PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やばいやばい

空港のお土産屋で、松浦漬けの缶詰を発見、ゲットしました。
松浦漬は鯨の軟骨を、酒かすに漬けたものです。
島原鉄道ロケの帰り道のことでした。
たしか1つ1280円。



じつは3月1日に、「やばい3」としてこの缶詰の顛末をブログに取り上げています。
7年ほど前に買い、そのままになっていた缶を、ある日オープンして食べたというものです。
缶はそのときガスが溜まり、膨らんだ状態でした。
触れたら爆発、というくらい・・・。
にもかかわらず、食べてしまいました。意外やおいしかったのです。

今回買ったものは即空けるつもりでした。
ところがふと、賞味期限を見ると、な、なんと7月。今年、2007年7月17日とあるではありませんか。

購入したのは5月16日。期限までなんと2ヶ月しかありません。
鯨って早いのか、売れ残りだったのか、とにかく2ヶ月です。



缶詰の表面には、前回なかった文字が記されています。
早く食べたほうがいいですよと解釈できます。
しかし賞味期限近いものをあけたところで美味しいはずはありません。
ここはやっぱり10年ほど保存することとしましょうか。
やばいものは、やっぱりやばい。
関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT