FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Nikonミュージアム 5

Nikonミュージアム売店で発売していました、
写真集「Fの時代」+原画2点 は、残念ながら完売となりました。
1月中旬というから、2週間ほどで限定10組が皆様の手元に移動したことになります。

聞くところによりますと、電話予約はダメだそうで、
やはり会場にきた方を優先するそうです。

「Fの時代」に代わる書籍はありませんかの問い合わせが売店はおろか、こちらにも舞ってきました。

ないのです。

しかしよく考えたら、そうだ!
と、思い当たるものがありました。
ま夜中に思いついたのです。

関係あるかどうかわかりませんが、
明日は、皆既日食という夜のことでした。

翌朝さっそく連絡を入れました。
18年ぶりです!
ラッキーなことに、わずかですが、残っていました!!
15冊。

2000年に開いた展覧会記念の冊子です。
当時売り出した価格は「Fの時代」とあまり変わりませんでした。
貨幣価値を考えたら、こちらのほうが高い・・・

タイトルは「20世紀の蒸気機関車」。
会場だけの扱いのため、一般書店では求められません。
したがって、実物を御覧になった方は大変に少ないと思います。

刷り部数も極端に少なかったので、すごい貴重品。
もちろん、今回の写真展に掲出した作品も含まれています。

私は10冊持っていましたが、いつの間にか7冊になっていました。
18年前ですから、どなたに差し上げたか覚えていません。
その7冊から、今回5冊をプラスし、合計20冊を会場に足を運び、写真展を見て感動してくださった方にお分けします。

「Fの時代」から抜粋した原画2枚付きです。
というか、原画に書籍がついているというほうが正解です。

今回の原画は最初の10組と後の10組では、絵柄、ペーパーの種類も異なります。
もちろん売り切れとなった「Fの時代」とも異なります。
すべて作者の手作業による、オリジナルプリントで、押印がしてあります。

「20世紀の蒸気機関車」は、当時のモノクロ印刷として最高レベルの仕上がりのため、
手で直接触れると傷や油がつくという代物です。
(今これだけのモノクロ印刷できるかなぁ・・・)
なるべく手袋をはめて扱うことを奨めます。

一つお願いがあります。
転売すれば直ちに2倍3倍の価格がつくそうですが、
投資目的の方は、どうぞご遠慮ください。
あくまでも、鉄道写真が好きだ、広田の作品が気に入っている、
という方々に大事に所有していただきたいと思っています。







 
関連記事

| 写真展 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT