PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「山手線」が出来ました



講談社100点シリーズ「山手線」が出来ました
ねちっこく、細やかに撮影した本で
子供はもちろん、家族で楽しめるように仕上げました
いい出来です

これで650円は安~い!!

yaya1.jpg
中央の大きい写真は、五反田~目黒間で撮影しました
このとき同時に撮影した作品を、すずめの会の展覧会に出品しています
この秋、フジフィルムのギャラリーで開催します

yaya2.jpg
③の写真で6扉車をだしています
それから地下鉄内の写真は地下を強調するため、すべて縦位置にしました
天井を多く取り入れることで、地下の圧迫感が出てくるからです

そのほかにも、写真的に細かい演出を施しています
小さな写真も手を抜いていません

yaya3.jpg
目黒とは対のページになっている恵比寿です
恵比寿のページ取りは3

yaya4.jpg
大塚と池袋間にある堀之内橋には、電車のレリーフがつけられています
日暮里と共に楽しめます
ところで、落語に出てくる堀之内は、もしかしたらここだったんですねぇ
江戸時代はとんでもない田舎だったようで、”堀之内のけんぼう”という、やんちゃな子供が出てくるんですが、近頃とんと耳にしていません

yaya5.jpg
東京駅では5ページで24点の写真を使用しています
赤レンガ駅のパノラマ写真あり、十河さんのレリーフありと多彩です

有楽町はその反動?で4枚
N700を撮影したところはレストランです

昼は1000円とちょっとでスパゲッティが出てきます
ま、ちょっと高めなのは場所代でしょうか
ビーチパラソル下の席が最高で
少し早めに行って、その席近くから撮影しました

愉しみながらじっくり撮った中から
今回は100点ならぬ、217点を使用しています
表紙9点をプラスすると、226点になります

あ、それから表3の山手線すごろく
さすがによく出来ています
再版から大きく刷って、付録にならないかなぁ
写真やイラストをちりばめて・・・


関連記事

| 出版関係 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT