2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ブリキの6000形

幼いレールファンから
都電6000形のブリキのおもちゃをいただきました
ぜんまい式で、チョロキューのように走ります

いえいえ、年代的にはチョロキューが、ぜんまい仕掛けの後を追ったんですよね
6000、なかなかクラシックな雰囲気で気に入りました!
ありがとう!

b.jpg
a.jpg


窓辺に置いて、ミノルタ50mmマクロで撮影
外の公園では川津さくらが6分咲きです

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

木製のスピーカー

CP+で珍しいオーディオに出会いました
カメラショーなのに、オーディオの出店
木製のスピーカーを装備した一体型、「ビクターB-1」でした
もちろん制作会社はビクターですが
設計と制作依頼は東海なんとか・・・
いい音、迫力ですが高価。でも

かなり触手が動きましたが
衝動買いはいけません
とりあえず在庫を確かめてその場は去りました

スピーカーは大体が紙製で、木は珍しい存在です
ビクターの開発したこの、ウッドコーンがすばらしいのです
一言で言えば個性的

_DSC5179 (1)
  250型のウッドコーン

CP+の会場は広すぎるしざわついていました
後日、丸の内にあるビクターのショールームへ行きました
昔、ピクトリアルが入っていたビルの一角にあります

最近開発の「250型」の音などを聞いてきました
こちらのウッドコーンスピーカーの直径は14,5センチ
先の「B-1]は3年前の製品で直径9センチ
14,5センチのスピーカーのほうが、間違えなくゆとりがありましたねぇ

_DSC5176 (1)
_DSC5177 (1)
  ショールームと250型

250(EX-A250)はベートーベンのシンフォニーを楽しめそうだし
ジャズも聴けそう

B-1とほぼ同サイズの7も聞かせてもらいましたが
こちらはモーツアルトの室内楽やピアノソナタなどを
ボリュームを下げて静かに聴くのがいいみたい

そもそもは、撮影してきた動画の音を確かめるのが導入動機でしたが 
いろいろあたっているうちに、音楽を聴きたくなってきたので困りました

さてどうなりますか・・・

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

雪だ!

また雪が降りました
咲いたばかりの川津さくらに積もっているかと思いきや
すでに解け始めていました
早い!

さくら_DSC4871

レモン_DSC4913
庭のレモンに載った雪も、もうなんというかシャーベット状態で
レモン氷みたいです

マカ_DSC4897
マカ_DSC4861
マカ_DSC4891
庭のマカサミアンナッツの樹が、雪の重みに耐えかねて
バッサリ!
常緑樹は積もるから大変なのです

で、最近購入のくつを履いて撮影に出たのですが
数歩でジワーッと中がぬれてきました
やばいです
ランニング用ですからメッシュが粗いんですね
これで遠くへ撮影に出たらアウトでした

すぐにブーツ型のくつに履き替えて撮影続行でした

くつ_DSC4868
くつDSC4905

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

キヤノンIbisG10

昨日は横浜CP+に、大勢の方がお越しになり
トークに耳を傾けてくださいました

ありがとうございます

小田急撮影でであった3歳の男の子も、小金井から来てくれました
うれしかったです
(この子、すごく電車、詳しいんです)

話題にしたカメラはキヤノンのビデオ新製品
アイビスG10でした
会場で流した映像は、すべてこのカメラで撮影したものです

画像設定は、スタンダードを用いました
細かな設定は・・・

コントラストは、ー2としました
5段階あるうちの、一番低い数値です

彩度、これも5段階中最も低い、-2にしました

シャープネスは、-1
大画面で見ていただく関係から、-2まではもって行きませんでした

というように、カメラ性能を抑えた撮影でしたが
充分鑑賞に耐えられました
底の深いカメラということが実証されました

会場での、大画面鑑賞は終了しましたが
ビデオコーナーではモニターとイアホーンで鑑賞できますので
お越しください

今日は雪になりましたが
会場内は、ぽかぽか陽気でコートは要りません

しかし横浜の雪景色なんて捨てがたいです
愛用のカメラ持参で撮影も楽しんでください
なんでも雪中モデル撮影もあるらしいですよ

このG10、短い撮影期間でしたが虜になりました
私のムービー機材はこれまで
ハイアマチュアや、プロがドキュメントなどに使用する製品に目が行っていました
大型のテレビなどの鑑賞に堪えられるものを考えていたからです
ところがこのカメラとであって、考え方が変わりました

そこそこ小さなカメラのほうがいいということです
なぜなら映像の楽しみ方が、これからは
マスからパーソナルへと移行しそうな予感がするからです

G10で、とりあえずこの春、1本のムービー制作したいと
トークをしながら夢を膨らませました

カメラの発売は、これもトークの合間に確かめたところ
3月18日だそうです
待ち遠しいです!


追伸
トークではキヤノンの会長さんも後ろのほうで耳を傾けていたそうです
最初から!
司会の田中さんはじめ、スタッフと大感激でした

それから・・・
小金井からお母さんと一緒に来てくれた男の子
会場では時間の関係でお話も充分できず、失礼しました
スナップさせてもらった映像をお送りしたいと考えています
ご連絡いただければ幸いです

おかげさまでご家族と連絡つきました!
さっそくキヤノンにメールして、送ってもらうようにしました
ご心配、ご協力、ありがとうございます









| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

CP+

横浜のCP+に行ってきました

00.jpg

会場は、家から近いのですが
出発が遅れ
さらに、みなとみらい駅に下車したら、まぁいろんなお店がずらり
建物もかっこよくて
あちらこちらを覗いているうちに、時間はあっという間に・・・

会場に到着したのが5時半を回っていました
帰る人がぞろぞろ

会場を入ると、正面にキヤノンのブースが見えました
でも混雑しています
後でゆっくり見るとして、左へ曲がるとオリンパスのブースです

02_20110209230332.jpg
桃井さんのトークが始まると、たちまち人だかりが!

01_20110209230323.jpg
こちらのトークもすごい人だかり!

03_20110209230341.jpg
14_20110209230533.jpg
うろうろしていたら、オリンパスの鳥居さんから声をかけられました
いろいろ新製品を披露してもらいました
ラッキーなことに、オリンパスのストラップを頂戴してしまいました

04.jpg
会場は6時まで
終わってもまだまだ大勢の人が残っています

05.jpg
06.jpg
ペンタックスのブースです

07.jpg
ソニーのブース

08.jpg
コシナツァイスのコーナーには、お世話になった中沢さんがいました
明日は上野さんもおいでとか

09.jpg
ニコンの前に勢ぞろいのお嬢さんたち
大勢のCマンが砲列を

10_20110209231843.jpg
11_20110209231853.jpg
明日お世話になるキヤノンのブースです
軽くリハーサルをしてきました
大勢参加してくれそう・・・と係りの人が

12_20110209231903.jpg
13_20110209231911.jpg
帰りの、みなとみらいプロムナードからの眺めです
時刻は8時を回っていました

明日は夕方4時から本番です
司会はキヤノンの田中嬢

どうぞ気軽にお越しください!!

| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

電子書籍の時代

私の所属しているJPS(日本写真か協会)主催のオープンイベントが
池袋サンシャインビル7階で行われ、参加してきました

DSC04669 (1)

電子書籍に関しては、かなり早くから興味を抱き
数冊、すでに書店に手渡してあるほどです

ここ数年、毎年のように電子書籍元年といわれ続けてきましたが
いよいよ今年の半ばから、大量に、市場に登場する予感がしています

講師によると
「これまでは電子書籍を、語る、元年でした。今年は電子書籍発行の元年になりそうです」

もちろん、これまで市場に出てきてもいましたが
少数、しかも雑誌など(きわどいもの)で、健全とは言いがたい感じでした

しかし、いよいよです

そこでこれまで野放し状態だった電子出版を中心とした、ライツ(ガイドラインといいましょうか)に関して
各団体で纏め上げたものを披露検討するのが目的のイベントでした
各担当のご苦労に感謝します

ガイドラインとは出版社と、写真家を含むアーティストが対峙するものではなく
双方で、条件や状況に応じてお互いに選択しあうもので、強制力はありません

しかし弱者強者の原理で、個人主体のアーテイストが弱い立場にあることは否めません
こうした立場の原理が強力に働くと、両者に不利益をもたらすということを
賢明な企業が理解していたのは、とりあえず、よかったことと理解しています

企業の力が強くなりすぎると、今回のどこかの国のトラブルのようになって、お互いにいい思いをしなくなります
女性5人のグループで、日本の公演が危ぶまれていたあれです

また、同じ国で劇画漫画がまったく衰退してしまったのも、企業の横暴が際立ち、共倒れしたからだそうです

わが国の写真はどうでしょう
隣の国の劇画同様の状態に入りつつあるのが現状です
写真家という職業の衰退です

背景には経済的理由もありますが
カメラの自動化も大きく働いています
ビデオカメラの新機種の中には、ノンカメラマン仕様も目だってきています
今回のCP+にも、各社から出るはずです
言ってみれば素人にも操作できるカメラなのです

撮影の経験ない人にカメラを手渡し、時給でこれを撮って来いという仕事が増えています
スチールもビデオも!
そこではクォリテーは問題にしていません

これはテレビ番組を見ていてもわかることです
鉄道写真界ではどうなのでしょう
いずこの世界も特殊、はありえません

電子化という波は、競争という大波と見るべきでしょう
私たちはそこで経済競争に巻き込まれず
コンテンツの質の競争に打ち勝つ力を備える必要を強く感じました

(不肖にも、私が常々述べているオリジナリティーが、いかに大切かということも、理解していただければ思います)

そこで初めて今回のライツ(ガイドライン)も生きてこようというものです


帰りがけに通ったサンシャインビルの1階ホールでは
マーチングバンドが派手な音を鳴らしていました

DSC04671 (1)
DSC04670 (1)


この日から地下道が完成して、池袋駅に直結したイベントのひとつのようです

白いコスチュームの、かっこいい8人編成でしたが
見た目、彼らの中にアーティストはいないように取れました
この日に集められた人たちでしょう、チームで活動している様子はありません
悲しいことに、きっと、時給かもしれません

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

サクラが咲いた

DSC04717 (1)
DSC04699 (1)
DSC04700 (1)

家の前のサクラが開きました
早咲きの、川津さくらです

例年より少し遅れましたが
今日の暖かさに誘われたようで
数本の枝先にゆれていました

これから一気に花開くでしょう

北日本では大雪で大変すが
春近し・・・



写真は古いミノルタの50mmマクロをデジタルカメラで用いました
日本初のAF機がでたころの玉で、カビを拭って、です
夕方、先ほどの撮影でしたが
明日天気なら、佐倉に出かけて(別にさくらにかけたわけではありませんが)
日中使ってみようかと思います

どんな描写になるやら・・・
でも、案外使えそう・・・

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

都電「春待ちトラム」写真・2

17.jpg
19.jpg
18.jpg
20.jpg
お父さんお母さんと一緒の子供たちの姿が目に付きました
昔の、幼年時代の自分を見るようでした

トップの写真は三ノ輪橋ゆきの8807車内です

3枚目の写真は、記念撮影を横から撮らせてもらいましたが
お兄ちゃんの表情がいいですね
都電と妹に囲まれて・・・
両親の暖かな視線も感じます

4枚目はお父さんも大のレールファンでした
この子が寄りかかっているのは
都電停留所には必ずあった安全のためのガードです
緩やかなカーブが、すてきでした

25.jpg
1435mmの新幹線直下に
1372mmの都電姿が見えました
もちろん王子駅前です
飛鳥山の桜、今年は見事に咲くでしょう
待ち遠しいですね

23.jpg
24.jpg
飛鳥山の6000部分です

22_20110202105356.jpg
王子駅前の都電のポイントです
路面電車特有の姿です

15.jpg
階段のある踏切です
めずらしい・・・
見ていたら自転車の人も通っていました
さすがに階段部分はどっこいしょと担いで・・・

16.jpg
階段の次は怪談・・・
見えるでしょうか、写真右下に、お岩通り商店会の文字が・・・
この脇を都電が走ります

21.jpg
荒川線のホームは、バリアフリーのためかさ上げされています
でも、昔のホームの名残が2箇所にありました
そのひとつで、御影石がいいですね

DSC00172 (1)王子8807
最後は8807運転台冬バージョン
春になれば、マフラーもいらなくなるでしょう
桜の季節は、もう、ま近です

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

都電「春待ちトラム」写真・1

やっとこ写真をアップします
早く早くと思いながら、今日になってしまいました

まずは元日撮影の9000と
デビューしたての8800などを・・・

1_20110202101724.jpg
9000の晴れ姿です
日の丸をつけると映えますね
乗車するとお召しに乗った気分です
一日乗車券400円は、安い!?

6_20110202101810.jpg
5_20110202101801.jpg
8_20110202101819.jpg
4_20110202101749.jpg
前3台は、今回新たに加わったニューカラーです
ローズピンクとあわせて4色となりました

そういえば、こうせつさんの「神田川」には、24色のクレパスが出てきますが
妻は最近、100色の色鉛筆を購入しました
えっ、100じゃないって?
なんと、こうせつさんの10倍、240色でした・・・

何を描くのでしょう・・・

2_20110202101733.jpg
3_20110202101741.jpg
都電はご存知の通り、早稲田と三ノ輪橋間を走ります
停留所の数は、30

まずは、早稲田のシーンです
7511が、これまたニューカラー!

10_20110202101837.jpg
9_20110202101828.jpg
11_20110202103055.jpg
撮り始めは今年になってからです
元日からの3が日に集中して歩きました

ですけどごらんください
都内にはまだ秋の名残がありました


12.jpg
13.jpg
明治通りの桜はまだ蕾も膨らんではいませんが
光はどことなく春の面持ちです

古のエルマーが、その光を捉えてくれました

今回のレンズは
35mmF3.5
50mmF3.5
90mmF4
です

35,50mmはコーティングもない4枚玉です

もちろん、現代のレンズと同じようには行きません
本来ならソフト描写が得意なフィルムカメラを使うところですが
今回は、カリカリ描写のデジタルにあわせたのです
無理を承知で!

したがって、作画ではちょっぴり仕上がり状況を意識しながらシャッターを押しました
続きは、今夜遅くにアップします
日付が変わるころ・・・















| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

CP+でカメラトーク

CP+というカメラショウ
昨年から横浜パシフィコ21で開かれています

今年は9日午後から12日まで開催されます
私の出番は
10日(木曜)16時から1時間です
その1時間か2時間前に、泉のトークがあるそうで、キヤノンの担当者さんから知らされました
おやおや、今回も親子でお世話になります

http://canon.jp/event/exhibition/cp2011/seminar.html#special06

私の話の内容は、キヤノン新製品を試用した、動画の話です

このカメラが素敵でした
簡単に撮影してネタ造りをと思ったものの
いざ手にすると面白くてよく映って、のめりこみました
小型軽量ということも魅力のひとつです

詳しいことは、10日に!

でも今、ひとつだけ語るとしたら・・・
被写界深度が深いということです
鉄道撮影には、絶対条件です

それからAFの性能がすばらしい!

なぜそんなAFごときをと思われるかもしれませんが
EOS系は動画撮影時、MFになるのです
それから
手持ちの動画専用機(国産)はAFが備わっていながら
不安定この上ないのです
というわけで、キヤノンの新製品が神々しくさえ思われました

いけない、これ以上、新製品を語れません
当日、すべてを話しますから
動画に興味のある方は、ぜひCP+においでください

| トークショウ | TOP↑

| PAGE-SELECT |