PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Cの時代「永遠の蒸気機関車」です

「永遠の蒸気機関車」の表紙です
右上に、Cの時代とあるのは
すべての掲載写真がキヤノンF-1で撮影したことを意味しています
およそ3年間の成果です

a11.jpg

裏表紙です
写真はオールカラー
価格は本体2300円と読めます

表のタイトル左の白いタテ帯は裏へと続き
”白”がとても印象的な仕上がりです

a22.jpg

さらにこの白は中扉に続いています
これほど”白”が印象的な本はないでしょう
気品があり、魅力的です

a33.jpg

常紋のD51です
白煙と黒煙の対比

a44.jpg

走るC55!
下は3ページにわたる観音頁です

a55.jpg
a66.jpg

ウトナイ湖の対岸から眺めた朝の室蘭本線です

a77.jpg

本線SLの最期は1975年12月24日でした
この写真はその最期の日に撮影した写真です
写真は2枚見えますが
バックになっているほうは、SLの消えた翌年
時刻表600号記念に出版された「永遠の蒸気機関車」の1ぺーじです
手前にあるのが今回の「永遠の蒸気機関車」のプリントです

a88.jpg

1976年、時刻表記念出版のページを3枚連続でお目にかけます
一番下は星とSL
最終日、紅葉山での写真です

a99.jpg
a21.jpg
a23.jpg

2冊の「永遠の蒸気機関車」です
ご覧のとおりサイズが異なります
サイズだけではなく、写真構成も変化しています

やはりSL廃止直後と今とは感覚的に差がありました
かつてのものは多少感傷的な部分もありますが
今のは走りの迫力を追っているようです

今回の「永遠・・」、実は
驚きのキャンブックスです
定価をできるだけ抑えるためと
常に、何年にもわたって書店店頭に存在して欲しいという配慮からでした

a24.jpg
関連記事

| 出版関係 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT