2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

鉄道風景:31 「はつかり」のC60

このところ、2つの出版社から所望された写真に、
特急「はつかり」の前補機、C60がありました。

当初私は撮影していないと思っていました。

ところが古いネガを探してみると、渋民でくだんのC60上野行を撮影していたのです。

ke0T2A4010.jpg

これがそのネガです。
さっそく、デジタル化しました。

ke●●C60補機「はつかり」キハ81試運転、1960年9月20日撮影、渋民駅左側で黒岩さんも撮影された。0T2A4011

といっても、時間がかかりました。
ものすごく・・・

なにしろネガの劣化がすさまじいのです。
4日はかかりました。
実際は1週間を超えましたが、1~2時間にも満たない短い作業日は計算外としてあります。

keC60_重連はつかり。調整中!!0T2A3977

上もこのときの取材で撮影したC60です。
空や煙室扉あたりを修復し始めました。
2か所からお頼まれしたので、片方をこちらの写真としたかったのですが、
いずれも、ディーゼル特急「はつかり」とのすれ違いがいいということで、
修正ストップ。

これらの写真はサブカメラの50mmモノクロで撮影しています。
メーンはエクタクロームを使用したマミヤC3でのカラー撮影でした。
国鉄が制作する海外向けパンフレット用です。

連日の雨模様でしたが、奥中山のカーブに試運転特急を止めて、姿写真を撮影した時と、
野内で海を背にして撮った時は、見事に晴れ上がりました。

野内の海が見える丘では、赤とんぼが無数に飛んでいるのが印象的でした。

このときの、ディーゼル特急「はつかり」を記した過去のブログがあります。
是非お読みください。

2006年11月26日記 [国鉄特急の写真]です。





| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

落語、今週火曜日です。

fukuPNAO1009.jpg

梅団治さんの落語、今週の火曜日です。
詳細は下の写真にありますが、
夕方、国立演芸場で行われます。

題目は「エスエル」!
お誘い合わせておいでください。

fukuPNAO1003.jpg
fukuPNAO1007.jpg

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

鉄道風景: 30京急撮影

京急を撮影に行ってきました。
GH5の動画撮影ですが、今回はマイクのテストを兼ねてのことです。

屋外の動画撮影は、風が大敵です。
そこで風よけの設備を試作しました。
設備といっても、カメラのアクセサリーシューにセット可能な質量ですから、
せいぜい500mlのペットボトル程度です。

バス、横浜地下鉄と乗り継いで、上大岡に出ました。
ここから屏風浦方面に行くと、線路の両側に道路が走り、上大岡で高架だったレールは順次掘割となり、トンネルに吸い込まれます。
周囲は落ち着いた住宅地です。

1時間ほどこのあたりで撮影しました。

kePNBB2045.jpg

写真の両サイドにガードレールが目につきます。右側道路の突き当りがバス停になっていて、この周辺がこの日、最初の撮影スポットでした。
12両編成の特急から、逗子~羽田の8連急行、4両の各停などなど、バラエティが豊富でした。

kePNBB2056.jpg

撮影後は、バスを利用することにしました。
日中は1時間に2本の循環バスです。
運よく5分後に乗車、若い運転手さんは物腰も柔らか。視線も優しく私が普段使用している近所のバスと、かなりの差を感じました。

kePNBB2088.jpg

2か所目のスポットは富岡から若干距離がありますが、トンネルの出口です。
脇に16号、鎌倉街道があり、交通量の多さが特徴です。
交通量が多いのは、どこでも同じか・・。
左が京急のトンネル。
ブルーと黄色の1000系が後方から上っていきましたが、狙いは下りです。

先ほどの住宅地の中のスポットは、洗練されていて大人の撮影地という感じでしたが、
こちらはかなり庶民的というか、生活が出ているところでした。

kePNBB2089.jpg

またまた京急バスに乗車して、次なるスポットに向かいましたが、
運転手さん、こんどは中年の方でしたが親切!
乗客は大半がお年寄りです。

kePNBB2110.jpg

杉田駅近くの跨線橋が撮影スポットでした。
移動時間はおよそ30分。
ここでは、先ほど上って行った、ブルーと黄色の下り狙いでした。
無事撮影後に、これまで狙っていた方向と逆側にカメラを向けてスチール撮影したのが、上の写真です。
もろ逆光線ですが、GH5のおかげできれいな写真となりました。
これで、彩度はマイナス2設定です。
ホワイトバランスは5500K、日陰設定ではありません。
現場の空気感が得られるからです。

動画は横浜方面に顔を向けて下り狙いでしたが、この写真は上り狙い。
いいスポットの逆側も、いいスポットである場合が多いようで、電車姿の全体が捉えられました。
今回の写真もすべて、撮影後の手を加えていません。
グレーディングなしです。

マイクはいつものように終始マニュアルで狙いましたが、周囲の車などに押され気味。
最近の電車の走行音は、静かなんですね。改めてそう感じました。
今度はより周囲の静かなところで狙ってみようと思います。
テストはまだまだ続きそう・・・。



| 鉄道撮影 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |