PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八海山



先般、冬の北海道を旅しました
重連撮影で前機関車から後機関車へと変わる夜、ビジネスホテル近くのすし屋へ行きました
後機関車のチーフ、吉田さんが東京からの電話で
「そのホテル、私の定宿でした。3ヶ月間泊まっていたんですが、斜め前にあるすし屋によく行っていました」
地元のネタが揃っている。ぜひというので、ゴー

ところがお休み
ホテルのフロントで聞くと
「すぐ傍にも同じような店が並んでいます」
行ってみました
教えられた裏通りには、たしかにすし屋が2軒、並んでいます
角の店へ・・・

そこで猪口に1杯だけ勧められて飲んだお酒がこれ
八海山の生酒、”越後で候”でした

これがよかった
その日最高の逸品
米麹の味がしてフルーティ
コクがあってしかも爽やか
辛口

家に帰ってから、さっそく探しましたねぇ
昨年の酒なので売りきれを予測していましたが
ありました
1升ビン  3000円台
720ml 1700円台



しかし生酒は冷蔵庫で保管しなければなりません
酒屋は管理しやすい720を勧めましたが
北海道で味わったのと同じ大きいビン
だんじて1升ビンを持ち帰りました

冷蔵庫には横に安置しました
枕にジュースのビン
こうすれば万が一、栓が抜けてもこぼれる量は限られます
飲みたい一心がアイディアを生みました!?



このまえ訪れた真岡鉄道の沿線にも造り酒屋がありました
もしかしたら、生酒があるかもしれないと思いましたが
いやいや、これに勝るものはありますまい
それに・・・
道の駅、それも2軒で、しこたま野菜を買わされましたから
もうお手上げ(実は女房連れでした)
お店辟易・・・
やはり撮影は単独でなければ!?

SLの写真はあまりいい出来ではありませんでした
最悪。長いSL撮影でも、こんな、ていたらくは経験したことがありませんでした
まずい、ますい・・・

そこで、広田泉がリリーフでトライ!
いいの撮ってくれよ

関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT