FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

再び5Dmk2を



銀座のキヤノンショールームを訪ね、5Dmk2を触ってきました
これで2回目です
ところがいちばん知りたいと思っていた動画関係は
やはり見られませんでした
わずかにカメラと大きいTVモニターをコードで直結し
画像を見せてくれたまでにとどまりました
ようするに、レンズを通ってきた画像を、ファインダーやカメラの液晶で確認する代わりに
TVモニターに映しだしただけのことです
でも、無関係ながら、ちょっとだけ動画気分を味わえたのは
ボルテージの上がったカメラファンだからかもしれません

一部の雑誌に動画もピントはオートが利くと書いてありましたが
この状態、要するに動画撮影と同じライブビューを開いた状態で確認すると
最初の置きピンはオートになるものの
ピントの移動はしません
AIサーボ状態にならないのです
被写体が動かないものならそれでOKですが
走行列車とか、子供の運動会では、ピンボケ覚悟かマニュアルフォーカスになります
これはけっこうキツイです
スチールならいいとこだけピックアップできますが
動画となると連続画像ですから
ピント送りが乱れると、すべてアウトになりかねません
ピントはマニュアル
ところが動画露出はすべてオートなのです
むむむ・・・
マニュアルはまったくだめでして、これもキツ~イ
ピント関係、露出ともども、D90とほとんど同じでした


それはそうとアメリカキヤノンのサイト
動画が再びアップされていました
しかも、新しいものも加わっているではありませんか
いつのまにか・・・

この新しいデモ作品は、優しい雰囲気です
トップが夜景中心、しかもハリウッドっぽくて、ぐっとくる作品でしたが
2作目は誰にも分かりやすいようにまとめてあります
順光線中心ですから、すべてはっきりと描写されていました
ですからきれいで、機材の実力が素直に理解できます

個人的には、やはり最初の作品に興味が走りました
機材の特徴や限界が垣間見えるからかもしれません

いずれにしても、発売が待ち遠しい
選挙の日程はまるで分かりませんが
こちらの発売日はすでに決定しているはずです

関連記事

| カメラ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT