PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「はまなす」最後の走りを・・・

はまなすP1740013

「はまなす」最終ラン近い姿を撮りに行ってきました。
3月17日、朝4時、現場に立ちました。
北国の夜明けは東京に比べると早いのですが、さすがにまだ真っ暗。
懐中電灯の光が頼りでした。

5時15分、辺りが薄っすらと明るくなり始めました。
「はまなす」通過まで、まだ30分以上あります。

この場所は、蟹田~中小国間。
レールは東に向かっていますので、運よく晴れたら朝陽が「はまなす」のヘッドライトを射る位置です。
このようなところは、この時季ほかにありません。

でも残念なことに、朝陽は「はまなす」通過10分後でした。
折から、海面は厚い雲に覆われていたのです。

しかし、太陽光がないだけに、夜明け近い荘厳な雰囲気が辺りに漂い、
心に残るシーンを捉えることができました。

アップの写真は、動画ONの数秒前に切ったスチール写真です。
すでにこのとき、遠方の鉄橋を渡る列車の響きが聞こえていました。

4Kの画面は、ここから3分の2ほどのサイズとなり、周囲はカットされますから、
引き締まった感じになります。

避けたかったのは、山の天部に、架線の造作がかかったことです。
なんとか回避したかったのですが、現場の条件が合いませんでした。
これ以上前に出るとJR敷地内ですし、下がると樹木が邪魔になります。
難しい選択です。

今回の宿泊は、蟹田の旅館でした。
ロケハンしてからの宿決めです。

3時に起きたら、すでに洗面所で歯を磨いている人がいてびっくり!
さぞかし私の選んだ辺りには人がいっぱい・・・
と思ったら、ゼロ!
向うに見える踏切付近にも人影はありません。

このようなこともあるのですね。

そういえば宿の方が、
「明日からは写真を撮りに来る方で、いっぱいです・・・」と。
一日早く来て、ラッキーでした。

撮影した映像は、鉄道チャンネルのテレビに使われます。






関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT