2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「国鉄特急」の写真

「国鉄特急」の本は、12月4日に出来上がると連絡が入りました。
数日後には書店に並ぶと思いますが、鉄道図書を優先的に扱う書店では、いち早く積み上げられることでしょう。
ご期待ください。

印刷所に戻す初校のデータが手元にありますので、アップしましょう。
いずれも第一章の冒頭部分です。



田町電車区で並んだ「とき」161系(左)と、「こだま」151系です。絵本用として「こだま」を撮影に行ったときのものでした。
本番は子供のモデルを配し、4×5サイズに改造した木製暗箱を用いましたが、この写真は絵本撮影が終わってから、6×6で捉えたものです。
使用機材はマミヤC3.セコール105mm。1963年の撮影で、8~9ページに掲載します。




東京駅を後にした「つばめ」12両編成です。列車の右手には、京浜東北線南行きの73系と、カナリヤ色の山手線101系が写っています。さらにその奥には東京タワー、手前には建設中の新幹線レールが確認できますが、この本の第四章では、同じ位置から撮影した0系営業車を掲載しています。比較対象すると、興味は倍加するでしょう。
マミヤC3、105mmで、1964年の撮影です。




「はつかり」の試運転が奥中山で行われ、私は国鉄外務部T氏の依頼で撮影に行きました。カメラはやはりマミヤC3です。
3日間撮影しましたが、天候は1日晴れ、1日雨でした。
「フイルム、いくらかかりましたか」と担当から聞かれました。
撮影カットは20枚弱でしたので、フィルム1本半分の代金を述べたところ、その分現金で頂戴しました。その場でポケットから出したお金だったので、文字通りポケットマネーからの支払いだったと思います。
同行した紹介者の黒岩さんが心配してくれました。担当もいろいろ配慮してくれたようですが、そのままでした。組織的に困難だったのでしょう。でも若かったし楽しい撮影行でした。
撮影した晴れたときの写真には、いい姿写真が含まれていましたが、外務部と出版社に行ったきりなのが残念なところです。
しかし、情緒的な雨のシーンとサイドからの写真が1点ずつ残っていたのが幸せです。今回はその2点を使用しました。

ついでに述べるとこのときの撮影は国鉄が海外に知らしめるパンフレットの製作で、「ビジネス特急電車」、「20系ブルートレイン」、そしてこのときの「ディーゼル特急」の3部作の一つでした。
もちろん他の2部も黒岩さんのデザインで、カラー撮影は私が関与しています。
20系の食堂シーンでは、友人やガールフレンドに特別出演(モデル代は私のおごり。京橋の”ささや”という民芸のみや)をお願いしたものです。

これらの一部は数年前に「鉄道ファン」の付録に使われていたので御記憶の方もおいででしょう。




前の3点校正刷りの写真の上に、赤で[解]と帰してあるのは、解像度に注意してほしいと、印刷所に注意を促したものです。
近頃は製版もデジタル化しています。注意しないとこの写真のようにドットが現れてしまうのです。
この写真は校正刷りをカラーコピーしたもので、極端に荒くなっています。
もちろん校正刷りのままでもよかったのですが、[解]は、よりクオリティの高いものを目指している現われの一つと解釈してください。




キハ80系の先頭車、キハ81形の頭を並べました。14~15ページに当たります。
キハ81は全部で6両製作され、「はつかり」をはじめ、「つばさ」「いなほ」「くろしお」などに用いられました。さすがに紀勢線の時代になると、正面に疲れが見えますが、よくがんばってくれた特急です。
文字に赤字が入っていますが、これは最後まで梅原さんが推敲していた証です。彼もがんばりました。



| 出版関係 | TOP↑

≫ EDIT

「国鉄特急」

「あさかぜ」「こだま」に始まる20系から、国鉄終焉の特急まで、庶民の特急を一堂に集めたカラー写真集が、いよいよ発売になります。
1958年から1987年の30年間、一人の人間が憧れを抱いて撮影した国鉄特急の本は、これが最初で最後です。
もしそのようなものが今後出たとしても、はっきり申し上げて写真のクオリティが違います。気合が違います。

版元は生活情報センター。あまり知られていないかも知れませんが、荻原二郎さんの「都電が走った」、吉川文夫さんの「江ノ電」に次ぐ書籍です。
お二人の先輩ファンに負けないよう努めました。
文章は鉄道オールマイティの梅原淳さんです。リンクすれば、彼のHPへ直通特急が走ります。

「国鉄特急」本のサイズはA4正寸、ハードカバー付きです。価格は「都電・・・」などより1200円高くなるそうですが、オールカラーなのでやむをえないところでしょう。
すでに神田の書泉グランデからは、120冊の注文を頂き、ブースも空けているそうです。
このようなことは異例だそうで、担当の営業さん(実はレイルファン)が張り切って語ってくれました。
もうひとつ”実は”を披露すると、社長さんは元鉄道写真ファンです。ご本人ははっきり言いませんが、周囲が認めるところですし、写真を見る目があります。どうやら今も出張のときはカメラを必ず持っていくようです。

「国鉄特急」の表紙文字は、品のよい赤です。ベルベットを思わせるような色彩で、大人の本という感じです。
表紙写真は485系ボンネットの「白鳥」です。
目下、鋭意印刷中。ご期待ください。



データ化されたブローニーのポジ。
「こだま」「とき」や、気動車特急「はつかり」の姿も。




社長さん(右)と、今回のグラフィックデザイナーさんです。




撮影地名や駅名をチェックする梅原さん。
彼は元「鉄道ファン」編集部にいただけあって、このあたり抜かりありません。




「国鉄特急」担当のK子さん。
仕事が出来てチャーミングな女性です。
明日は印刷所で色公正のため、終日出張。ごくろうさま。




原画はすべてポジ。もちろんデジタル化以前のものです。
ルーペで確認の梅原さん(右)と、整理するK子さんの指先。




日豊本線の485「にちりん」。章扉に使われています。



見開きにレイアウトされた「ひたち」。



上の写真は、いまやトロッコ専用となった山陰本線保津峡のDC特急。
下は大阪駅で捉えた字幕の「まつかぜ」。




新幹線の章扉と、「日本海」牽引のEF81。
陰になっていますが、正面はちゃんと見えるようレイアウトされています。




写真は試運転時の「はつかり」。撮影場所はなんと、あの奥中山。
黒岩保美さんに同行した時の写真です。貴重品!


| 出版関係 | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン

鉄橋のラーメン構造のことではありません。今回はフーフー、ツルツルのラーメンの話題で、ほんの息抜きです。
専門家?になると週に10杯以上は平らげるそうですが、私の場合は好きですが、せいぜい1~2杯。それも絶対おいしい店を訪ねるほどの熱心さはなく、まぁ平均よりましなら満足というくらいです。


最初に紹介するのは「魂」。”こん”かと思ったら”たましい”と呼ぶそうです。
さっぱり系の和風味。どんぶりにスープを注ぐと、すかさず軽量スプーンで、茶色の粉末を投入します。どうやらかつおだしのようで、これが和風味をかもし出しているようです。

厚切りのチャーシュウは美味で推奨に値します。
(魂:横浜市・TEL045-913-5987)






恵比寿には有名どころがありますが、パーキングの関係で、その近くで見つけたお店、欣来です。看板間近に入ったため、どんぶりの中身は多少バランスが崩れていましたが、それなりの雰囲気があり、近所の人たちに愛されているようです。経営者は台湾出身。
今度は作り手も食べるほうも、しゃきっとした昼間に訪ねたいと思います。
(欣来:東京都・03-3710-7664)



欣来の五目そば



妻はワンタンメン。私は久しぶりに醤油味のラーメンを注文しましたが、ラーメン以外は大体満足できて、スープも残さずいただけます。白菜と浅利の入った麺は特に気に入っています。
最近は刀切麺(風)も始めたようなので食しました。
店員のうるさいくらいの活気が売りです。
(揚州商人:横浜市・045-594-3670)



揚州商人の醤油味のラーメン



揚州商人のワンタン麺



揚州商人の刀切麺(風)

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

71の”61”

11月19日は、私の誕生日でした。
子供たち夫婦と孫たちが集まって、71歳のお誕生会を開いてくれました。
みんなからのお祝いの品は、写真のトーとバッグ。
銀色の刺繍は”61”になっています。
EF5861だそうです。
大事に使いましょう。
雨ですが、今日はこれをもって、「国鉄特急」の色校正に行ってきます。


| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

12月号をお求めください

「デジタルカメラマガジン」12月号が発売になりました。
先ほど渋谷のビックカメラに立ち寄ったら、ほかのカメラ誌とともに並んでいました。
大判だし、表紙の女性がチャーミングなので、目立っていました。





92~95ページには、ライカのデジタルカメラ、M8の使用記が掲載されています。なにしろ発表と同時に購入を決意、即注文しているだけに真剣レポートです。いい点、悪い点を隠すことなく述べています。





”上は大水、下は大火事”というなぞなぞが昔ありましたが、
M8の場合、”正面はクラシック、背面は最新鋭デジタル”というところでしょうか。

M8のいい点をひとつ。それは見えのいい液晶です。これはすばらしい。しかも鼻の脂、ほっぺたの油で汚れても、ひと拭きできれいになるところが、なんとも素敵です。

来年のフォトコンテストの審査を担当することになりました。私は一般部門を担当します。鉄道写真も、どしどし応募してください。一般作品同様、どんどん取りあげますので、気軽に応募してください。メール応募もOKです。
美人の選者もいますが、迷わずこちらにどうぞ。優秀賞は、なんと3万円。賞金は夢ではありません。
応募要項は197ページに出ています。







広田泉のハッセル使用記は133ページに出ています。興味あるレポートです。


| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

まさかの描写

私たちのHPのギャラリーに、ライカM8で撮影した作品をアップしました。どうぞご覧ください。
「デジタルカメラマガジン」の特写で撮影したもので、
先方の好意により実現しました。ありがとうございます。

今回アップした作品はすべてエルマリート28mmで撮影したものです。
CCDサイズから、焦点距離はフルサイズの1.33倍になるので、実質37mmになりますが、使いやすさを感じました。

このCCDサイズは、なかなかいいところを狙っています。
21mmは28mmの視野に。28mmは37(35)mmに、
35mmは47(50)mmというように、ほぼ1段違いなので使いがってがスムースでした。ライカのCCD、頭のいいサイズです。
これならフルサイズにこだわりません。
スーパーワイドヘリヤー15mmは20(21)mm、ウルトラワイドヘリヤー12mmは16(15)mmです。


M8はローパスフィルターを用いていません。したがってレンズ性能が劣ることなく、ずばり出てきます。同時に35mm、50mも発売されるそうですが、とにかくこの28mmは秀逸です。
ローパスフィルターを省いたことは、後玉が平面的な古いレンズも躊躇なく使用できるということです。ライカはデジタル化してもマウントを変えず、古いレンズを使えるようにしたことも快挙です。

実のところ私自身は、100%デジタル化したものの、古いM, Lマウントのレンズを使用できず、そのまま放置状態にしておくことに、長いこと罪悪感を覚えていました。
ヨドバシでフィルムを購入してM3などに装てんし、フィルム撮影を再び始めたほどでした。
そんなときのM8発表です。正直うれしかったです。

M8を手にて最初に感じたことは、撮る人のことを充分に考えたカメラだということでした。
正面はM3をはじめとするこれまでと同じ面構え。ライカファンを納得せる要素が捨てられていません。生きています。
一方、撮る人が対面するカメラの背は、完全にデジタルカメラです。
だから撮影では、デジタルということをずばり意識して対応できるのです。
巻き上げ装置がなくなって戸惑うという話も聞きますが、ないからデジタル撮影に没頭できるのです。
古さと新しさの融合、それも中途半端ではない。しっかり区別したことに、大きな拍手を送っています。

M8やレンズの価格はこれまでのように、殿様だけにしか買えないような設定ではなく、市場で堂々闘える線を出してきたことに意義を感じました。
ボディ価格はR-D1の2倍、
28mmはツアイスプラナーに接近しつつあります。
第一線復帰のフォースが価格設定にも、にじみ出てきました。
かつてライカは、過酷な戦場で使えるカメラでした。
これからはカメラ市場で戦えるカメラになりそうです。

M8には欠点があります。しかし欠点のない人はいないように、欠点のないカメラも存在しません。
要はユーザーの度量と、付き合い方次第というところでしょう。勤めて、そう思うようにしています。

エルマリート28mmASPHの滞在は、わずか1泊でした。
細かいところは購入後にレポートできればと思いますが、これまでの私のレンズの中でも、1~2を争う先鋭度です。
気持ちのよい描写性能などを、ギャラリーでご堪能ください。

次回はズミクロン、国産レンズでの作品などを考えています。
「デジタルカメラマガジン」12月号とともに、ご期待ください。
なお、この号には、広田泉がインプレッションを中心にしたハッセルの記事・写真も掲載されます。こちらは今回1ページ。
徐々に奥深くまで探っていくようなスタイルになるとのこと。
こちらも個人的に興味があるカメラなので楽しみにしています。


| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

発表会その1

雑誌「鉄道ファン」とCANONでは毎年、鉄道写真コンクールを実施しています。
今年は30周年となるそうで、審査員に招かれました。
写真家の熊切圭介さんとともに厳選な審査に望み、11月11日の発表会となりました。
会場は品川のキヤノンSタワー。近年にない盛り上がりだったそうです。

私のトーク中に、会場の皆さんを、コンパクトデジタルカメラ、IXYで撮影しました。
じつは7~8月に行われた広田尚敬・広田泉鉄道写真展「二本のレールが語ること」でも、壇上の座席から皆さんを撮影しましたが、このときは私の前の列しか撮影できませんでした。
今回は立ち上がって列ごとに撮らせてもらいましたので、“バッチシ”です。















挨拶する交友社、山田修平社長

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

発表会その2

私たちのトークのあと、授賞式とパーティが模様されました。そのときのスナップです。



賞状を読むキヤノン本部長と、副賞を渡す鉄道ファン編集長です。




ゲストの斉藤康一先生と、熊切圭介先生です。




宮田寛之編集長と、今年のミスターグランプリ。



ご来賓の方々。長谷川章さんや久保敏さんのお顔も。



会場とキヤノン担当の秋田さん。



今回はほとんどの受賞者が出席しました。北海道、九州からも参加されました。札幌の方は、丸瀬布の組み写真を捉えるため、車で10回、計6000キロを走ったと語っていました。
写真は長野からの親子。手前の子供をD51キャブに乗せた写真が入賞しました。
親子で鉄道写真を楽しむ様子が、さわやかでした。


| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

まさかの特写

「M8のレポートをお願いできますか」
ある日、そんな電話が入りました。
もちろんお受けします。

すでにM8が発表になったときから落ち着かず
情報を集め一日中悩んだりしていた私。
買うべきか見送るべきか。
買うとしても、その前に実物を使えるとなれば何をおいても頑張ってしまいます。
そのとき、日本には何台のM8が上陸していたのか気になり聞いてみました。
皆無だったようです。
数日後、ライカジャパンから真っ先に手渡されたM8です。



LEICA-1
これがM8です。すでに各雑誌に紹介されているのでご存知と思います。装着してい
るレンズは、新しいエルマリート28mmF2.8アスフェリカルです。小型軽量。
シャープで完全に優等生タイプ。フードはズミクロン35mm6枚玉と同じなので、
間違えそう。



レポート、どうぞよろしくお願いします」「こちらこそ」
そんなやりとりから、3泊4日の滞在となりました。
まだ編集部で姿写真も撮っていない、まっさらの状態でした。
その夜はいい夢を見るために(?) 
M8を置いてある事務室の板の間で寝ることにしました。
この状態は結局3泊連続します。

 明け方、まだ暗いうちに起き上がると、毛布から這い出し、引き出しをゴソゴソ。
手に触れたレンズから、ライツ製ミニ三脚にセットしたM8に次々と装着します。
10本ほどのレンズを開放と2段絞りで撮影していくうちに、
東の空は白々と明けていきます。

因みに健闘したレンズは標準50mmでは
コシナのノクトンF1.5と、予想外なことにズミタールF2でした。
たいしたことはないだろうと、テストの最後。
どちらかというと、ついでに記録したズミタールですが、
ズミクロンよりシャープでしかもボケ味がいいのですから驚きました。
もちろん実戦にも持ち出しましたがそこではなんと、
ニッケルエルマーのほうが総合的に好ましかったのが、これまた意外でした。

露出はすべて絞り優先オートです。
高価なスーパーアンギュロンF4は、
露出計の精度を崩したのか極端なオーバーやらアンダーやらで、
暴れん坊のイメージでした。
やはり後玉が極端に飛び出たレンズの露出は注意が必要です。
スーパーヘリヤー15mmは露出トラブルがありませんでした。



撮影は毎日早起きしました。品川駅で遅い朝食を。M8についているレンズはコシナの15mm。ファインダーはライカの21mm用です。15mmは1.33倍すると、 20mmになりますから。


 今回のインプレッションは雑誌「デジタルカメラマガジン」の依頼です。
12月号に掲載されますが、いい点、
悪い点がすべて削られることなく掲載されています。
よくある“ちょうちん持ち”ではありませんので気持ちよい記事になっていると同時に、
皆さんの参考になること請け合いです。
記事のまとめはフリー編集者の杉浦公一さんです。


雑誌発売に先がけて悪い点を3つ申します。


【1】オートホワイトバランスが、時々しか作動しないということ。
古いカメラは撮れたり撮れなかったりと言われていますが
今回のオートホワイトバランスに関しては、この言葉が当てはまります。
それなら、太陽光で撮影すれば大丈夫だと思ったのですが、これも不安定でした。
数字で合わせるのが、もっとも正しいのかもしれませんが
おそらくこの問題は発売までの間にクリヤーしてくれると思います。
天下のカメラメ-カーです。
だいいち、オートホワイトバランスが崩れているカメラなど、
日本のカメラ市場のどこを探してもありません。
どんな安いカメラだって。

【2】オートの露出は順光線の場合はOKです。
しかし逆光線や明るい空が画面に入ると、極端にアンダーになります。
購入すると常に露出の過不足をコントロールすることとなりますが、
この操作が複雑です。ライカユーザーはデジタル化したといえど年々 高齢化することでしょう。
カメラ界全般の年齢がそうなのですからやむをえない状況です。
弱くなった目で見にくい液晶画面をにらみ、震える指先で細かい設定は、
はたして順調に出来るでしょうか。
かつて、日本のカメラはライカを目標にしました。
どんな小さなメーカーもM3を意識していました。
ライカは今、日本のカメラ技術を真剣に意識すべきです。

【3】メインスイッチは、シャッターボタンの外周に位置しています。
電源スイッチはドライブモードを兼ねていますが、S.Cの先はセルフタイマー。
勢いよくスイッチオンするとセルフタイマーが待っています。またカメラを肩に移動中、予期せずセルフタイマーに入っているスイッチを発見することが数回ありました。
いずれもシャッターを切る前に気づきましたが、ここは困ったちゃんです。
2~3はそのままの状態で出荷されることは間違いありません。
はたして次期M9で改良されるでしょうか。
頑固がとりえのライカですから・・・。

3つといいましたが、付け加えると充電器、何であんなに大きいのでしょう。
出張撮影には必要不可欠ですが、
列車での移動では、持ち運びたくないもののひとつです。
カメラが壊れたり陳腐化しても、充電器だけは残りそうです。


 さてさて辛口で印象を語ってしまったM8。
もうコリゴリなのかと思いきや実は既に予約済みです。
購入に踏み切った理由は
旧スタイルのデジタルカメラがライカから発売されることを待っていたからです。
ライカが気になるカメラであることも、挙げられます。
今月は無理でしょう、M8の発売は早くて年末と自分に思い込ませて、
はやる気持ちを抑えています。もちろん、待ち遠しいのが本音です。

 ここで自分自身に質問。
遅かれ早かれツァイスブランドのデジタルカメラがデビュー するでしょう。
より信頼性が高く、価格は半分ほどで。そのアナウンスが聞こえてきても、
M8を求めますか。

「はい、M8は悪いところもありますが、いい点もいっぱいありますから。
そして・・・何とか工面して、両方欲しいと思います。」
こうしてカメラは増えてゆくのでした。



ライカのショウルームは銀座数寄屋橋近くにあります。2階のギャラリーでは、木村伊兵衛さんのパリを展示していました。手前の写真は木村さんが撮影したブレッソンです。



ショウルームの1階には、木村さんがお使いになったM3が展示されています。とても大事に使っていたようで、傷も目立ちません。しばし眺める価値がありそうです。



ライカの方々と私です。手にしたM8には、ズミクロン50mm固定式を装着しています。たまたま居合わせたCAPA編集部の杉山さんがシャッターを押してくれた記念写真です。彼、ライトの吟味などさすが本格的です。

| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

3本脚

友人の吉木康雄さんから
面白いメールをいただきましたので
ご紹介します。


▲吉木康雄さん

カメラをやってると三脚の重要さを経験することが少なくない。
3年前に北海道の北端の利尻岳(1719m)頂上に
あのジッツオを持ち上げたおばさんにお会いして
思わず敬礼してしまった。

然し中高年登山のわれらには
1日1.5Lの飲料水も負担となって三脚の余力が無い。
そこで思付いたのが登山ストック3本を使う年寄り三脚。
都合いいことに近頃は皆さん同じ種類の2本杖を両手に持っておられる。
私は同道の家内のを1本借用している。


▲杖3本を3つ巴に握ってカナメ部を長さ40cmのマジックテープで絞めくくる。


▲雲台は正三角形のベニヤ板。カメラに合わせて穴をあけカメラネジ(400円也)で固定する。1眼レフなど重量級は重さで収まるがコンパクトデジカメは不安定だけでなく山の風でとばされるから雲台は必要。

これだけでもいいが、より安定させるため予め各杖側のカナメ部にもオスメス逆のマジックテープを接着しておくと、ずれないでよく絞まる


▲山の記念撮影にはお互いシャッターを押し合っている。ご好意は有難いが技量がイマイチのことも多い。

デジカメが主流になっても
このにわか3本杖方式で1000万画素時代の作品が楽しめそうだ。
一度山ゆきの方 お試しください。         吉木康雄


 

| 未分類 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT