PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LX2の覗きファインダー



吉木さんからメールが来ました
早速試してみるそうです・・・



Panasonic-LX2の接写作戦 早速にありがとうございます 
手持ちの道具で直ぐにやってみました。

成る程成るほどばっちりいけます。
山の花を分類から判別する凄い仲間が多いので,いつも5mm位の小さい花が肝心になります。

這って接写する慎重さでやるのですがAUTOで後ピン勝ちになって失敗が多かったです 
前レンズでやってみたらカメラ側が合焦するのが楽のようです。
次の山行きでは便利なツールに仕上げて実践してみます。

現在は添付のような「液晶モニター覗き筒付きルーペ」を開発?して効果を出してます。
明るい山頂でも液晶がよーく見えて周囲から珍しがられています。

ルーペは一寸工夫すると前と後の両方につかえそうですね。山にはうってつけ。
 でも外付きファインダーの新人「LX3」が気になってます

******************************

yy11.jpg
yy22.jpg

そうなんですよ
写真もカメラも工夫が大事なんです

昨夜BSを見ていたら、香川京子がゲスト出演して、黒澤映画の話をしていました
あの天才監督も、常に工夫を怠らなかったというのです

見習いましょう

あ、それから・・・
接写のときは、AFモードのピントが合う範囲を、より小さいものに設定するといいかもしれませんね
LX2は、たしか4つくらいあったはずだから・・・
関連記事

| カメラ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT