2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

星空の写真展

今夜は有楽町で行われている個展を見てきました
作者の茂手木さんは、マガジンハウスにお勤めでしたが
今回フリーランスになられて開いた(何回目かの)写真展です
雑誌、クロワッサンの取材で、たびたび家に来てくださった関係で
私も懇意にしていただいていました

クロワッサンの取材はもちろん妻の関係です

で、写真展は南の島で撮影した星の写真です
とうぜん夜中の撮影で
海辺が写っていたり
遠くで光る雷のストロボ?で撮影した風景が星の輝きとマッチしていたり
天文ファンというより一般の私たちもぐっと来る写真がたくさん飾られていました

優しい感じ・・・

会場でのスナップ写真も撮影してきましたが
興奮冷めやらぬ前に
文章だけでもアップします

展覧会は今月の28日まで
場所は有楽町の、もとフジフォトサロンがあった、あのフロワーです
フジフォトサロンは晴海通り際でしたが
会場(フレームマンギャラリー)は、もう少し帝国ホテルよりです
もとフジフォトサロンを背にして30mほど歩いた右側です
すぐに分かります

茂手木さんが使用カメラを教えてくれました
言ってしまっていいかなぁ・・・
ニコンの○○と、ニコンの++だそうです
詳しく知りたい方は、会場へ
28日はご本人いるそうです!!

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

ハービー山口さん ・1

昨日、品川キヤノンで写真展を見てきました
「二十歳の憧憬」(はたちのしょうけい)がタイトルで
写真家、ハービー山口さんの初期作品が展示されています

同じタイトルの書籍も制作されています
オールモノクロ

写真展の壁面には
ネガから直接スキャニングしたデータからの
プリントが、大きく飾られています

会場には作者が

DSC00035.jpg

DSC00033.jpg
DSC00034.jpg
会場はオープンな設えで、外からも写真の数々が見えます

DSC00047.jpg

掲出の作品は場所とか時代別に構成されています
2ショットの後方は学生デモを単独で取材した一連です

女性のハッピーな写真が多い中で、こうした写真も撮影していたんですね

ところで会場のバックグラウンドミュージックは彼がアレンジした
15曲が遠慮がちに流れています
そのうち2曲は彼の作詞で
写真人生、人の美しさが語られています

GLORIOUS DAY  布袋 寅泰
二十歳の憧憬      入日 茜

展覧会は来月4日までです


| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

村井美樹さんと秩父鉄道へ

DSC00083.jpg

昨日の日曜日は、暑くもなく、寒くもなく、過ごしやすい陽気でした
編集部の神村さんと3人で、秩父鉄道に行ってきました

最初は秩父鉄道の駅舎を撮影するつもりでした
途中下車していろいろ・・・

キバナコスモスとタブレットは波久礼で撮りました

DSC00074.jpg
DSC00078.jpg
DSC00085.jpg


ところが途中からSL撮影に転向!
もちろん、迫力に魅せられたからです
電車利用でしたが、3箇所で狙えました!

村井さんのカメラは
ペンタックスの一眼とリコー
リコーは、なんとワイド専用機です
神村さんは・・・なんだっけ

私は、長男から借りたソニーのパパママビデオ。またの名は、運動会用ビデオです
最初はEOS5を用意したのですが、あまりにも硬すぎるのでチェンジ
静止画ではタテ位置も撮影してみました
変な気分・・・

DSC00069.jpg
寄居ホームの水のみ場です
このような光景は少なくなりました


DSC00067.jpg
武川のELです
日曜なのでお休みの機関車が多かったです

DSC00090.jpg
お話を聞いていると
テレ朝、月曜夜8時~9時の番組に出ているみたい
今夜も8時頃からのクイズ番組に・・・
神村さんによると「漢字検定は1級です!」

DSC00095.jpg
今回の取材はIKKI「鉄子の旅」番外編として掲載されるそうです
詳細分かったらアップしましょう




| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

「鉄道風景ベストショット」見てきました!

タムロンの写真展、見てきました!!
すばらしい!!

応募総数4879点は、日本一!!
どこの鉄道写真コンテストにも、この数字は負けていません!!

加えて中味がすばらしい
どこがというと
ほぼ全員が、楽しみながら撮影しているということです

これは熱くなっている審査の時はほとんど気づきませんでしたが
会場に並んだみなさんの作品を一同に眺めると
穏やかに、和やかな空気に包まれる雰囲気に、撮っている人の笑顔が感じられるのです
このような経験は初めてでした

01DSC00060.jpg
02DSC00049.jpg
03DSC00036.jpg
04DSC00055.jpg
会場入り口は、そごうデパート3階とビックカメラを結ぶプロムナードです
行き交う人がみなさん足を止めてみてくださいます

私が訪れたのは昼前の閑散時間帯でしたが
けっこう人出がありました

トップの大賞作品は、ストロボを用いれば写りこみもなく、きれいに撮れたのですが、なりませんでした

05DSC00037.jpg
06DSC00045.jpg
07DSC00042.jpg

タムロンコンテスト、応募の多さと質の高さ、参加の皆さんの心の豊かさで、もはや日本一の鉄道写真コンテストになりました
誰もが認めるところです
やがて世界に認められるコンテストとなるに違いありません

08DSC00038.jpg
09DSC00044.jpg
10DSC00051.jpg
12DSC00057.jpg
シンボルマークの愛称も決まりました!



タムロンホームページ www.tamron.co.jp

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

タムロン写真展

今日から大宮のデパートで
タムロン写真コンテストの入賞写真展が始まりました
そごうデパート大宮店(大宮西口駅前)です

それに先立って入賞者の表彰式がありました

トップ当選は昨年に続いて宮崎にお住まいのお医者さんでした
昨年は赤を魅力的に扱ったカラー作品
今年はモノクロームフィルムのよさをさりげなく表した作品でした
巧だし感性豊かでほれぼれしました
いずれも、脳裏には事前に作品が出来上がっている感じです

表彰式はぜひとも参加したかったのですが
よんどころない事情で欠席してしまいました
大変残念です

近日中に写真展会場に足を運びたいと思っています
会期は2週間です

皆様もぜひお越しください
日本一の鉄道写真コンテストに勝ち抜いた作品を
じっくりご覧いただき
鉄道写真のよさ、楽しさを味わってください

よろしく~

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

印刷会社見学

昨日は凸版印刷板橋工場を見学してきました
13時から17時まで、実に充実していました
(歩いた・・・)

建物は昭和13年当時からのもので、外壁はホワイトクリーム色のタイルで、三井クラブと同じような雰囲気でした
総勢10名
ぞろぞろ・・・

印刷の種類は、ポスターやパンフレットなどの商業物が多く、次いで出版物を印刷しています
その印刷方式は、凸版、凹版、平版、版レスなどさまざまですが
凹版は絶滅に近いようでした
いわゆるグラビアです

私のグラビア本は「魅惑の鉄道」が代表です
雑誌ではアサヒグラフ「宗谷本線のSL」や、「ヨーロッパのSL」です

絶滅という意味では、ドラムスキャンの機械が新品製造していないだけに
時間の問題と説明されました

工場内は撮影禁止なので、今回は写真アップはありません
その代わり?
終わってから暇な4人が、近くの居酒屋で反省会をしましたので
その模様を・・・

_9323584.jpg
_9323586.jpg
_9323583.jpg
メンバーは筑波大学と学習院の先生と編集の女性です
注文はいたってヘルシー
トマトサラダなどでした~

| 出版関係 | TOP↑

≫ EDIT

鉄橋 その3

「鉄橋コレクション」
初校が届きました
いうなればAカラーです
色校正にはならない、文字校正用です

今回は文字が細かいので大変でした

_9323555_20101010153955.jpg

到着便

_9323575.jpg
扉デザインです

_9323576_20101010140331.jpg
_9323577.jpg
_9323578.jpg
_9323579.jpg
北海道のページです
1969年からの写真が入っています
ちょっと変わったターンテーブルもご披露しています

ターンテーブルもトラバーサも、鉄橋に入りますが
今回は、トラバーサは外しました

_9323581.jpg
東北で撮影した、現役最古の鉄橋です
やってきたディーゼルカーのヘッドライトも魅惑的

さあこれから細かい文字と格闘です
いい本になりそう・・・

ご期待ください





| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

鉄橋 その2

こちらも余部橋梁の出版物です
8月12日に現地を訪れた際に、加美町の鉄橋部長さんから頂いたものです
この方、本来は企画課の仕事をされていますが
鉄橋関係のすべてを背負って奮闘されていたので
私が勝手にそう呼んでいるわけです

で、書籍は・・・

「余部鉄橋物語」田村喜子 新潮社刊 

橋とその下の集落の人たちを題材にしたノンフィクション
書き出しは、みやび の墜落から始まります

書評も頂いてきました
書評を書いたのは、宮脇俊三さんのお嬢様です
やはり作家の道を歩まれています



| 出版関係 | TOP↑

≫ EDIT

鉄橋 その1

_9323568.jpg

京都在住の服部さんが「四季 余部橋梁」を出版しました
2007年の出版ですから、もっと早くこのブログでも紹介すべきでした

写真がすばらしい
実に熱心に、何回もトライしているのは
やはり好きなればこそ
力があればこそだと思います

A24取りの正方形に近い形が親しめます

_9323571.jpg
_9323569.jpg
_9323572.jpg

_9323573.jpg

| 出版関係 | TOP↑

≫ EDIT

テレビ2つ

GRパーティから戻り
妻と一緒に遅い昼食を採りながらBSテレビを見ていました
里山の番組で、写真家の今森さんが出演していました
今森さんが主役なのに、主役は里山とそこで暮らす人々ですという奥ゆかしい態度が素敵です
再放送ですが見入ってしまいました

「そういえば今日じゃない?」
と妻が
「あ、そうだ」
忘れかけていました
もう何回か続いているのに
まともに見るのは、今夜が初めてかもしれません

BS12「鉄道写真」夜9時から1時間

タレントさんが鉄道を撮りに行って
その写真を私がジャッジをするという番組です

おたのしみに~

| 日々の出来事 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT