2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

006,「京王井の頭公園駅 秋から冬へ」

●006 データ
「京王 井の頭公園駅 秋から冬へ」

身近な鉄道の身近な電車を、秋と冬に撮影。
主演: 10ショットの1000系

動画  5分00秒
撮影: 2012年 1月13日
    2013年11月29日
制作: 2013年11月29日



●006 動画エッセイ
「京王 井の頭公園駅 秋から冬へ」

寒さの厳しくなる冬になると、SL撮影には絶好ですが、どちらかと言うと都会の電車には、さわやかな季節のほうが適しているようです。冬は日が短かくなるし、ビル影は長くなるしでいいことはありません。それにホームの人はいかにも寒そうで色彩も地味で黒が多いのも、明るい色の好きな私には気になります。でも首都圏の1月はまだ秋の終わりの雰囲気で、狙いようでは暖かさを出せる、ぎりぎりの季節です。

そういえば箱根の紅葉、大平台付近のフィルム時代は12月に入ってからが見ごろでした。最近は地球が変わってきたのか、012「箱根登山鉄道 錦」は11月24日に様子見して、27日に撮影しています。撮影は2010年のことなので、今年の秋はもう少し早いかもしれません。

井の頭線の冬バージョンは1月13日です。穏やかな日和で、陽だまりに佇んでいると天道虫が肩に止まって、おいおい君たち冬なのに大丈夫かと、声をかけたくなるほどでした。
カメラはCanonIvisG10です。毎年2月に開かれるカメラショー、CP+でのトークに使うショットと、それに絡んで「鉄道ファン」に連載する作例を撮るためのショートトリップでした。
G10は固定の10倍ズームレンズを装着、電動ズームが使えるのが特徴です。スピード調整が多彩だし、動きがスムーズなので、この006でも最後のショットにズームを用いています。でも、キヤノンから預かったばかりだったので、恐る恐るの感じでした。

この作品は冬だけでまとまっていたのですが、トップの映像に大工さんの作業音が大きく入っていました。
「これって気になりません? 視聴者の方が奇異に感じそうです。代わりのショットはありませんか」
アシスタントを買って出てくれている山本君の意見です。
撮った本人は、魅力ある現場音と捉えていたのですが、言われて客観的に聴いてみると、ヘッドホンから流れてくる音はたしかに目立っています。すぐ近くの踏切音より大きいのです。

「よし、では撮りなおしましょう」
風のない穏やかな日に出かけました。冬バージョンの撮影から2年近くたっているので、家の改築もとっくに終わっているだろうと、くだんの踏み切りに差し掛かりました。ところがところが、音がするではありませんか、建築の。
しかも前より重い連続音です。カメラをセットしたものの撮るどころではありません。地響きでカメラも小刻みに揺れるのです。
様子見に行きました。最初は踏み切りに隣接している家とばかり思っていたのに、数棟離れたところでした。まだ売れてない建売があって、その隣でボーリングらしきことをしているのです。大掛かりなので温泉でも掘っているのかと近所の方に尋ねると、家を建てるための地質調査ではないかということでした。しかしこうした連続音が2年近くでは、近所の方々の生活が思いやられます。

一旦駅前に引き上げました。見回して2階のコーヒーショップで小休止です。撮影時間は、大工さんたちの昼休みと狙いをつけたら、見事的中! がんがんとした音と一緒に唸っていた発電機もぴたりと止んでいました。今だ!
急いでカメラをくみ上げスタンバイに入りました。今回は例のヘッドホンを持参しています。編集だけではなく、撮影にも使おうというわけです。耳にあてると、やばい、踏み切りの向うにいる、おばちゃんたちの立ち話が聞こえてくるではありませんか。耳を凝らすと話の内容も分かるようで、これはまずい。でも昼なんだからすぐにも食事で戻るだろうと高をくくっていましたが、一向に終わらないのです。やきもきしていると風も出てきました。午前中はとても穏やかだったのに、12時を過ぎて急な変化です。都会の撮影はママなりません。

運よく、バイオレットカラーの各駅停車が井の頭公園駅を発車したときは、断続的な風の狭間に入り、マイクにかぶせたジャーマーの細毛も落ち着いています。さらにもう一つ、運がいいことにプロペラ機の長閑な音が聞こえてきました。これがいいのです。秋から冬にかけての澄み切った高い空を表現する絶好の隠し味ならぬ、隠し音です。スチール撮影ではまったく関係ない音が、動画ではプラスになったりマイナスになったりで、趣味的には楽しめるところでしょう。この辺りは調布飛行場の航路になっているようで、機影は見えませんが音は苦にならない程度に・・・、単発でなく双発かな。気持ち音量過多だけど、電車の接近音に程よくカブリ、心の中で思わずガッツポーズです。

1000系1729の編成は、2013年の春ころレインボーカラーになって走行しているシーンに出会いました。この編成、初期のころはたしか、正面のFRP部分はブルーグリーンだったように思いますが、レインボーカラーになってからは1000系初のホワイトです。車内照明のLED化を期して外観も特徴つけたのでしょう。
撮影していて不思議だったのは、サイド窓下、編成5両に渡るレインボーカラーのグラディーションをどうやって付けたかということでした。グラディーションフィルムはたぶんないので、電車に合わせ、現場で造ったものでしょう。モノトーンならフィルムを貼るだけで表現できます。でもこの編成はオーバーラップという至難の表現なのです。
自分で貼ることを考えてみました。まず不透明の白いフィルムを貼る。その上に透明のカラーフィルムを、部分的に重ね合わせるようにしながら次々と貼っていく・・・。でも難しいでしょうね、まっすぐに張るのもさることながら、部分的には3枚になるから厚みが出て・・・。あるいは最近のインクジェットプリンターなら、調整さえ整えば至極簡単に1枚のフィルムに虹色を表現できるのでしょうか。正解を知りたいものです。

駅名になっている井の頭公園は、最近まで駅の東側と思っていました。西側は何だか家が立ち並び、東側に樹木が多く見られたからです。改札を出てもそんな雰囲気ですが、西側が正解だそうです。この006では、踏切から駅を撮影したシーンが何回か出てきますが、ホームの左側が西、公園はそちら西側に広がっているそうです。

今回は冬の撮影も秋の撮影も、すべて電車主体でした。ほかの被写体にカメラを向けたのは、唯一、踏み切りのワンちゃんだけです。レールを跨ぐしぐさに愛らしさが感じられる老犬ですが、このショットが遅秋と初冬をつなぐ、大切な役割、ブリッジとなりました。

お気づきかもしれませんが、初冬のオレンジ色の1000系は全部で4編成いるものの、3ショトとも1713の編成を撮影しています。また、駅通過の後方から狙ったブルーグリーンの急行は、レインボーカラーになる前の、1729の編成でした。

季節を変えて、またここに立ってみたいと思っています。

doga_logo
http://tetsudodoga.com



| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

029,「磐越西線C57 雪のクリスマストレイン」

●029  データ
「磐越西線C57 雪のクリスマストレイン」

積雪を飛ばすC57の走行が見所。回送DE10重連も。
主演:C57180,助演:DE10×2、

動画: 4分30秒
撮影: 2013年12月14/15日
制作: 2013年12月16日


●動画エッセイ 
「磐越西線C57 雪のクリスマストレイン」

月日の経つのが際立って早く感じる年齢になってしまいました。
つい先日まで、暑くて暑くて辟易していたのに、街路樹のケヤキの紅葉もいつのまにか葉を落としたころ、
「今年最後のC57を撮影に行きませんか」
神谷さんからお誘いを受けました。
う~ん、会津のC57ねぇ、それはそれは興味はありましたが、直後にラジオの生番組が2本控えていたので、即決出来ませんでした。
「ご都合、何とかなりませんか。とにかく12月14日にC57が走るなんて、室蘭本線の終焉以来、初の出来事のように思います。ぜひおいでになりませんか」
そうか、12月14日。それを聞いては黙って過ごすわけには参りません。
「よし、行きましょう」
返事をしていました。最初の生放送は16日の朝です。大雪でもない限り、中一日あれば帰れるだろうと、いつの間にやら行く気充分です。

14日、車は快晴の関東平野を北に向かって走行していました。冬型の気圧配置です。運転は車のオーナー上島さん。助手席に神谷さん。後部座席は私と、奈良から参加した和田さんの4人です。
矢板から黒磯にかけて、高速道路の両サイドに、白いものが目に付き始めました。
「雪の状況はどんなでしょう・・・」
「磐越道はチェーン規制しているようですね」

目的地の上野尻~徳沢に到着したのは、列車通過の1時間ほど前でした。積雪は30センチほど、なおも断続的に降り続きます。すでに最初の踏切付近の丘の上には、たくさんの三脚が並んでいます。
2番目の踏切付近もずらり。
「どちらで撮りましょう」
運転の上島さんの声です。前回、4月に来たときは、皆さん最初の踏切近くの丘に上がりました。私はその下、レールとほぼ同じレベルの農道脇にカメラをセット。全員アウトカーブ狙いです。
「今回は直線にしましょうか」
皆さん同じ考えです。理由はほかにもあって、
「煙、ここまでなら期待できます」
「ラッセルの雪の飛び具合も、直線のほうがきれいでしょう」
「人が増えても、ここなら全員ゆったり狙えそう・・・」
などなどで、直線狙いとなりました。
雪は相変わらず、シャワーのように降り注ぎます。

誰かの携帯がなりました。
「え、倒木? 運転見合わせ中?」
緊張が走りました。
喜多方~山都間で線路が塞がれているというのです。これから撮影地に向かうディーゼルカーが、喜多方で立ち往生してしまった友人からの連絡でした。
規模はどうなのか、倒木は大きいのか小さいのか、1本なのか複数なのか、完全にレールに落ちているのか、それとも倒れかかっているのか、復旧の作業に入っているのかどうか、などまるで分かりません。
30分、40分と、時が経過します。
そんな時、踏切付近の集団に混じっていた、神谷さんから携帯が入りました。
「SL列車は、いま徳沢に停車しています。とりあえず10分後に現場通過の予定だそうです」
これだけ人数が多いと、誰かしら情報通がいるようです。それまで静かだった撮影地が急に活気付き始めました。

耳を澄ますと、遠くで汽笛が聞こえました。踏切がなり始めました。さあ来るぞ。皆さんの体に緊張がみなぎります。
ドラフト音が徐々にはっきりとしてきました。真っ白な雪のカーテンの彼方に、動く物体が見えました。
ぐんぐん近づくと同時に灰色だったその物体に力が加わり、しまりある漆黒へと濃度が上がります。
こちらのテンションも濃密にになり、体が興奮で硬直していく様子が分かりました。
同時に意識が薄らぐように空白化し、握り締めていた指先の感覚も弱まって、自分が今何をしているのか、これから何をしなければならないのか、判断がつきかねているようです。
ファインダーの中で、辛うじてラッセルする雪の飛び方を目に捉えると、実にきれいだという信号が脳に送られました。
それを確認すると美しさに酔いしれたように、パンニングのスピードが弱まって止まりそうになりました。
意識を取り戻そうと試みますが、限界。
ゆるゆるとカメラのスピードが落ちると共に、意識も再び空白化していきました。

結局この日のSL列車は、上野尻の次駅、野沢で長時間停車したあと、倒木未処理の結果を踏まえて運転打ち切り。せっかくの野沢消防団奮闘の給水もむなしかったようです。

1975年12月14日、現役SL牽引の最後の旅客列車を私は、沼ノ端~植苗間で迎えました。
目の前のレール両サイドに広がる勇払原野に、雪らしい雪はありませんでした。
列車は2時間近く遅れ、寒風の中に立ち尽くしていたのに、寒さを感じていませんでした。そのとき40歳。
今回の遅れはおよそ1時間。遠くのドラフト音を確かめ、カメラのスイッチを入れたのが、12時54分25秒でした。いま私は78歳。それなのに、寒さは感じませんでした。
まるで、あのときのように。

doga_logo
http://tetsudodoga.com





| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

session-22!

昨日に続いて、TBSラジオに出てきました。
今回は23時55分から始まる、Session-22という深夜番組です。
家を22時に出て赤坂へ、なんていうお仕事は、前代未聞でした。
とにかく朝日と共に起きて、夕陽と共に寝る生活ですから、半分寝ての出演になるのではと、はらはらどきどき・・・
DSC04057HA.jpg

放送を終えてからの記念写真。
南部さん、荻上チキさんと。

DSC04061HA.jpg

番組ディレクターの川原さん(左)と、22日ご担当の福田さんです。
「お二人ともタレントさん?」とは、写真をみた女房の言葉・・・

22日の「日本鉄道大納会」は、すでに一等席は満員ですが、2等席はまだ若干余裕があるそうです。
皆さんお誘いあわせておいでください!

待ってます~

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

今朝のラジオ

大沢悠里さんの、「ゆうゆうワイド」に出演してきました。
あっという間に終わってしまい、「鉄道大納会」のことも「鉄道動画.com」のことも、あまりおしゃべりせず仕舞いでした。
この番組はギネスに乗るくらいの長寿番組ですが、ご一緒して、ロングランの秘密の一端に触れる思いでした。

DSC04049.jpg
DSC04051.jpg

スタジオからは、振り返ると(右手の)窓からスカイツリーが望めました。
それがカッコイイのです。
1日2階、太陽光にタワーの一部が反射して輝くのです。
大沢さんが
「ダイヤモンドリング」
と名づけていました。
いい眺め!

終わって、8階のティールームで、22日の打ち合わせです。
窓から今度は、国会議事堂が望めました(下の写真中央)。
ビルの谷間に、辛うじて。

今日は朝の放送でしたが、
明日は深夜です。

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

価格が変更になりました

作品購入の価格が変更になりました。

最高の作品を最低価格で、という思いで、初乗り料金130円を設定してきましたが、
本日より、有料作品は1本300円(税込み315円)です。
決済は「コイン」以外も使用できます。

ただし、有料作品300円はすべてではなく、SD作品に限り期間限定、2本セットで300円としました。
1本当たりの“運賃”は、ほぼ初乗り料金に近い価格です。

HDサイズを“併結”出来なかったのは、容量がオーバーしてしまうからです。
画質を落とせば可能ですが、そうするとHDの意味がなくなりますので、断念しました。

さて、すでに私の手元には40本ほどの作品が編集作業を終えてスタンバイしています。
これから徐々にアップしますので、応援よろしくお願いします!

なお、9000代の作品(9001~9005)は、来週早々、一旦車庫に引き返します。
折をみて、新たな作品(9006~ )と共にアップしますので、どうぞよろしく。

| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

TBSラジオの時間

TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』に出させていただきます。

内容は生い立ちやら最近の撮影状況、「鉄道動画.com」開設と作品、12月22日の鉄道大納会と・・・
30分ではお話できないくらい盛りだくさんです。

日時は、

------------------
●12月16日(月)「大沢悠里のゆうゆうワイド」内、
8時50分にTBS入り、9時20分から10時15分頃まで出演。
---------------

となっています。

応援よろしくお願いします!

| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

ダウンロードは・・・

こんばんは
現在、「鉄道動画.com」有料サイトでは、「コイン」のみが通用しています。

| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

78に

DSC03881HA.jpg
DSC03881HA.jpg

尚敬は78になりました。
妻は・・・70は越えたようです。
先月半ばに、子供たちが誕生日を祝ってくれました。
場所は、近所のティファニーというレストランで。
ここは昔からの店で、マスターが一人で切り盛りしています。

ケーキは2つあった訳ではなく、ま二人の祝いと言う意味です。

DSC03882HA.jpg
DSC03880HA.jpg

DSC03885HA.jpg
DSC03878HA.jpg
DSC03879HA.jpg
DSC03892HA.jpg

このところ、「鉄道動画.com」の編集作業などで追われていて、ブログアップもママならない状態でした。
おかげさまで今日オープンして、ほっと一息ついたところです。


| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

真夜中・・・

おはようございます
昨夜真夜中(というか今朝早く)のオープンにもかかわらず、
さっそくアクセスしてくださった方が何人もいて、感謝します。
ありがとう!!

「鉄道動画.com」は、皆さんのおかげで、好スタートを切りました。
末永くお付き合いください。

「鉄道動画.com」は、みんなで育てる、レールファンの動画サイトです。
どうぞよろしく~

| 鉄道動画.com | TOP↑

≫ EDIT

015「小湊鉄道馬立駅 永久に」

●015 データ  
「小湊鉄道馬立駅 永久に」

駅の情景を暖かなまなざしで、でもちょっとドキュメント風に。

動画中心+スチール 9分23秒
撮影 2013年 9月 7日
制作 2013年10月14日(鉄道記念日)


●015 動画エッセイ
「小湊鉄道馬立駅 永久に」


趣のある多くの駅舎が消えていく中で、小湊には待合室に座ってひとときを過ごしたい駅がいくつもあります。新建材やコンクリートの住居に寝起きする人々が多い今、年代を経た木造の駅は得がたい存在。中に入ると気持ちが静まり、落ち着くのです。

DSC03407kHA.jpg


小湊鉄道には年代を経た魅力あふれる木造駅舎がいくつもあります。牛久の先にある上総鶴舞は、関東駅舎100に選ばれていますが、ほかにも同等の価値や機能美を有した駅があります。それぞれの方々に好み、ひいきの駅舎はあると思います。私は小湊にとどまらず、千葉では銚子電鉄も好きですし、秩父鉄道の駅はすべてにほれ込んでいるくらいです。

馬立駅は、特別ここでなければというわけではありませんでした。午後から茂原での打ち合わせ前に、せっかくだからと早めに出て、なんとなくこの駅にたどり着いたというわけです。

DSC03449kHA.jpg


前回の茂原打ち合わせでは、海士有木に行きました。ここで1時間ほど撮影しています。列車は上下1往復ずつ。今回もそんな感じかなぁとカメラを取り出したものの、あと1本、あと1本と、のめりこみました。
全車同一形式なので、車両的魅力には欠けますが、整備清掃されているので、撮り甲斐がありました。外見はワックスかけしているのではと思うほど、つややかです。

清掃ということでは、駅もきれいでした。ゴミなど落ちていません。私どもが駅にたどり着いたのは、土曜日の11時ころでした。きっと朝とか、ウイークディには委託の駅員さんがいるのでしょう。管理が充分に行き届いています。待合室には大きめなゴミ箱が2つも用意されています。それがせっかくの木製改札口脇にくくられていて、見た目にはちょっとどうかと思いましたが、致し方ないのかもしれません。

DSC03432kHA.jpg
DSC03431kHA.jpg


クラシックな出札口もいい感じです。”しばらくお待ちください”の標示が出ていましたが、開くことはあるのでしょうか、脇には存在感のある自動券売機が設置してありました。

お金を入れると、チン、ジャラジャラ。パチンコというかゲーム感覚で、気分は高揚します。最近はこうしたものが多いのか、冒頭部分に映像がセットしてありますので、聞いてみてください(音楽で音は小さくなってしまったか)。

DSC03399kHA.jpg
DSC03410kHA.jpg


待合室からホームに出ると、ドラム缶がありました。樋を通して雨水を集めるように工夫しています。清掃やプランターの花に使うのでしょう、中を覗いてみたら、1/3ほど溜まっていました。
コンコンと叩いてみました。でもボーフラはいません。缶を叩けば浮き沈みを繰り返すので、存在を確かめやすいというわけです。生き物の影はなく、水は澄んでいます。

鎌倉時代・・・、いえ、頼朝の時代ではなく私が鎌倉に生息していたころの話で、あのころの利用駅は北鎌倉でした。上りホームの中ほどに、錆びきったドラム缶があって、叩くまでもなく、ウヨウヨといたではありませんか、ボーフラが。鎌倉は蚊の多いところだ、湿気が原因と諦めていたのですが、こんなところに栽培設備があったのです。

駅員さんに何とかしてと言ったのですが変化なし。様子を見ていると毎朝叩きながら、しかめっ面をするサラリーマンがいたのです。どうやら電車を待つ間、彼の日課のようです。私も真似て、事あるごとに叩いてみると、だんだんボーフラが愛おしくなってきた記憶がありました。

DSC03480kHA.jpg
DSC03488kHA.jpg


小湊沿線の人たちって素敵ですね。穏やかな表情をしているのです。受ける情報は大都市東京と変わらないのに、人間らしいゆとりを感じたものです。豊かな黒土を踏みしめているからかもしれません。



*023「松山いよてつ ねこのしっぽ」に関連コメントあり。



 2013年11月25日
 広田尚敬


doga_logo
http://tetsudodoga.com





| 鉄道動画.com | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT