製のスピーカーを装備した一体型、「ビクターB-1」でした
もちろん制作会社はビクターですが
設計と制作依頼は東海なんとか・・・
いい音、迫力ですが高価。でも

かなり触手が動きましたが
衝動買いはいけません
とりあえず在庫を確かめてその場は去りました

スピーカーは大体が紙製で、木は珍しい存在です
ビクターの開発したこの、ウッドコーンがすばらしいのです
一言で言えば個性的

_DSC5179 (1)
  250型のウッドコーン

CP+の会場は広すぎるしざわついていました
後日、丸の内にあるビクターのショールームへ行きました
昔、ピクトリアルが入っていたビルの一角にあります

最近開発の「250型」の音などを聞いてきました
こちらのウッドコーンスピーカーの直径は14,5センチ
先の「B-1]は3年前の製品で直径9センチ
14,5センチのスピーカーのほうが、間違えなくゆとりがありましたねぇ

_DSC5176 (1)
_DSC5177 (1)
  ショールームと250型

250(EX-A250)はベートーベンのシンフォニーを楽しめそうだし
ジャズも聴けそう

B-1とほぼ同サイズの7も聞かせてもらいましたが
こちらはモーツアルトの室内楽やピアノソナタなどを
ボリュームを下げて静かに聴くのがいいみたい

そもそもは、撮影してきた動画の音を確かめるのが導入動機でしたが 
いろいろあたっているうちに、音楽を聴きたくなってきたので困りました

さてどうなりますか・・・

関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT