FC2ブログ

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

RICOH R10



本日発売のカメラです
フルオートなのに、高級感のあるカメラです

r101.jpg
r102.jpg
r103.jpg

刷毛目がはいったようなお洒落な天部はすっきり
出っ張っているのはシャッターボタンだけ

r104.jpg

カードは従来どおりSD
電池はGX,GRとは別形式で互換性はありません
縦横色彩は同一だけど、厚みが異なります
充電器は同じかと思ったら、これも別物
これなど外見はまったく同じなのに・・・
一体何なんでしょうかぁ

r105.jpg
r106.jpg

レンズ焦点距離は7.1倍で4.95mm~35.4mm
広角側と望遠側で撮影してみました

r1077.jpg

リコーのカメラは接写に強いです
広角側は1センチまで近づけます
すごい!!

機材の撮影は RICOH GX200 JPEG WBオート
実写はもちろん R10
R10は、フルオートで気軽に撮れる・・・


スポンサーサイト

| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

LX2の覗きファインダー



吉木さんからメールが来ました
早速試してみるそうです・・・



Panasonic-LX2の接写作戦 早速にありがとうございます 
手持ちの道具で直ぐにやってみました。

成る程成るほどばっちりいけます。
山の花を分類から判別する凄い仲間が多いので,いつも5mm位の小さい花が肝心になります。

這って接写する慎重さでやるのですがAUTOで後ピン勝ちになって失敗が多かったです 
前レンズでやってみたらカメラ側が合焦するのが楽のようです。
次の山行きでは便利なツールに仕上げて実践してみます。

現在は添付のような「液晶モニター覗き筒付きルーペ」を開発?して効果を出してます。
明るい山頂でも液晶がよーく見えて周囲から珍しがられています。

ルーペは一寸工夫すると前と後の両方につかえそうですね。山にはうってつけ。
 でも外付きファインダーの新人「LX3」が気になってます

******************************

yy11.jpg
yy22.jpg

そうなんですよ
写真もカメラも工夫が大事なんです

昨夜BSを見ていたら、香川京子がゲスト出演して、黒澤映画の話をしていました
あの天才監督も、常に工夫を怠らなかったというのです

見習いましょう

あ、それから・・・
接写のときは、AFモードのピントが合う範囲を、より小さいものに設定するといいかもしれませんね
LX2は、たしか4つくらいあったはずだから・・・

| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

やはり出たEOS50D



発表は先月26日午後1時でした

「あと5分待ってください、そうしたら新製品、発表できますから」
小雨だったので、早めに撮影を終えて銀座キヤノンサロンに向かいました
そうしたら嬉しくもあり、悲しくもある言葉です

次の約束が音羽14時半だったので時間は充分
5分待ちました
そうして頂戴してきたのがこのカタログです

eos1a.jpg
eos2a.jpg

マイ40Dの後継機のデビューです
新しいカメラが世に出たのは嬉しいですが、私のカメラがわずかの間に古くなってしまったのは悲しいじゃありませんか

気を取り直して、さて、どこが進化したんでしょう、いったいぜんたい・・・

カタログ眺めると
画素数のアップ、これは当然でしょう
1510万画素だそうです

それからモーターが秒6.3コマだそうです
この数字は40Dと同じですが、画素数が1.5倍になっての6.3コマですから進化です

液晶は流行の3型92万ドットです

やや、マッチレンズは18-200
どこかで聞いたような持っているような、焦点距離です

まだ実機は見ていません
来週あたり、キヤノンサロンに行けば・・・

| カメラ | TOP↑

| PAGE-SELECT |