FC2ブログ

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スピード記録はどこまでも

今朝の”朝ズバ”を横目で見ていたら、
フランスのTGVが高速試験を行ったというニュースが流れてきました。
思わず引き込まれると、
5両編成で時速574.8キロを記録したというのです。
日本の新幹線がおよそ400キロ。リニアがたしか580キロですから快挙です。
単純に速さを競うなら日本も負けない技術はあると、かねがね関係者は言っています。実用的レベルの追求が大事なのだと。
でも、フランスの記録はすごいですねぇ。輸出などでまた一歩リードすることでしょう。
スピード記録は国内に目を向けるか国際的に考えるかの違いのようです。

映像は跨線橋から撮られていました。
5両編成で、長タマで捉えたものはパンタから0系のようなスパークが見えました。塵も舞い上がっていました。
広角で捉えたものは跨線橋に止められた車の上からパンニング。
上手なパンです。
たぶんスピードテストは何回も往復しながら、徐々に上げていったため、撮る側も慣れていったのだと思います。
カメラはほかに、後部運転席と、外部の台車付近にも2台設置されていました。
かなりのアピール度です。

日本では来週あたりN700の改良車が披露されます。
でもかなり報道は制限しているので、今回は辞退しました。
TVなどで大々的に取り上げられるといいのですが、期待します。

スポンサーサイト



| 鉄道撮影 | TOP↑

| PAGE-SELECT |