PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蟹がいました

四季島の撮影は、中央線初狩~笹子間で行いましたが、
ロケハン、本番の2回とも、昼食は醸造元「笹一」ショップの奥の方に併設された食堂で採りました。
2回ともきつねそば。

ショップではお酒をはじめ、地元の名物なども扱っています。
例の「戦国時代の酒」はここで求めました。

骨董品というか、昭和初期と思われる陶器もありました。
徳利や猪口なども・・・

そうした中で、おやこれは、と興味を抱いたのは写真の小皿です。
3個並んでいたので、本番撮影が終わってから、2個買いました。

気に入ったところは、まず絵です。
手書きの蟹が雑器らしく素敵なこと、魯山人を上回るようです。
(魯山人の蟹は、セット?で600万円だったかな、忘れましたが・・・)
もともと魯山人の作は、実用的に、一般家庭で扱うのは重すぎるきらいがありますし、
アートとしても、世で言われているほどの高さはどうでしょうか。

sasa_1000002.jpg
sasa_1000010.jpg
sasa_1000015.jpg


笹一で手にした蟹の皿は、焼きが甘く、“かんにゅう”が走っていました。
この軟らかさが、いい感じです。

家に戻り、ハイターにつけて洗ったら、なんと、ひびひびの“かんにゅう”が目だたなくなってしまいました!
間に溜まった汚れが落ちてしまったからなのです。

まぁいいか、せいぜい汚しましょうと、このところ、毎日使っています。

あっ、価格ですか。
1つ 30、000円 と云いたい所ですが、
300円でした。
2つで、600円。

興味ある方のために、1つ残してあります。






関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT