2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

早っ、桜が満開!

111P1190482.jpg

222P1190456.jpg

333P1190468.jpg
起きたら満開の桜が、朝日を浴びて輝いているではありませんか
一年に一度の、すばらしい眺めです
道を挟んだ公園の染井吉野です

panasonic LX2


| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

photo story 東横線最期の渋谷駅

東横線の渋谷駅が、副都心線と直結して、地下に潜りました
桜木町に次いで、終点駅が地下になったということです

3月15日の地上駅最終日、たまたま都心に用事があったので
渋谷駅周辺を撮影しました
最初の狙いは報道写真でしたが、日暮れには感覚的感傷的な写真へと変化していったようです

写真の並びは、時系列(撮影順)になっています
お楽しみください

01、140日吉
13時44分 日吉 Y514

私の家は、横浜市都筑区にあります
最寄り駅は東急田園都市線鷺沼か、横浜地下鉄グリーンラインの北山田です

今回は東横線に直結しているグリーンラインで日吉に出ました
急行Y514から中目黒で各駅停車5170の、これまた先頭車に乗り換えました
運転台後ろの混雑状況は、乗り換えても大差ありません
前には要として近づけないのです

03、DSC01132
14:08 渋谷

渋谷駅は大混雑でした
ホームに降り立つと
「立ち止まらないでくださ~い。前の人に続いて出口に向かってくださ~い」
何人もの係員が声をからして叫びます

混雑を予測して、カメラは小型最軽量のRX1を手にしていました
今日はこのカメラ1台です
歩きながら前の人の背中越しに撮りましたが、激しいブレ

05、DSC01149 - コピー
14:10 渋谷

とりあえず改札を出ると、幾分混雑は和らいでいました

07、DSC01171
14:11 渋谷

コンコースには、デパートの垂れ幕が

09、DSC01159
14:11 渋谷

券売機上には、渋谷までの路線図がありました
これも今日までの光景です
殺気だっているホームの撮影は一時諦め、用事を済ませるために
東京メトロで京橋に向かうこととしました

私はこれまで最期の日の撮影には、積極的に参加していませんでした
無経験かというと、そうではありません
SLの最期は仕事として北海道で迎えましたし
学生時代には、EF50のお別れ会で上野駅に行ったことがあります
このときは、友の会機関車グループの一員として、ヘッドマークを手造りしました

思い出しても62年間、この2回しかなかったようです

最終日に撮らない理由は2つあります
第一に、車両も列車も、普段の姿こそ最も美しいと思っているからです
第二に、参加する人が一人でも少ないほうが、混雑が緩和すると思うからです


11、DSC01202
16:02:28 渋谷

京橋から戻ってきました
あれれ、JRから東横線改札へ向かう階段、ストップしています
入場制限? いえ、そこまでいっていません。列はすぐに動き始めて、ホッ

13、DSC01240
16:06:30 渋谷

15、DSC01257
16:07:08 渋谷

改札を入ったものの、電車にはおいそれと近づけません
一眼レフ群団が行く手を阻みます
小さいカメラの私たちは、やっと見つけた隙間からパチリ
でも私のカメラは35mm1本なので、アップでは撮れません
皆さんの後ろに付くのがやっとです

17、DSC01278
16:08:26 渋谷

このあたりは絞り開放で撮影しています

19、DSC01281
16:08:36 渋谷

さしもの一眼レフも、標準ズームでは難しそう・・・

21、DSC01283
16:09:00 渋谷

23、DSC01308
16:11:26 渋谷

24、DSC01337
16:14:08 渋谷

25、DSC01343
16:14:34 渋谷

27、DSC01352
16:15:10 渋谷

29、DSC01356
16:15:52 渋谷

大混雑の渋谷ターミナルは、早めに切り上げることとして、東京メトロ各駅停車7029に乗車することとしました
歩きながら振り向きざまにパチリ

31、DSC01369
16:16:36 7029

最後部に乗車しましたが、小さい窓にカメラが

33、DSC01387
16:18:46 7029

37、DSC01393
16:20:28 代官山

細いホームがさらに細く・・・

35、DSC01408
16:22:22 代官山

駅名板に、最期の太陽光
この後は地下駅になります
駅は本来地上が最高ですが、いたし方ありません

39、DSC01435
16:31:06 代官山

皆さん、駅進入の下り電車を狙っています

41、DSC01451
16:32:32 代官山

何が見えるのでしょうか

43、DSC01491
16:52:36 代官山ー渋谷 5000系

街中のスクリーン
この光景も今日限り

45、DSC01516
16:55:54 代官山ー渋谷

JRをオーバークロスする跨線橋です
たくさんの方々が集まっていました
テレビ局も3社・・・


47、DSC01554
17:01;26 代官山ー渋谷

49、DSC01596
17:07:00 代官山ー渋谷

51、DSC01644
17:17:34 代官山ー渋谷

小さなファン

53、並木橋山手とDSC01684
17:26 代官山ー渋谷

55、DSC01691
17:36 代官山ー渋谷

57、DSC01710代官山
17:52 代官山ー渋谷

発展には、必ず負もセット
明日からは、青空も、花も、風も失う地下の車内・・・


RX1

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

シベリア鉄道 写真展

シベリア鉄道の旅の写真展が開かれます
作者は元朝日新聞出版部に所属していた方で
たぶん、週刊誌などの取材で乗車したのだと思います

旅をしたのは1967年と言いますから
私が富士フォトサロンで初の個展「蒸気機関車たち」を開催した1年前のことでした

kkk2.jpg
当時の為替レートは、1ドル=360円で、やっとどうにか海外旅行も出来る様になったころですが、外貨の持ち出しは限られていました
取材はいろいろ苦労の連続だったと思いますが、旅の夢がこめられていると思います
写真はすべてモノクロームです

kkk3.jpg
kkk1.jpg
会場はJCIIフォトサロンで、私の写真展もここで何回か開いています

JCIIフォトサロン
2013年3月12日~4月7日
千代田区一番町25
www.jcii-cameramuseum.jp
03-3261-0300
入場無料

同時に開催されている、ブロニーフィルム・カメラ展は有料
ただし、ブロニー版カメラを持参すると割引があるそうです

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

吹雪のラッセル車

舘野さんから作品が届きました
彼とは数年前、いや、もう少し前かな、中国に一緒に旅をしました
あのころは、まだ各地にSLがいましたね

舘野s-ブリザードブリザード

舘野s-ED333

・相変わらず記録にも記憶にも残るツアーでしたね。とっても楽しかったです。久々に広田先生にも会えたし!

私、舘野、最近モケイモードに火がついてしまっていて、引きこもり状態でした。

8カ月振りの本格鉄ちゃんがこのツアー、リハビリにはかなりハードでしたが、やはり線路際でカメラを構えるとこっちのほうも火がつきます。(地吹雪には火も消されそうになりましたが…)

おかげさまで、クルマの運転めんどくさい病や鉄ちゃん人ごみ恐怖症もかなり改善されました。あの雪道を経験すれば、たいていの道はOKです。撮影ポイントで仲間が集合するとかえってうれしかったりして!

では皆様、また線路際でお会いしましょう。



舘野浩

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

迫力のラッセル車!

神谷さんから、写真が届きました
トップのラッセル作品、すごい迫力ですね
私はこのとき、カメラを構えるのがやっとでした・・・

神谷さんのコメント付でお楽しみください

kami3.jpg
・南氷洋に突っ込む南極観測船もかくやと思われるほどの迫力でした。こんな弘南除雪は初めて見ました。
 現場到着が直前だったので残念でした。なかなか思うようには行きませんですね…

kami4.jpg
・石川の立体交差、電車のときはぼんやりと太陽が出ていたのに…。

kami1.jpg
・柏農高校の猛烈な地吹雪。写真だとそんな感じがあまり伝わってきませんね…
 実は先ほど山本さんからこのときの動画DVDをいただきました。
手持ちで、風に耐えられなくて上下左右に動いてしまっている画面とすごい風切音が臨場感に溢れていました。

kami2.jpg
・夜の撮影では、この直後凄まじい地吹雪になりましたね。あと5分撮っていたかった気もしましたが、
引き際だったと思います


撮影:神谷武志

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

鉄道落語

上方落語の桂梅團治師匠の落語会が、毎年2月に
東京の国立演芸場で開かれます

私もお誘いを受けて、殆ど毎年聴きに伺っています
今年の出し物は、古典と新作がありましたが
新作は、鉄道落語でした
題して「切符」
作者は演じ手と同じで、もちろん梅團治さんです

今年は著書の売り手として、売店にも顔を出しておられました

u1DSC01004.jpg
u2DSC00995.jpg
u3DSC01003.jpg
u4DSC01001.jpg
u5DSC01015.jpg
書籍は交通新聞社から発売されています

u6DSC01011.jpg
梅團治さんの東京公演は
二人会として
毎年2月の第一火曜日の夜、国立劇場小劇場で開かれます
本と公演の、両方をお楽しみください!

| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

雪の撮影には欠かせない、スノープレート

山本さんは、今回三脚の脚が雪に埋もれないように
プレートを作成して来ました
ホームセンターで材料を求め、自分で加工したものです
「ペットボトルでもいいかなと一瞬思いましたが、趣味性に乏しいので、楽しみながら制作しました」

ya3_20130307125957.jpg
ya2_20130307125942.jpg

このブログをアップしようと作業しているときに、彼から使用感のメールが届きました
抜粋しましょう

「三脚の板(自称:スノープレート)ですが、今回使用してみて
効果覿面でした。
三脚を立てて荷重をかけてみましたが、ふわっとした新雪の上でも
数センチしか沈まず、思っていたよりビクともしません。
砂地などで三脚を使用する時なども、効果ありでしょう。

雪上での撮影と言う事で、事前に準備しようと思いついて
頭の中でモヤモヤしながらイメージ図を作り、ホームセンターで
あれやこれやと部材探し・・・・。
ようやく形になっても実戦投入しなければ使える道具か分からない・・・。
少々不安もありましたが、現場で使って結果が出るとうれしいものです。

今回の製作費は3枚分で、約\2,400程度。

今後は三脚の足に固定出来るように、バージョンアップを考えております」

ya4.jpg
ya1_20130307125926.jpg
ホテルで説明する山本さん
三脚がのる部分には、滑り止めのラバー、裏面にはこれも滑り止めのスパイクを装着しています
大活躍でした

あ、それから三脚の握りの部分にも工夫が・・・
こちらもホームセンターで求めたゴムパイプを巻きつけてありました
アイディアマンですね

RX1

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

雪飛ばし、山本さんの写真!

弘南電鉄の雪飛ばし撮影ツアーは、15人の仲間と行動しました
全員が一箇所に集中するのではなく
幾つかの班に別れ、秩序を乱さないよう心がけました
主催者のこの考えはベストだと思います

私は、神谷さん、山本さんのグループです
その山本和明さんから、作品が届きました
彼は、スチールと動画を抑えていましたが
今回アップするのはスチール作品です

まずは「あけぼの」

yyy1IMG_1438a_R.jpg
撮影2日目になると少し余裕が出て、合間にJR狙いです
「あけぼの」は仲間がつかんだ情報の通り、7分遅れでやってきました
逆光線の中、優雅な走りでした

yyy2IMG_1451a_R.jpg
「あけぼの」の直後に狙った、大鰐線の雪飛ばしです
ここも、光線をきれいに使っていますね

yyy3IMG_1508a_R.jpg
臨時の583系もすかさずキャッチ
有客です

yyy4_20130307112419.jpg
JR五能線で働いていた、48640とのツーショット
このとき私は彼の右隣で、動画撮影をしていました

yyy5IMG_1218_R

yyy6_20130307120257.jpg

yyy7.jpg

yyy8.jpg
このショットは、田舎館ですね、きっと
このときも、私は彼の右側で動画を回していました
え~と、神谷さんは向うの踏み切りから、発車を狙っていました

ほかのグループはどうだったのでしょう、停車は捉えず
先回りした沿線で待ち受けていたようです

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

RX1のラッセル車

和田さんが、RX1で撮影したラッセル車です
ご存知のように弘南電鉄の路線は、2つに分かれています

JR弘前から黒石に向うのが、弘南線
詩の中央にある、中央弘前から大鰐に向かうのが、大鰐線です

この2本、直接線路は結ばれていません
ですから車庫も2つあるし、冬場は絶対に必要な、ラッセル車と動力の機関車は2組必要です
収益率の低い地方にあって、辛いところですが
私たちファンには、嬉しいところでもあるわけです

弘南線には、キ104と、ED33が配属されています
大鰐線には、キ105と、ED22の配属です

www1,DSC00145
www2,DSC00146
104+33。00149
弘南線のラッセル君たちです
3枚目の2両、しびれますね!

www3,DSC00096
www4,DSC00101
大鰐線のカップルです
夕方から夜にかけてのいい感じのライトが表現されています
この後、猛烈な吹雪、地吹雪となりました


撮影:和田浩 RX1

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

RX1+RX1

雪飛ばしツアーに参加した和田さんから
写真が届きました

まずは、RX1のツーショットです

wa1,DSC_0034

wa3,DSC_0028

たまたま時間が空いたので、コーヒーブレークをしました
そこで和田さんが新たに戦列に加えたRX1と、私のRX1が対面です
前回大井川でも一緒になりましたが
こうして写真を撮る余裕も時間もありませんでした

この日は彼の携帯での撮影です
実は、この携帯もSONYの新製品だそうです

wa4,DSC_0029

お店では弘前りんごをサービスしてくれました
皆さん美味しいと・・・

wa5,DSC_0044

| 鉄道撮影 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT