FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鉄道写真・動画に適したカメラ 4

このタイトルで3回連載しました
3回目のアップが、ちょうど1か月と10日前

何か反応があるはずと待ち望んでいましたが、皆無!
驚きました

カメラの機種選びもさることながら
合間に挿入した「鉄道趣味雑誌」の存続に関して、まるで何の反応もないのが残念です

鉄道雑誌の廃れるのを困るのは、経営者、編集者もさることながら、われわれレールファンが一番困るのです
鉄道写真家も廃業です
なくなっては困る。みんなで本を買い支えようという声が、一つでも届いてほしいという願いはかないませんでした

編集者側からも何の反応もなく 困惑しました

もっとも私のこのブログ記事は 砂漠に落とした1滴の水以下の力もなかったということかもしれません

これからの雑誌に必要なものは 新鮮な感覚のライターさんと 多くのレールファンの誕生と 多くのアマチュアカメラマンの台頭です
美しい写真なしでは 雑誌の魅力はあり得ません

私は数年前から温めていた アマチュアカメラマンの発表の場を実現させたいと、初春から行動を始めています
規模が大きいため、実現までに幾多のハードルがありそうです
しかし 優秀で実力あるブレーンを得て 十分満足できるものが実現しそうです
期待してください

一方 動画の発表媒体は 私が動く動かないにかかわらず増加の傾向を示します
雑誌の発行数と反比例して動画発表の場が現れます

雑誌がつぶれるというのではなく、雑誌社がこれまでのノウハウを生かし、動画を取り入れた新たな雑誌、メディアを展開していくということにほかなりません
これは国内で行われるインタービーなどに注目していくと 将来像が我々レベルでも垣間見えてくるはずです

さてこのレポートでは 何か反応があるかなぁ・・・

少しでも反応があれば、もう少しわかりやすい動画にし、YouTube に流しましょうか・・・






関連記事

| 鉄道撮影 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT