PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

津軽に行ってきました 2

いつのまにか、金木駅も立派な建物に変わっていました。
駅の、町民のための展示場には複葉機のモデルが数機展示されていました。
金木出身の有名人は太宰治だけではなく、初の民間プロパイロットの白戸栄之助も金木出身でした。展示の機体は彼に縁の飛行機です。



白戸がプロデビューしたときの愛機(上)、明治45年製造の「鳳」。木製骨組み、全幅11m40。展示初飛行は青山練兵場でした。



大正5年製造の水上機。この機で民間初の離着水に成功しています。



赤い翼の機体は、大正9年製造の球磨号。時速220キロの快速を誇りました。
展示機はすべて20分の1の精巧な機体で、斜陽館とともにぜひ見ておきたいものの一つです。
なお、2階の食堂では十三湖でとれた、しじみのラーメンが食べられます。珍しい。



関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT