PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桜と鉄道写真

[:桜:]
重なるときは重なるもので、2つの雑誌に桜をあしらった鉄道写真が掲載されます。
一つは「鉄道紀行」3月20日号です。
こちらには田園都市線で撮影した桜列車です。竹やぶをバックに、桜の花びらがヒラヒラと舞うシーンです。
もう一つは「キャパ」3月20日発売号です。

いずれも注文があり、前者は私らしいもの。後者は「これを」というピンポイントでした。
「キャパ」はどんな写真かというと、半世紀前(1956年)私がまだ学生だったときの写真で、根府川鉄橋を渡る湘南電車80系1次車です。
カメラは三森康亘さんから借りたニコンS2でした。
そしてアメリカの「TRAINS」誌にも掲載された思い出深い写真です。
今回のテーマは思い出でした。

原版はそれぞれの出版社に送り済みで、手元にないためアップできません(
恐縮です)。
しかし、4月6日から12日まで富士フォトサロンで開かれる、「第11回すずめの会写真展」に、前者の桜が展示されますので、原画をご覧になりたい方はぜひ開場にお越しください。
6日午後から夕刻にかけて、私も会場に行っています。



「すずめの会」は、大竹省二さんが音頭を取って始まった会です。
大竹さんを囲んで(まぁうるさく)おしゃべりをしているうちに始まった会だから「すずめ」となったのが由来です。
関連記事

| 鉄道撮影 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT