FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

理想のカメラ

数ヶ月前、某カメラ会社の方々が、我が家にこられました
用件は口外しないでというので言えませんが
その後の雑談で、こんなカメラを期待しているということを熱く述べました

ちょっとのせられたところもあって、でも
案外こちらが本命だったのでは?とも、、、

しかしカメラの件は話してはならないとは言われませんでした
ちょっぴり公表してしまいます
すでに数ヶ月経っていることだし、あくまでも自分の考えを述べたものなので

「鉄道を撮影する理想のカメラのセンサーサイズは
APS-Hである
Cではやはりクオリティが低い
フルサイズの必要はない
被写界深度などを鑑み、やはりHだ」と

その場合の画素数を聞かれましたが
「そこそこでいい」と答えました
しかし当然ですが、新しいカメラとなると
販売上、これまでより多画素数で登場するでしょう

「動画ではRAWが撮れるといいですね。既に世の中には存在しています」
え、という顔をされた中、一人だけうなずかれた方がいました
REDをご存知だったのです
そこで、所有している、くだんのカメラをご披露しました

ファインダーは
「ペンタプリズムはいらない。すでにEVFは実用に堪える」ことを伝えました
(EVFとは、エレクトリック ビュー ファインダーのことで、ビデオカメラなどに装着しているものです)
カメラのEVF化は数年前から述べていたことで、やがて本格的な一眼レフも、この日のくることを予感していました
「不十分なペンタプリズムよりEVFの方がずっとましです
スナップも列車も、置きピンで充分ですから」

EVF化の利点はたくさんあります
ガラスの固まりやミラーがなくなった分、カメラが小型軽量化すること
そして、レトロフォーカスの必要が少なくなり、いいレンズが使えること、などなどです

現状は欠点もあります
欠点が嫌な方は従来のカメラを使えばいいのです
やがて欠点と言われるものも、いい方向に修正されていくことでしょう
時間(もちろん技術)が解決です

レンズに関しては、最近、信州中野まで行ってきた話をしました
ライカレンズはたくさん所有していますが、デジタルに合うMマウントレンズが欲しかったからです
そりゃヨドバシでも買えますが、技術者さんたちに話を聞きながらのベストチョイスをしたかったからです
4本選択して購入しました
12mm
25mm
40mm
75mm
少し前に購入している50mmを加えると
Mマウントレンズは5本になりました

Mマウントレンズは、設計に無理がありません
「新規開発のカメラはこれら最高のレンズが使えるのが理想です」

おっと75mmはスクリューでした
アダプター装着でMマウントです

GPS装着はずいぶん前から述べていますが、いまだ実現していません
今回も、ほしいと言いました

主なことがらは、たぶん、このようでした
たぶん、というのはお話ししてから日数がたっていたからです
ニュアンスが違う部分もあるかもしれませんが
大きくは変わっていないと思います

さて、今後のカメラ開発にどれほどの内容が生かされることでしょうか
それは分かりませんが
世の中の一眼レフは、私が述べたこの方向に向かうことは間違えありません

関連記事

| 鉄道撮影 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT