FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Nikonミュージアム 4

1月5日から始まっている写真展 「Fの時代」 は、
おかげさまで大好評の中で進行中です。

先週の土曜日は、会場始まって以来の盛況だったと
スタッフの女性も、エキサイトしながら語ってくれました。

彼女たちは白い制服が似合う、エレガントないでたちです。
声をかけると、会場全体を説明しながら案内してくれるそうです。

会の始まる前、昨年暮れの12月28日に飾りつけをしました。
私は一日だけでしたが、ご担当は、結局31日まで仕事をしていたそうです。
大変でしたね。

実は私もこの春、ネコ・パブリッシングから発売される 「お立ち台通信+動画」 の編集で大わらわ、
暮れも正月も 返上で頑張りました。
紙の編集だけではなしに、動画もおよそ100本編集したので、死ぬる思いでした。
おかげさまで、皆さんに愛される本が仕上がりました。

この件、1月売りの月刊「ビデオSALON」(玄光社)でも紹介されているので、
ご存知の方もいらっしゃることと思いますが、
これまでの様式を踏まえたうえで、広田らしいものへと魅力を増しています。
どちらかというと初心者向け。でもベテランも充分勉強になれます。
列車を撮る人、必見です。

立ち読みも否定しませんが、それだけで真髄を理解出来たら、
その人は天才です。

それはさておき、気軽に眺め、読み、理解して広田ボーイズの一人になってください。
特典付きです。

どんな特典か、ですか?
それは読んだ人が必ず、いい写真をゲットできるようになるという、大きな大きな特典です。
レベルアップは一生ものです。

それで、暮れの28日の飾りつけでしたね。
その作業の一端をアップします。

NikonP1004777.jpg
NikonP1004781.jpg
NikonP1004783.jpg
NikonP1004785.jpg
NikonP1004788.jpg

入り口正面には、大きな写真が飾られました。
奥中山の重連です。

館内には、小さい模型スペースもあります。
アイディアいっぱいのジオラマは必見です。

NikonP1004792.jpg
NikonP1004794.jpg
NikonP1004795.jpg

フィルムやベローズのトンネル、フィルターの池で釣りを楽しも人たち、
湯呑にはなんと、Nikonマークが入っています!
昔はどこかで手に入ったようです。

NikonP1004797.jpg
NikonP1004802.jpg
NikonP1004803.jpg
NikonP1004804.jpg

写真展会場は、ミュージアムの一角を利用したもので、期間中、名だたる名玉もお引越しです。

NikonP1004811.jpg

飾りつけを終えたスタッフの方々です。
皆さん、ありがとうございました!!






関連記事

| 写真展 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT