2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

RM401「由利」の写真

RMに連載を始めた「広田尚敬の視線」の写真は、どう感じたらいいのかという問い合わせがありました。
人それぞれに感じていただければいいのですが、よく分からないというのです。

いえいえ、分かっているものの、意図を確かめたり、バックグラウンドを知りたいということのようでした。
そのような人はほかにもいると思うので、
代表的な写真について述べたり、撮影の参考になるように記しましょう。

まずはトップ、3ページの2000形、これは2ヶ所で狙いました。
いずれもアウトカーブのローアングルから撮っています。

雑誌の性格からすると右開きなので右へ進むほうが妥当なところですが、
左頭としました。
理由は、これから由利高原鉄道が、無限にまい進してほしいという願いを籠めたかったからです。
右頭は受身です。
左頭は能動的です。

じつは由利高原鉄道は第三セクター化したものの、経営に明るさがあるとは言えません。
春や夏はこれからです。
努力次第です。
皆さんの応援次第です。
いまは残念ながら暗い冬のさ中です。
しかし暗さだけではなりません。
そのため希望を見出せる左アタマです。

最初の写真は吉沢駅の出発です。

IMG_0995.jpg


ここでは曇り空バックになり、コントラスト不足で、力強く伸びてほしいという願いは遠のいているようです。
もしも晴れて、青空ならいい感じのところだったかもしれません。
しかしあいにくの天候です。

IMG_1019●●rr

2回目は川辺~矢島間のトンネル近くです。
ここではバックを暗めの森にしました。
こうすることで、2000形のヘッドライトが印象的になりました。
画面全体を暗目に落としても違和感はありません。

撮影したのは、昼間の11時23分。
だから肉眼ではこのような暗さはありませんでした。
一日のうちで最も明るい時間帯です。
しかし心理的暗さを表すために、露出アンダーにしました。
このアンダー気味の露出は、このときの私にとって、適正露出だったのです。

印刷物と原画を見比べてみてください。
トリミングが異なりますね。
原画では空、森、雪の相対的な分量に絶妙なバランスのあることがお分かりいただけると思います。
印刷では、写真の天地が切れたことでバランスは崩れ、緊張感が失われました。
商業誌では、良くある出来事です。

ともあれ、暗さの中の、明るさを見ていただければと思います。
片目はストッピングパワーです。

EOS7D+TAMRON18-270mm 実行焦点距離155mm


4ページ下は、改札口で作業を手伝う、社長の春田さんです。
下校の小学生たちが、改札の始まるのを待っていました。
車内は暖かく、明るいので、宿題も出来ます。

RX1


4-5ページの写真は早朝の撮影です。
このとき、普通(一般的、またはノーマル)な考え方なら、下の縦位置写真のように、東の空を狙うでしょう。
きれいだしインパクトがあるからです。

IMG_0680曲沢rr

しかし写真はNormalが良いとは限りません。NotNormalも頭の中に入れておくべきです。
ここでは迷わずNotNormalを選択して、掲載した横位置の写真を捉えました。
神秘的な、荘厳な光景を、弱コントラストの中に見出していたからです。

IMG_0654●●曲沢rr

仰ぎ見た空の深さと、地平線の透明感のある空の青さに、このとき私は宇宙を感じていました。

EOS7D TAMRON18-270mm 実行焦点距離20mm


次の見開き6-7ページには4枚の写真が入っています。
左下は前郷駅で撮影したタブレットの部分です。
朝の光の中で、このつぎはぎだらけのタブレットに、神々しいほどの美しさを感じていました。
原画はレイアウトの都合を考えて、縦横いずれも撮っています。
ピントは、ほつれた糸に求めました。

IMG_0738●●rr
IMG_0733●rr

EOS7D TAMRON18-270mm 実行焦点距離92mm(掲載写真)


もう一枚タブレットの写真を披露しましょう。
こちらは使用しなかったものです。
使用したのは構成的作品ですが、こちらは人間的なところが狙いです。
まるで慈しむように手先が見えた一瞬を捉えました。

IMG_0746●rr


こんどは8ページ上の白っぽい写真です。
かなりのハイキーですね。

DSC04166rr.jpg
DSC04167rr.jpg

この写真も一瞬です。
カメラはプログラムに設定してありましたが、瞬間的にカメラを向けながら撮ったため、露出が追いついていなかったのです。まるで偶然生まれた作品ですが、美しいと感じて使ってもらいました。
印刷では、フォトショップで色彩を若干上げたものを使用していますが、むしろ、こちらの生のままのほうがきれいです。

RX1


最後は名取さんが、お若いときに撮影した、羽後本荘の機関区の作品です。
矢島線(後の由利高原鉄道)などに活躍した、C11が写っています。生き生きと描写されています。
車内で見せていたき、同じ場所の今の姿を、ホームから私のカメラで撮影しました。

写真は熱意です。人と同じようなことをしていては、感動を与える作品は生まれませんし、後世に残る写真は撮れません。

DSC04157rr.jpg
DSC04160rr.jpg











| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

RM401(366)「由利高原鉄道 春まちゆり」

●RM401(366)
「由利高原鉄道 春まちゆり」

レールマガジンとのコラボレーション映像第一弾。
主演  全形式。3000形、2000形、1500形、

動画: 7分33秒
撮影: 2013年12月19/20日
制作: 2013年12月27日


●RM401(366)動画エッセイ
「由利高原鉄道 春まちゆり」

年末押し詰まっての撮影旅行でした。「あけぼの」で羽後本荘入りしましたが、さぞかしと思った寝台特急の混雑は予想に反し、我々の乗車した号車に限っていえば、空き空きでした。この車両の寝台利用は羽後本荘まで、夜が明けてからは立ち席特急になります。終焉間近の「あけぼの」に、どうしても乗車したいなら、この車両を利用するのが賢い方法かもしれません。羽後本荘のホームはなかなか風情があるし、途中駅で、乗ってきた列車を見送るのもいいものです。一息ついたあとの楽しみは、もちろん由利高原鉄道がお勧めです。「あけぼの」がなくなれば、アクセスが厳しくなりますから。

DSC04086rr.jpg
羽後本荘駅を発車した「あけぼの」

IMG_0836rr.jpg
3002が走る

DSC04251rr.jpg
木村伊兵衛さん撮影の秋田美人。私が学生のころ、この写真が「アサヒカメラ」の表紙を飾った。

動画のファーストシーンは、鳥海山の夜明けから始まります。画面は徐々に明るくなりますが、スチールの一枚写真をフェードイン設定することで、効果を出しました。
動画の中にスチール写真を混ぜる、いわゆる混合列車スタイルは、これまで何本か制作してきました。たとえば、9003「常磐線スーパーひたち 夕立まえ」や、015「小湊鉄道馬立駅 永久に」などが上げられます。しかしここでは、冒頭のワンショットだけスチールを使用しながら、あたかもスチールではない、動画のような演出を試みました。
9003も015も、たまたまあげた作例ですが、今、面白いことに気づきました。スチールの扱いに、それぞれの特徴が表れているのです。しかも顕著に。
9003「常磐線・・・」では、スチールの特徴を存分に生かしています。迫力ある動画の間にごく短時間、スポット挿入することで、スチールの本来持っている静止した力強さが、作品全体の印象、657系の印象を、より強いものに変化させています。
理解を深めるには比較のため、スチール部分を伏して眺めるといいかもしれません。わずか3カット、それも時間にすれば3枚の合計が0,3秒にも満たない小さな存在ですが、作品の全体像に及ぼしている影響の強さを実感できるはずです。
姉妹編003「常磐線スーパーひたち657系 高浜のカーブへ」でも、8点のスチールを6秒強、使っています。ソフトに用いているため、9003ほど顕著ではありませんが、意図は汲み取れると思います。
9003「常磐線・・・」は、『鉄道動画.com』出発時点に無料配布してましたので、お持ちの方は多いと思います。また、可能なら再掲出をお願いしてみましょう。
015「小湊鉄道馬立駅 永久に」では、スチールと動画がお互いに同化するように使いました。全体の長さが9分22秒のうち、25点のスチールを、それぞれ3~6秒ほどで構成しています。
ただ25枚目のショットは、作品の最後を締めくくる印象的なポーズのため、若干長めに使用して、スチールの特徴を現しています。外の撮影から戻ったときに、すかざず片手撮りしたもので、動画では捉えられなかったし表現できないショットでした。
RM401(366)のファーストショットは1点だけ使用したスチールですが、動画のような表情にしました。いわばスチールの動画化です。作品では山を撮影した単数の画像を9秒間に引き伸ばし、フェードインの効果を取り入れました。最初は暗闇ですが、9秒の間に、徐々に明るくして夜明けを演出しています。スチールに動画の役割を与えたことになりました。
スチールも、使い方によっていろいろな表情をしてくれることが分かると思います。

作品に戻りましょう。
鳥海山のシーンからパンニングすると、2両編成のディーゼルカーが進んできます。夜明けのシーンですが、空に、先ほどまでは凍るような表情の月が夜空に張り付いていました。明るくなるにつれて、滲むように、かすかな温かみを感じるようね変化していました。
振り返っての踏切シーンは、車の多さを取り上げました。わずかな時間バーに閉ざされただけなのにこの数、わき道なのにこの数。地方の鉄道がいかに苦しいかはこの数をみれば分かります。
520mトンネル通過シーンはノーカットです。ここは半分くらいに縮めると締まるのですが、あえて手を加えませんでした。何秒で通過しているか割り出せます。
タブレット、スタフの交換は、前郷駅で撮りました。最初のシーンは3000形同士でカメラはパンニング。次の交換は1500形と2000形で、カメラはフィックス。シューターはもう1台のカメラを持って、場を離れました。
IMG_0702rr.jpg
前郷駅で出迎えてくれたキャラ

IMG_1076rr.jpg
1500と2000.1500の前面窓上の小窓は、上り側は閉ざされている。
動画には閉ざされた側が写っている。

IMG_0720rr.jpg
硬券は生きている!

今回はカメラを2台持って旅に出ました。RM本誌にその姿写真が出ていますが、EOS7Dと、SONY RX1です。特に考えてはいませんでしたが、動画はRX1の出番が多かったようです。

そうした中で、吉沢の俯瞰は、スチールRX1,動画7Dとなりました。RM本誌にはこのときRX1で捉えた写真がラストを飾っています。動画は乗降客は日に何人もいないという駅に3002が停車中、ズームレンズで画面サイズを切り替えました。こうすると印象的にもなりますが、編集で時間短縮をしやすいのです。動画も吉沢のショットがラストシーンになりました。

おまけは、名取編集局長が若きときに羽後本荘で撮影したC11の写真です。10代でここを訪れたということは、かなり熱心なファンだったことが想像できます。
私が矢島線を訪れたのは、残念ながらSL廃止後の30代(たぶん)でした。このとき撮影した写真では、下校の小学生が雨上がりの踏切を渡るシーンです。雨が上がっていたのに、赤い傘を拡げている姿がとても愛らしかったのを覚えています。このときのカメラはキヤノンF-1、レンズはシフト35mmを用いました。
今回、その小学校脇を通りましたが、統合したのか、建物はありませんでした。

さて、次回はどこを訪れましょう。



列車番号RM401 「由利高原鉄道 春まち ゆり」 (HD)
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=248915
列車番号RM401 「由利高原鉄道 春まち ゆり」 (SD)
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=248916




| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

031、「あけぼの、583、日本海、津軽平野 秋・冬」

●031
「あけぼの、583系、日本海、津軽平野 秋・冬」

すべて列車の走行シーン。秋、冬、2つの季節に撮影。
主演「あけぼの」 助演「日本海」、583系ほか 

動画  3分57秒
撮影: 2011年 9月 8日
    2013年 3月 3日
制作: 2013年11月17日


●031 動画エッセイ
「あけぼの、583系、日本海、 津軽平野 秋・冬」

この冬が最後となりそうな予感がします、冬景色は。いえいえ予感ではありません。すでに決定です。車両の老朽化やメンテナンスを考えると、過酷な気象条件の最後の真冬を、乗り切ることが出来るでしょうか。

あるとき、青森発日本海側経由、上りの個室寝台に乗車していました。終着駅上野が近づいてきたので、とりあえずデッキに出て東の空を見ようとドアノブに手をかけました。ところが、開かないのです。スライドドアだから横に引けばいいだけなのに、動きません。何回もトライしましたがだめです。車掌さんに直接連絡するすべもありませんでした。
病院などでは入院患者のベッドサイドに、ナースコールがあるそうです。押せば看護士さんが、「どうしましたか」と駆けつけるそうですが、そのようなものはブルートレインにはありません。仮にあったとしても、命がどうこうというわけではないので、押すことはためらったことでしょう。上野に到着したら、係員が乗客の下車を確認に来るはずで、そのときを待てばいいだけです。もしも来なければ、しめたもの、めったに入れない車庫まで行けるかも知れません。
そう考えたら気持ちは楽になりました。デッキに向かう乗客たちの足音が、やがて、開かない扉の向こう側から聞こえてきました。
夜は静かで、乗客は私一人と思ってましたが、結構な数の足音が聞こえます。どんな人たちだろうと、開かないはずの扉に手を当てました。ところがどうしたことでしょう、開いたのです。え、なんで?これでは車庫に行けないではありませんか。
どうやら構内進入のポイントのゆれで、故障が直ってしまったようでした。

「あけぼの」は、1970年に誕生しています。SL全廃の5年前のことでした。私たちファンは、この列車について、3つのエピソードを思い出すでしょう。
一つは2本あった「あけぼの」の1本が「鳥海」になり、本来の「あけぼの」が廃止になったものの、「鳥海」が再び「あけぼの」の名に復活したことです。
二つ目は、本来、奥羽本線経由だった「あけぼの」が、山形新幹線関係で陸羽東線経由となり、ここでDE10の重連に牽引されたこともエキサイティングなエピソードです。深夜のため、撮影は厳しかったことも話題になった列車でした。
三つ目は、使用客車です。「あけぼの」は、最後まで20系を使用していたブルートレインとして親しまれてきました。
20系の誕生は、ビジネス特急「こだま」20系(後の151系)とほぼ同時期、1958年10月(「こだま」は11月)です。それまでの客車は1台単位で、列車の性格によって集め、組み立て、構成されていました。それが20系から単位は1本の列車になったのです。ほかの客車を連結することはなく、列車は20系だけで構成されました。色彩は深みのあるブルー、これも人気の要因でした。ブルートレインはその後、ご存知のように14系、24系、24系25形と進化してゆきますが、最も優雅な形態をした20系に憧れを持ち続けたファンは沢山いました。
「あけぼの」は1980年、24系にバトンタッチするまで、20系を最後の最後まで使いぬいた列車だったのです。

津軽平野は豊かな広がりを見せています。その中央にそびえるのが岩木山。地元の人たちは津軽富士と、親しみをこめて呼んでいます。平野に独立している山だけに、奥羽本線、五能線、弘南鉄道、どこからも見ることができます。
031では、「あけぼの」「日本海」が、山裾をゆったりと走る姿を眺めることができるでしょう。この区間は「つがる」E751系も走っています。019「奥羽本線鶴ヶ坂驟雨」では峠の先で彼らを捉えていますので、そちらも見てください。気分爽快になりますよ。

2013年12月21日



doga_logohttp://tetsudodoga.com


| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

新年

新年おめでとうございます。

レールファンの動画サイト「鉄道動画.com」を昨年末に発進しました。
これから充実してゆく所存です。
ご期待ください!

よき年であるように祈ります。

doga_logo
http://tetsudodoga.com

| 日々の出来事 | TOP↑

| PAGE-SELECT |