PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

D700



n1.jpg

D700が我が家に来ています
来年は1月末の撮影会用です
ニコン主催の撮影会にEOS40Dを持っていくわけには参りませんので
お借りしました

使ってみていい点を幾つか・・

いまのところストラップはつけていません
右手でホールドしていますが
これが持ちやすい
すごく!
持ってパパッと動かしても、手をすり抜けて落下することはありません
手にフィットするんです

これはハッセル500CMと、ロライSL66の差ぐらいありそうです
ニコンがハッセル、ローライがキヤノン

ローライとキヤノンは片手で操作というわけにはいきません
しっかり持たないと不安定です

ハッセルとニコンはいずれも片手操作で不安はありません
そこがまず、私が普段使用しているカメラと違う点だと感じました

n2.jpg
大きさ重さにそれほどの差はないはずです
ではどこが違うかというと、グリップの形態にあるようです

右手でカメラを掴みます
するとごく自然に中指、薬指、小指がグリップ根元の深みに行き着き、カメラをしっかりつかんでいるのです
ちょうど上の写真の影の部分に、がっちり3本の指先が収まるんですね
これで安定するんです

カメラの安定感は、誰もが望むところです

n3.jpg

さらに、こりゃいい
と感じたのは、片手で持ち上げたカメラのメーンスイッチを、そのままの状態でオンオフが可能なことです
バッグからカメラを引き出しながらスイッチオンが可能です
人差し指が自然にスイッチに到達するんです
しかも被写体などに目を向けたまま・・・

これは驚愕です
とっさの撮影にものすごく有効です

私が普段使っているカメラは、左手がふさがっていると、スイッチが入れられず、残念でなりません

n4.jpg

今、D700について述べていることは、他のニコンにも共通するところですが
いいなぁと思うところはまだあります
不要画像を簡単に消去できることです
パパッと消せる
かと言って、不用意に消えない
これはいいですよ

上の写真の△しるしを押すでしょう
そうすると液晶に画像が表れます
で、不要なのがあれば、ゴミ箱しるしのボタンを2回押すんです
それだけです

デジタル画像の消し上手な人は、デジタル写真の名人です
いちどこのブログでその点を説明しているのでお分かりかと思いますが
今度の撮影会では、そこをちゃんと説明しましょう
関連記事

| カメラ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT