PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エッチ形

飯田橋で、地下鉄有楽町線から大江戸線に乗り換えました。
乗換駅は自然にいつも使っている駅に集中するようです。
有楽町線の改札を出ると直線が結構長く続き、それからエスカレータで結構深く潜って行きます。
最初のエスカレータでは金属のコルゲート板が周囲に施されていました。





次はなにやら前衛的な天井の階段。それから障子の明り取りのような通路を抜けると大江戸線のホームです。





外回りの電車は行ったばかりのようです。ではいすに腰掛けて・・・と思ったら、意外や満席。
しかしそのいす、特別の形をしている様子です。
あまりじろじろ出来ませんので、電車が来て皆さんどいてから眺めてみました。





H型をしています。
へー珍しい。廃材流用アートかとも思いましたが、建築材料にしては肉が薄いようです。しかし最近はこうした材料もあるのかもしれません。
GRデジタルをローアングルで構えて撮影。このところ毎日のようにGRがお供です。





電車に乗ると、駅ごとにいすを眺めてみました。すぐに下車駅だったため、チェックした数は知れたものですが、それでも駅ごとに特徴を持たせている様子がわかりました。
地下鉄は外が見えないため、柱の色彩を変えるなど工夫がなされていますが、みんなが使ういすの特徴など、細かいところでも目的駅をわかりやすくする努力は褒められます。
いすの形を求めて大江戸線一周の旅も悪くありません。
昼食は築地市場になるようダイヤを組みましょうか。


関連記事

| 未分類 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT