PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5Dmk2は、カメラかビデオか


EOS5Dmk2は、動画が撮れます
しかし
カメラに動画機構が付属しているだけですから、5Dmk2は、あくまでもスチールカメラですよね
ふと思ったんですが
カメラとビデオが接近すると、境界線はどのようになっているのか興味が走ります
これまでですと、フィルムを用いるのがカメラで、テープを用いるのがビデオ、などと機構的な違いから分類できたと思うのですが、両者がどんどん接近してきた場合、どこで区別するんでしょう
また、区別の必要はあるのでしょうか

法的には必要ありそうですね
例の関税なんかで・・・
国内の場合はどうなんでしょう
カメラ本体でも違うんでしょうね、きっと
片方が安くてもう一方が高いとか

海外では国によって違うでしょうが、ビデオは100%近いという話も聞きました
たとえば・・・
あるアマチュアが海外旅行中に、外人からビデオを売ってほしいと持ちかけられました
旅の最後だし、熱心なのでつい手放したら
出国のとき、持ち込んだビデオはどうしたと空港の税関で質問されたそうです
人に売りましたといったら
考えられないほどの税金を払わされたというのです
その額、売値以上・・・
カメラはもはや、そんなことはありません

それではカメラとビデオの区別はどこにあるのでしょう
撮影時間にあるといわれています
5分以上連続撮影できる機材がビデオとか
いやいや12分が境界線
29分59秒以下ならカメラ
と、人によってまちまちです

このように異なった数字がでてくるのは、いままでそんなことを気にする必要がなかったからでしょう

さて、今日は学研のビデオキャパ編集の方が家に来ます
ひとつどれが本当か訊ねてみましょうか
・・・ちょっと意地悪質問かな?


関連記事

| カメラ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT