PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黄色いワーゲン

黄色いワーゲン・ビートルに出会うと、その日は幸せ・・・
と、小学生にもてはやされたのは、何年前のことでしょう。
いまや黄色はおろか、ビートルそのものに出会うことすらなくなりました。

そのビートルが我が家では健在なのです。
エンジン1発! 空冷4気筒が回転すると、壮観な音を発します。

P1580792.jpg

ヤナセ本社から購入したのは1970年代前半。
いらい、3人の子供たちの幼稚園通いに妻が運転。
貸し農園への往復も、この車でした。

P1580795.jpg

私の取材では、金沢、富山に。それから「とき」181系を撮りに、岩原スキー場まで出かけたこともありました。

その愛車が、「ヤナセ」100周年の記念冊子(5月25日オープン)に登場するのです。
感激ですよ。
絵本表紙は、運転が妻。笑顔の子供たちが脇にいます。3男は後部座席で寝てしまったので、写真には2名。

P1580796.jpg

記事では関連の小物を一つずつと言われたので、妻はビートル柄のブラウス。
私は、同じドイツ製のライカにしました。
でもそのライカ、そん所そこらのものとは異なります。
「ライキナ・スペシャル」!!
Mマウントの8mmカメラなのです。

もちろん、ワーゲンビートル同様、完動品です。
11倍ズームとマクロレンズがセットになっていますが、もちろんズミクロンやエルマーも使えます。
フィルムは手元にプラスXと、エクタクロームが、およそ10本ほどあるので、いずれ、作品つくりをしたいと考えています。

マクロはアダプターを用いて、フォーサーズカメラに装着可能なので、今度の旅で使いたいと思います。
全面カバーしきれないけど、そこが良いんです。ちょっとフレアーっぽい写りと共に、いい感じ!!


関連記事

| 日々の出来事 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT