PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

五能線

今回の五能線は、イベント車そのものが狙いだったので、
深浦、広戸など、海沿いの路線はパスしました。
冬のすさまじい季節になったら、どうしても行きたくなるとは思うのですが、
列車そのものをきれいに撮りたいので、穏やかな平地区間としました。

狙ったのは、五所川原~木造、陸奥森田~越水です。
前者は岩木川の橋梁。
後者は田園地帯ですが、小川のそばに、閉鎖した踏み切り跡があって、
安全柵の設置してあるところがあるのです。
最近は、ここが私の定番撮影地の一つになっているのです。

P1590123.jpg
踏切跡の安全柵から

P1590118.jpg
こちらは道路わきから

五能線のコピー
田んぼと道の間から

この撮影地、いいことに、すぐそばに道の駅があって、列車の来ない時間帯に食事も出来る、おあつらい向きのところです。
今回も、その道の駅で遅い昼食をいただきました。
ところが!
一部の味が変!
なにやら、タバコくさい口臭、ぬるっとしたものが、あるではありませんか。
気づくのが一瞬遅く、飲み込んでしまったのは後の祭り!
そのあと数日(大井川から帰ってきても)調子が戻りませんでした。
いまも咳は出るし、だるさが付きまとっています。
マースではないと思いますが、
もう金輪際、あの店には行きません。

出張撮影が多く、外での食事が欠かせませんが、腐敗はあたりまえ。
ミミズが入ったいたとか、ゴキブリなんかも驚きません。
ホチキスもありました(これは山都の蕎麦屋、念が入ってて次のときは紙片!)。

これまでは、お店の人たちも一生懸命働いているのだろうからと、穏便に、何も言わずに来ましたが、
今後は保健所など、しかるべき機関に連絡を入れたほうが、いいように思いはじめました。
お互いのため、社会のために。
関連記事

| 鉄道撮影 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT