2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

235系・・・

山手線の235系は、一度こけてから慎重になったのか、
なかなか車庫から出ませんでした。
出てきて運用に入っても、すぐに引っ込んでしまう・・・
まるで、螻蛄かなんかが、「春かと思ったら、まだ寒っ・・」と首を引っ込めるのに似ていました。

出ても、幾回りもしませんから、情報をキャッチしてからでは遅すぎます。
ですからラッシュが終わった直後とか、夕方のラッシュに入る前などに狙いを定めるわけですが、
そうは行きませんでした。

夕方の運用は、15:13分大崎発あたりを有力視しました。
あるいは、15:18分発。いずれも外回り。
でも、日差しの中を走るのは一回りくらいですから、ピカピカ新車の明るい表情は得られません。
それでも、幾日も線路際に佇みました。
同じ場所だと住人に怪しまれて通報されかねませんので、毎回異なったところで待ちました。

札の辻・・・、目黒~恵比寿・・・、駒込・・・、池袋~大塚・・・。

当分1編成でまかなうので、JRの皆さんも大変ですね、
がんばってください!


| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

231系しか・・・

この日は231系しか来ませんでした。
田端~駒込間の歩道から、金網越しの撮影です。

Jpeg16駒込,1に入れる。P1730468

いい感じに並んでくれました。
後になって、動画にしておけばよかったと思った、スチール撮影です。

235は動かなかったり動かなかったり・・・存分に翻弄されました。

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

山手線の新車235系

Jpeg19日暮里1に入れる,スカイツリーが見える駅(ぜひ説明を)。P1690696

山手線に新車が入りました。しかしダウンが続いて、写真が撮れません。なかなか・・・・
でもようやく走り始めましたが、ダイヤがつかめません。
すぐ車庫に引っ込んじゃうからです。
でもなんとか・・・スカイツリーを絡めて・・・

Jpeg13池袋,1の差換え。P1690518_1

池袋では並びました。231と・・・

Jpeg見開き原画。運転士前を向いてない

これは4K動画撮影しました。本(B5)見開き用です。
いけた!と思って家に帰ってパソコンで大伸ばししたら・・・
なんと!運転士さんも脇の添乗員さんも、あらぬ方向を見ているではありませんか!
むむむ・・・・

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

風景写真 と 鉄道写真

今発売中の「フォトコンライフ」で私の写真とおしゃべりが特集されています。
(2016年春号 No65双葉社です)
おしゃべりは風景にも及んでいますが、鉄道のある風景から脱却していないかもしれません。
やっぱ、鉄道です(笑)!

DSC02785.jpg
表紙です。

DSC02786.jpg
左は今回お相手してくれた、伊藤宏美さんです。美人でしかも可愛い! だから話が弾みました!

DSC02787.jpg
トップページに掲載されたスイスの登山電車です。ここでは自然の雄大さをテーマにしています。

DSC02788.jpg
宗谷本線にC55が健在だった頃の写真です。もちろんフィルム撮影! 初々しく清楚な彼女たちは、いまや50代後半とは・・・
でも、そんな大昔の写真に見えないでしょう。昨日撮ったといっても通用しそうです。

DSC02789.jpg
最近は鉄道カメラマンがたくさんたくさん生まれていますが、この能勢電鉄で作品つくりをしている人は皆無でしょう。
それほどの人気のなさですが、そこで、森というより深海を連想しそうな、幻想的写真を撮りました。
写真は場所ではなく、作者の思いが大事ということです。

DSC02790.jpg
記事ページです。

DSC02791.jpg
その左上の写真です。鉄製の枕木、珍しいですね。明治時代、日本でも使用されていましたが、スイスでは現役です。
その珍しさもありますが、ここでは動物の足跡に注目しました。標高3000メートル近く、最終列車はまだ日が高い16時頃だったと思います。全員下山の後は真の闇となり、野生動物たちの世界となります。どんな動物たちの足跡なのでしょう・・・。

DSC02792.jpg
春の写真というと、みなさん桜を意識して撮りますが、ここでは電車に乗ってきた新一年生で春を表しました。まだお互い声をかけるでもなく、恥ずかしさ、よそよそしさが先立ちます。そんないじらしさを瞬間的に撮りました。

DSC02793.jpg
これも瞬間的に撮った写真です。東京駅ホームでのスナップですが、人の往来が激しいところなので、
ほとんど歩きながらの撮影でした。車輌や駅舎が写っていますが部分です。
作例のように私の鉄道写真は、風景的であったり、車輌がまったく写っていないものもあるのです。
もちろんこれらも、私の中では純然たる鉄道写真です。
最近はこうした傾向の写真を撮る方々も出てきています。

DSC02794.jpg
ページを追っていたらこのような記事が出ていました。
最近注目されているフォトブックについてです。
手軽に、誰でも作れるようになってきたんですね。
その手ほどきが、分かりやすく掲載されていました。
参考になりますよ。




| 出版関係 | TOP↑

≫ EDIT

北海道新幹線開業!!

開業しました!
おめでとう!!

でも北海道新幹線の北海道車、H5は雪に弱いそうで、
22日から練習をかねて、営業列車で上がってくるという、確かな情報にもよらず、
姿を見せたのは、今日が最初のようでした。

小さな扱いですが、東京駅のH5、締め切りがすぎているため、何とか撮りたいと向かったはいいのですが・・・

ホームはすっごい混雑、
大、だい混雑です。

JpegH5-1.jpg
JpegH5-2.jpg
JpegH5-3.jpg
JpegH5-7.jpg


今日は土曜日、週明け入稿なので撮影は明日でも良かったのですが、
H5が来るとは限りません。大変危ないのです。
なにしろ一時は、E5の色を塗り替えて・・・などという話も、まことしやかに伝わってきたほどです。
やはり撮影は今日しかないのです。

ホームは、大きなビデオカメラを持ったテレビ関係者が多かったし、
春休みのため、こどもの姿も多く、ほほえましい感じでした。
まじめなファンもいましたが、へなちょこファンも多かったみたい・・・

中には、頭も、それから急に引っ張り出してきた黒っぽいコートも、フケだらけという男もいました。
いまどき珍しい存在です。
これがみんなの中に割り込んでいくのかなと思っていたら、さすがに己を心得ているのか、
ぐりぐりと入っていきませんでした。なんかぶつぶつ言ってるようですが意味不明・・・。

まぁ初日というのは人間模様が面白かったです。

JpegH5-8.jpg
JpegH5-9.jpg
Jpegh5-10.jpg
JpegH5-11.jpg

北海道からのお客さんは、旗を持っていました。
初戦敗れたけど、大谷君の写真です。

JpegH12.jpg

日ハムも、JR北海道も、がんばれ!!!

(4K動画からの切り出しです~)

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

今日は25日

明日、26日はダイヤ改正日ですね!
北海道新幹線、H5は、11時05分に上がってくる予定です。
返しは10号、11時20分発です。

これは、先日新青森でも聞いたダイヤでしたので、間違えないと思います。
そのとき下りも教えてくれたのですが、仙台発、90番台のダイヤでした。

ともあれ、雪に弱い北海道の車輌(なんと!)ですから、ドカ雪が来ないことを祈ります。

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

「サライ」の「旅」

今発売中の「サライ」4月号は「旅サライ」が付属編成になっています。
その表紙と、鉄道旅のトップページは、次男、泉の撮影した、なの花と鉄道です。
いつの間に、こんな大人の写真を撮ってたんだろう・・・。

案内人は私ですが、本来は泉と二人という設定でした。
しかし彼の都合がつかず、単独です。

DSC02797.jpg
DSC02798.jpg
DSC02799.jpg
DSC02801.jpg
DSC02800.jpg
DSC02802.jpg

車内ではイタリアンをいただきましたが、いい味!!
知人友人に吹聴したく、車内販売のサンドイッチを全部購入したくらいです。

最も残っていたのは2こでしたが・・・

後で気づいたらイタリアンには、別にお土産がセットになっていて、これは別送してきました。
驚きのサービスです!

養老渓谷駅には、足湯が設営されていて、鉄道利用者には無料で提供されています。
写真のように、浸かりました。
足湯だから足だけですが・・・

そこで自己流の一句、

「ゆらゆらり 遅々たる春に 足湯かな」

お粗末さまでした・・・

| 出版関係 | TOP↑

≫ EDIT

富士通PC撮影のスタジオは

20日にアップした、CAPAの撮影は、
多摩川沿いのハウススタジオで行われました。
広い空間は壁で区切られていましたが、
その壁面はそれぞれ表情が異なるのです。

ですから表現や使用目的でチョイスできるところが面白いと思いました。
また、スタジオ用に設計されているため、天井の梁など、
一般住宅と異なっている点などに興味がありました。

合い間にスナップした写真です。

P1720739.jpg
P1720740.jpg
P1720741.jpg
P1720743.jpg

P1720744.jpg
P1720745.jpg
P1720747.jpg
P1720746.jpg
P1720748.jpg

P1720750.jpg
P1720749.jpg
P1720752.jpg
P1720751.jpg
P1720753.jpg

卓上には最新号のCAPA
壁面にはPARISの古い地図などが立てかけてありました。

| 写真撮影 | TOP↑

≫ EDIT

二刀流 中仙道で 秋を舞い

昨秋、何気なく撮影した動画が、アサヒカメラのムックに掲載されることになりました。
アップの写真はそのゲラ刷りです。

gera1,DSC02775
ger2,DSC02776

タイトルを俳句調にしました。
二刀流とは、この使用カメラ、動画と静止画(写真)がいけることと、
動画も二通り撮れるからです。

ここでは二通りの動画が撮れることに話を絞って記事を書いています。

中央線の写真は5点出しましたが、すべて4K動画から選抜したものです。
これが本当に?!
と思うかもしれませんが、正真正銘、動画からのスチールです。

ムックの出版は4月になりますが、クオリティをぜひ見てください。
唸ると思います。




| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

「はまなす」最後の走りを・・・

はまなすP1740013

「はまなす」最終ラン近い姿を撮りに行ってきました。
3月17日、朝4時、現場に立ちました。
北国の夜明けは東京に比べると早いのですが、さすがにまだ真っ暗。
懐中電灯の光が頼りでした。

5時15分、辺りが薄っすらと明るくなり始めました。
「はまなす」通過まで、まだ30分以上あります。

この場所は、蟹田~中小国間。
レールは東に向かっていますので、運よく晴れたら朝陽が「はまなす」のヘッドライトを射る位置です。
このようなところは、この時季ほかにありません。

でも残念なことに、朝陽は「はまなす」通過10分後でした。
折から、海面は厚い雲に覆われていたのです。

しかし、太陽光がないだけに、夜明け近い荘厳な雰囲気が辺りに漂い、
心に残るシーンを捉えることができました。

アップの写真は、動画ONの数秒前に切ったスチール写真です。
すでにこのとき、遠方の鉄橋を渡る列車の響きが聞こえていました。

4Kの画面は、ここから3分の2ほどのサイズとなり、周囲はカットされますから、
引き締まった感じになります。

避けたかったのは、山の天部に、架線の造作がかかったことです。
なんとか回避したかったのですが、現場の条件が合いませんでした。
これ以上前に出るとJR敷地内ですし、下がると樹木が邪魔になります。
難しい選択です。

今回の宿泊は、蟹田の旅館でした。
ロケハンしてからの宿決めです。

3時に起きたら、すでに洗面所で歯を磨いている人がいてびっくり!
さぞかし私の選んだ辺りには人がいっぱい・・・
と思ったら、ゼロ!
向うに見える踏切付近にも人影はありません。

このようなこともあるのですね。

そういえば宿の方が、
「明日からは写真を撮りに来る方で、いっぱいです・・・」と。
一日早く来て、ラッキーでした。

撮影した映像は、鉄道チャンネルのテレビに使われます。






| 日々の出来事 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT