PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PIE 12 無事終了しました

桜もほころび始めた昨日
PIE2008も、惜しまれながら終了しました
ご堪能しましたか

私はたった1回のステージでしたが、とても印象的でした
最初に上がったとき、集まった皆さんのお顔が
きらきらしていたのを今でも覚えています
立ち見のほうが多いのに、熱心に聴いてくれて感謝しています
次回はもう少し、レベルを上げてもいいのではないかとも感じました
また、もう少し鉄道よりでもいいとも思いました
この経験を、次回以降に生かしましょう

私は今回、ニコンを担当しました
これまで、かめらはキヤノンしか使っていませんでしたが
D3,D300を使ってそのよさに触れました
また、多くのレイルファンを知りました

レイルファン、実はD3の製造会社のトップが熱心なファンなのです
SLの現役から最近の特急まで撮影しています
前号の「レイルマガジン」には、雪中の最近作を2点、見開きで掲載されています
シャープなのです、すごく
カメラデータが出ていて、D2Xを使っておいででした
昨冬ですからD3はまだ仕上がっていなかったし、秘中の秘だったことでしょう
D300の設計責任者も、とても気合が入ったレイルファンです
最初にニコンのよさを私に吹き込んだ方も、レールファンです
レールファンが気合を入れて制作したカメラで、気合を入れて鉄道を撮影する・・・こんな幸せはあるでしょうか

これまで使用してきたキヤノンもペンタックスもそうだったのです
ファンが全霊をこめて世に送り出したものでした

これからの私のカメラは、これらを交互に手にしながら
撮影人生を送ることとなるでしょう

しかし難しい問題もあります
それぞれのカメラは個性的で、共通運用が難しいということです
同時使用は困難なので、それぞれに適していると思われる撮影に持って行くこととなるでしょう
カメラは信頼できるものが必要です。これはクリヤー
そして撮影に大事な要素、慣れ・・・目をつぶっていても操作できる慣れ・・・
これまで以上に、克服しましょう

泣いて笑っての4日間でした
担当の皆さんご苦労様でした
皆さん、参加をありがとう
日本のカメラ関係、写真関係が、これまで以上に世界に羽ばたき、住みやすい地球環境を守っていくことを願い、誓い、PIE2009を待ち望みたいと思います

関連記事

| トークショウ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT