PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

手土産ブーム その3

今朝はどんよりとした曇り空ですが
昨日は快晴のお花見日和でした

高田馬場で、西尾源太郎さんを偲ぶ会がもようされ、およそ100名ほどの縁の人に混じって出席してきました

私のコスチュームは、西尾さんと一緒に、小伝馬町のテーラーストリアで造った背広を着用しました
ダンディな西尾さんはグレー系のシックなスーツ
私はチェックの変え上着
もう何十年も前のことなので、体形の変わった私には、やっと袖が通るくらい小さかったのですが、思い出のものでした

源太郎さんは几帳面で、面倒見のいい方でした
頭脳明晰
お亡くなりのなる1週間ほど前に、入院先へお見舞いに参りましたが
とてもしっかりしていらっしゃって
「ピクのOO号を見ましたか、ディーゼル化の原稿書いているから読みなさい」
いわれてあたふたと読んで(それが平たく書いてあって読みやすいし興味をそそる内容でした)再びお見舞いにという、その日に訃報を知りました

外でお会いした最期は、私たち親子で開いたCANON写真展の会場と打ち上げの場でした
少しお痩せにはなっていましたが、お元気でした

こういう場では不謹慎かもしれませんが
お開きの後みんなに手渡されたお土産をご披露します
昭和18年の卒論が、新幹線のSL
その後、新幹線電車の設計に携わった方らしいお土産でした









関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT