2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「築城せよ!」



知人の古波津 陽さんが映画を創りました
初監督です

ちょっと奇想天外で、ぐいぐい引かれるものがあります
ストーリーの中の城、なんとダンボールで作っちゃうんですよ
城主や家来が・・・
こんなこと、言ってしまってよかったのかなぁ

私はラッシュしか見ていませんが
初日なんか超満員のようでした

私はいま、死のロードの真っ最中
昨夜富山から帰ってきましたがその前は盛岡2泊、明日は会津若松1泊
間髪いれず、諫早、熊本、京都と3泊の旅行です

代わりに皆さん観にいってくださ~い
上映劇場は・・・

新宿ピカデリー
名古屋ミドランドスクエアシネマ

築城せよ!公式ホームページ
http://aitech.ac.jp/~tikujo/top.html


またご鑑賞後には、ぜひご感想をお聞かせ願えると嬉しいです。
YAHOO!映画↓への書き込みでも歓迎です・・・と監督
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id333260/

どうぞよろしく!



| 応援 | TOP↑

≫ EDIT

伊香保・能登・・・



tabeisan_20090621061422.jpg

7月8日まで、田部井さんの写真展が開かれています
伊香保電車の名作集で
昭和の記憶が明確によみがえる写真展です

タイトルはズバリ「田部井康修写真展」
場所は高崎市美術館
JR高崎駅西口から3分ですから、直結みたいなもんですね
027-324-6125

ぜひおこしください



それからもう一つご紹介します

湯浅啓写真展「能登線憧景」です
おなじ能登線の、魅力的なハンディな本も出版したこともある
能登線のトップノッチです
すっごく詩情溢れる作品を得意とする方なので
きっといい写真展になっていると思います

東京では初お目見え

会場は みづき
場所は 東武の曳舟駅近くです
駐車場あります
03-3618-8529
7月4日まで

お二人の写真には
心温まる詩情があります
情熱を感じます
ご鑑賞ください


もう少し早く、案内を頂いた時点でアップするつもりでしたが
遅くなりました

| 写真展 | TOP↑

≫ EDIT

E5デビュー



sen3_20090617194142.jpg

sen2_20090617194129.jpg

sen1_20090617194116.jpg

本日E5の量産先行形が公開されました
とりあえず外観をアップします
撮影角度によってかなり印象が異なりますね

形はファステック・・・
色は・・・これから夏に向かうから”氷や”のイメージという人がいました
赤は血管だね、と、これは吉木さん

とにかくこれが走り始めたら目立つ存在です
カメラ、4000分の1で止まるかなぁ
というより、画面にピシッと収められるかどうかのほうが問題ですね
時速320キロですから・・・

実はタムロンからグラフページを依頼され
このところタムロンレンズだけを持って撮影に出かけています

この日も・・・
先日の小海線も・・・

3枚で組むのですが
1ヵ所に絞るか、いろいろ混ぜるか悩んでいます
締め切りは今月末
今日はこれから盛岡に行きますのでこのレンズだけで出かけます

そうそう、E5の取材の時、レールマガジンの新井さんと利府へ向かう車内で一緒になりました
私のカメラバッグに興味を示したので見てもらいました
例のホームセンターで2000円前後で売られているツールバッグです
丈夫だしポケットもいっぱい

で、中のカメラを見て仰天
とにかくカメラ1台に、このレンズ1本なんですから

明らかに「手抜きだ~」という表情
いえいえ、手抜きなんてとんでもない
きっちり描写していることを
写真が証明しています

湿度まで、写っていませんか






EOS1Dmk2 タムロン28-300

| 鉄道撮影 | TOP↑

≫ EDIT

今夜は落語



今夜、落語があります
鉄道落語です

かなり前にご案内いただいて
ブログ掲載をと思っていながら
延び延びになっていました

実は今夜、7時開演です
ためになるかどうかは分かりませんが?
楽しめます

たまには腹筋使って腹のそこから笑ってくださ~い!!

rakugo.jpg

内幸町ホール 03-3500-5578
地上から階段を降り、地下1階です
3000円


| 応援 | TOP↑

≫ EDIT

吉川文夫さん



吉川文夫さんを偲ぶ会がこの週末に開かれました
私より3歳上でしたが、少し早すぎました

研究対象は主として私鉄でしたが写真撮影はもちろん、調査、模型作り、どれをとっても一級品でした
アマチュアの中で、著書や雑誌への寄稿、研究発表が最も多かったのも吉川さんでした

fy1.jpg

fy2.jpg

fy3.jpg
奥さんと息子さんです

fy4.jpg
fy5.jpg
吉川さんが制作した模型や写真
中央の模型は横浜市電です
路面電車が大好きでした

吉川さんは自転車で踏み切りを超えるとき
必ず惰性で渡りきります
まるで自分が路面電車になったように
クロッシングは鉄則のノッチオフなのです

近頃は路面電車といえども
平面交差は減少しましたから
クロッシングのノッチオフを知らない人も多いかもしれません
平面クロスでは電源をオフにして渡るのが通例なのです



fy6.jpg
愛用の35mmカメラはミノルタでした

fy7.jpg
fy8.jpg
会場の各テーブルには、撮影先でくつろぐ吉川さんの写真が置かれていました
安らかにお眠りください


| 日々の出来事 | TOP↑

| PAGE-SELECT |