2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

写真展開催

東京は千代田区にある
JCIIフォトサロンで写真展が開かれることとなりました

ここはモノクロームだけを取り上げる会場です
これまで200回以上展示されてきましたが
すべて、格調あるモノクロームです
私も過去2回開催しています

JCIIとしては、この写真展で228回目となるそうです

プリントがいいんですよ
ネガからバライタ紙です!!

数年前までは当たり前の方式でしたが
いまや絶滅寸前
写真公社が腕によりをかけて再現します

まず、第一回の打ち合わせを会場のJCIIで行いました

作品は60周年本から厳選します
対象になるモノクロ写真は
「Fの時代」小学館
「昭和34年2月北海道・Nの時代」ネコ・パブリッシング
です
この2冊からになります

期間は
2010年6月29日(火曜日)から
     8月01日(日曜日)まで (月曜休館)

イベントは会場4階で
     7月03日(土曜日) 時間は未定ですが午後から・・・

となりました
イベント会場のMAXは150人!
たくさんの皆さんにおいでいただくことが可能です
 
jc2.jpg

とりあえず、写真展会場で記念写真
後方左からレイルマガジン編集長の名取さん
     IKKI編集長の江上さん
手前左は JCIIの本橋さん

今回はこのメンバーで立ち上げます

jc1.jpg
カラーを含めた写真展に関しては後日正確に発表しますが
8月以降に予定しています

お楽しみに~

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

関西の私鉄

関西の私鉄って、レールファンに親切ですね
概して・・・

阪急梅田で
「あの~、神戸線の9000型の写真を撮影したいんですが
何分後ぐらいに入ってきますか」
恐る恐る、ま、だめもとで尋ねてみました

改札横にあるボックスの女性職員さんは
直ちに対応してくれました

「神戸線がいいんですか」
「えぇ、宝塚線でもいいんですが・・・でも」
「神戸線は20分後に入ってきます」
カードを手に見事な対応!

教えられた通り、20分後に各駅停車で入ってきました

京阪では、天候がイマイチでしたが
ラッシュが終わってから、半日ほど粘ったでしょうか
新カラーの取材です
今回で2回目

でも、どうしても2400がやってきません
支線にも顔を覗かせましたが、いません
2路線とも・・・

そこで思い切って駅で尋ねると
やはりカードを手にして
「あのー、22時36分までありません」
「え、そうですかぁ、いま4時ですから
う~ん、6時間後かぁ」

しかし教えられてその間
別取材が出来ました

教えてもらえると
安全に、迷惑も少なく行動できるので
ありがたいことです

京阪ではその後
「何か不明点などありましたら、またおいでください
電話でもけっこうです」
と、駅の電話を教えてくれました

oo2_20100322055002.jpg

今回は女性2人が対応してくれましたが
いずれも美人!
だからというわけではありませんが
またまた京阪ファン度が深くなりました

近鉄では撮りたい形式がたくさんありました

22600
12410
1254
1259
1420
2680

16000
6407

以上です
一筋縄ではいきませんので
これは、出版社から書面を通してお願いしました

そうしたら見事な対応です
宿泊の関連ホテルFAXに毎晩、翌日の運用を知らせてくれました

おかげさまで、希望形式を撮影できました
安全に、正確に
移動はすべて電車だったので、快適に、時刻どおりに現場に到達できました
運賃も関東に比べると、リーズナブルという印象でした

oo1_20100322054950.jpg

数字は迷惑がかかるといけませんので
写真2枚とも加工してあります

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

夜行列車は何処?

お彼岸のブログを見た何人かの方から問い合わせがありました
「夜行列車」という店、どのあたりなの?というのです

ちょうど上野と御徒町の中間で、山手線の外側というあたりしか私にも分かりません
いただいた事務局長さんの名詞と、コースターを撮影しましたので
それを頼りに行って下さい

ya1.jpg
ya2.jpg
ya3.jpg

とにかく、日本酒はすべて純米酒というのが気に入りました
潔いです

創業は昭和32年、先代オーナーが病に倒れたので、現在のオーナー(常連だった)が引きついたそうです
名前の由来は、あのころ夜行列車待ちの大勢の人たちが一杯引っ掛けに立ち寄ったのが、きっかけだそうです

お楽しみください~

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

お彼岸

このところ撮影のロケ出張が連続し
家にいることも稀でした

せめてお彼岸くらいはということで
地方へは行かないこととしました

20日は誘い合って森田さんのお墓参り・・・
鉄道友の会発会当時からのお付き合いでした

m1.jpg
m2.jpg
山手線駒込に集合しておよそ15分ほど歩いたところに
くだんのお寺がありました

m3.jpg
境内にはボケの花も

m4.jpg
春風の強い日でしたが、飛ばされることを覚悟で
お花を供えました

m5.jpg
宮田寛之さん、小田守さん、私です(左から)

m6.jpg
m7.jpg
パンジーが植えられていました
きっと身内の方でしょう

m9.jpg
m10.jpg

さてこの後です
どこかで精進落しをとなりましたが
中途半端な時間でどこも開いていません

本郷に木造3階建ての串揚げ屋さんがあるというわけで
小田さんの案内で歩きましたが、夜の部の開店まで1時間半も間があります
そんなこんなで、ついに御徒町に出ました
途中、しのばすの池付近で、モノレールの下をくぐったのが印象的です

それにしても、大変な人出!
明日は天気が悪いという天気予報のせいでしょうか
みなさん、3連休初日に集中したようです
アメ横もたいそうな人でした

y11.jpg
y33.jpg
夜行列車という店を目ざとく見つけてドアを・・・
お酒は全国の純米酒がズラり!
なかなかいいお店です
まずはビールで献杯のあとは、純米酒
3人とも何杯かお変わりしましたが
最初に勧められた三千何とかという銘柄にこだわり
飲み続けました
いけました・・・

森田さんのポートレートなどは
「昭和34年2月北海道」ネコパブリッシング刊にも出ていますが
工学部出身でした
飲みながらの森田さんの話題は
新幹線に積み込んだ食器洗浄機がよかったねぇに始まりました
車内の水は限られています

そこで森田さんは音波で汚れを洗い落とすことに成功、特許もとりました
取得した特許は30を越えているようです

学生時代の夏休み、東京を昼に出発する門司行きの鈍行、111レに仲間と乗り込んだそうです
で、どこかで快速に抜かれるというので
荷物は111レに載せたまま、快速に乗り移りました
ほんのお遊びでのつもりです

ところがこの快速の遅いこと
各停111レに抜かれてしまったのです
時刻表通りではなかったのです
さぁ大変
荷物だけ先行ですからたまりません

このあとは快速車内で七転八倒
なんとか間に合って111レに無事?戻れたというのですが
よき時代の出来事で、今宵の肴になりました

同じような話、仲間は阪急の特急でも試みたようですが
このときは完全に乗り遅れ、荷物だけが先行したそうです

いやはや・・・

y22.jpg
y44.jpg
外に出ました
ガードに沿ってふらふらと上野駅へ

y55.jpg
y66.jpg
家路へ辿ることとなりました
券売機FANの宮田さんと、山手線ホームの小田さんの後姿です
またみんなで会いましょう

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

ワーゲンのカブト虫

wa1.jpg
wa2.jpg

石鹸?
いえいえ食べられるものです

実はチョコレート
どこかの企業のイベントでもらってきたとか・・・

長男からのおすそ分けですが
ばれんたいんのときのものじゃないのかなぁ
長男も私同様もてるから・・・(笑)

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

嵐山さんに会いました

ご存知、作家の嵐山光三郎さんです
品川のホテルで審査会があり、共に出席しました
審査は5人で3時間ほど
白熱しました

帰りにロビーで記念写真を一枚!
なんと下駄履きでした!!

それがコートと共に似合っているのです
ちょっとバンカラで
ちょっといたずら小僧っぽくて
ちょっと粋で
素敵でした!!!

ara11.jpg
ara22.jpg


RICOH GXR 5.1-15mm

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

阪急6300,9300

4両編成の6300です
先日、3月2日のブログで、最期の6300を撮影した模様をアップしましたが
こちらは昨年4月15日に、嵐山線松尾駅で捉えた4両編成です

最初見たときは
おやおや情けないなぁというのが正直な感想でした
時がたってみると
しっとりしていて、これはこれで、なかなかいい感じ
桜の花びらが、ホームに散って情緒的です

ha33.jpg
ha11.jpg
ha22.jpg

ha44.jpg

6300に代わって登場の9300です
かっこいい走り!!
3扉のせいか、客扱いに遅れることなく、ダイヤ通りにやってきました
ま、朝の京都行きですけど・・・
これも昨年4月の撮影です

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

チャンピオン大会

先ほどNHKのど自慢・全国大会を見ていました
夕食後、なんとなくぼんやりと始まるシーンを見ていたら
のめりこみました

普段はまったく見ない番組なのに
最初から最期まで見てしまいました
仕事が残っているというのに・・

とにかく、出演者の意気込みがびんびん伝わってくるのです
一生懸命な姿に接するというのは清々しさがありますし
教えられるところもあります

歌を教えられるというのではなく
物事に取り組む熱意、態度の大切さを教えられたように思ったのです

番組には北海道(3組も)から九州延岡の方々まで十数組が出場しましたが
皆さんテンポもあるし
歌唱力もプロ並です
コスチュームも派手やかです

そうしたなかで
スローの静かな歌が光っていました
ブラジル出身
日本は3年目という派遣社員です
いいなぁ、うまいなぁ、心に響くなぁと思っていたら
チャンピオンに輝きました

_9322843_20100306212602.jpg
_9322847_20100306212612.jpg

_9322849.jpg
_9322848.jpg
_9322850.jpg

来週、私は俳句コンテストの審査をします
嵐山光三郎さんたちと選者のひとりとなりましが
きっと心に響く秀作に接することが出来るでしょう
期待しています


写真はNHK総合テレビより RICOH GXR 50(33)mm

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

新車とお別れ電車

久しぶりに、さいたま新都市交通へ行ってみました
ここのステンレス2000系をまだ見ていなかったからです

近くへはちょくちょく出かけますが
ついで撮影しても、なかなか2000にお目にかかれなかったからです
大宮駅で尋ねると
次々電車がと、駅の係りの方が親切に教えてくれました

その時、時刻は10時55分
列車は15分おきで、大宮11時30分発がくだんの2000と分かりました
さて、どこで撮るか・・・
瞬時に鉄道博物館駅ときめ、11時15分発に乗車しました
鉄道博物館駅は1つ目です

sa1.jpg
sa2.jpg

予定通り博物館駅で捉えました
色彩はピンクと聞いていましたが落ち着いた色合いが好ましい感じです
いいじゃないですか

sa3.jpg

これは大宮行きの上り電車です
上2枚を撮る前、くだり電車待ちのとき撮影しました
これが大宮で戻ってくるわけです

間に新幹線の高架橋があるんですね

sa4.jpg
sa5.jpg

博物館駅に下車するのは初めてではありませんでした
開館前だったのでこちらの駅も工事中でした
その後は大宮から歩いていたので
こんなに立派な駅になっているとは知りませんでした

下の写真は、下りホームで2000を待っているとき撮影しました
何気なく柱を見たら、人面・・・

sa6.jpg

sa7.jpg
sa8.jpg

実は、大宮駅の改札の方が、今度来る2000の時刻を教えながら
もうひと編成2000が加わりますと情報をくださいました
「8日からです。今度の2000はこの写真の色彩になります」
「かっこいいですね。で、下の従来色は・・・」
「この2000が入ることで廃車になる編成です」

1000系の11番編成で、8日以降、幾日かは両方が走ることも教えてくれました
その11編成を大宮駅で(下)
ちょうど電車を待っていた子供たちのコスチュームが電車と似合っています

sa9.jpg
sa99.jpg

いろいろと情報提供してくれたKさんです
シャイで親切!

鉄道写真大好きで
先のタムロンコンテストにも応募しました。見事入賞だそうです
おめでとう!!!

sa999.jpg

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

NHK趣味悠々のDVDが!!

NHK趣味悠々で
9月から10月にかけ、2ヶ月間放映した
「デジタル一眼レフで巡る、ローカル線の旅」のDVDが完成しました
放映されたものを元に、新たに編集されました
今回は私の写真も何点か追加されています
もちろんスチールですが
どちらかというとビデオ感覚で編集したそうです

n11.jpg
n22.jpg
表カバーと裏面です
実はまだ中味を開けて見ていません

内容はどなたが見ても楽しめることでしょう
私の鉄道写真は幅が広いので
どんなジャンルの方も楽しく学べるのです

先日大阪出張の折
地下鉄御堂筋線の中で声をかけられました
「私は鉄道を撮りませんが、すごく参考になりました」と
お父さんが乗り鉄だそうで、一緒にテレビを観ていたのだそうです
私は今里筋線を撮るため、緑橋でお別れしました


購入は下記のサイトからも便利らしいです
出版の編集長さんが教えてくれました

http://www.nhk-book.co.jp/syumi/faq.html#00030

お楽しみに~

| 出版関係 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT