FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レオタックスFは・・・

頂戴した レオタックスF、2晩枕元に置いて寝ました
夜中に目を覚ますと、やおら手を伸ばしてカメラを引き寄せます
巻き上げてシャッターを何回も切り、
再び眠りにつくわけです

そうした中で、大発見がありました!
歴代のカメラの中で、最も手になじんでいるのは レオタックスだった、ということです
ニコンでもキャノンでもライカでもない、レオタックスなのです

人形町の喫茶去で最初に手にした時から、絶対値の感触を把握していましたが、
家でほかのカメラとの、相対値を知ってなおのことその思いと感触は間違えないものとなりました

プロトタイプのライカと比べると(実測)、

3F  420g
3G  450g

ところがレオタックスは 490g あります
ボディも大柄です

218P1000115 - コピー
上のレオタックスのほうが大きい
緻密な部品造りが不可能だった時代感が読み取れます

218P1000102 - コピー
奥のレオタックスのほうが やはり大きいですね
手前はライカ3F

なのに重さは感じないし、ファインダーを目に近づけるスピード、正確性は最も早く、安定しているのです。
慣れなど、こちらの要因もありますが、カメラのバランスも関係ありと感じました

カメラ部品の中で最も重いものは底部に収められ、次いで重いものがトップに集中しているようで、
体の正面で露出などの操作後、顔面に密着させる運動が、ものすごくスムーズなのです
天を向けたレンズ部を、顔への移動中水平にする ひねりにも強いようです

寝ている子供を抱き上げるのと、起きている子を抱き上げる差にも等しいと感じました。
ライカは寝ている子なのです
半面、レオタックスは起きている子でした!

ライカはすべて処分して、レオタックスだけ手元に置こうかな・・・
私の中で 一大革命、いや一台革命、が起きそうになっています

218P1000117 - コピー
「日本カメラ」2月号に掲載させていただいた、レオタックスFによる、ファーストショットと
今回のレオタックス

鏡の中の私の手に、兄弟たちを撮影したレオタックスが見えます
1957年3月26日のことでした





| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

レオタックスFが帰ってきた!

早いもので2月も17日になりました。
昨日はまず、仕上がったプリント10組を持ってNikonミュージアムへ!
ウイクディの早朝なのに、お客さんが何組かいらっしゃいました。
一通り見てから、秋葉の2階へ・・・

217P1000044.jpg

プリントインクが切れそうなので、とりあえず、
ピュアブラック2、グレー1を求めてから人形町へ。
「日本カメラ」連載の、4回目以降のインタビュー記事をまとめていただく聞き取りです。

12:30分の集合。
編集の大谷さんと、ライターの上野さん、3人で向かった先は天ぷら屋さん。
カウンター7人の小さな しもた屋で、知る人ぞ知るという感じ。
入り口に並んで待っての味わいは、なかなかのもの。エビがおいしかった!

そのあとは例の〝喫茶去”でコーヒーをいただきながら
希望に即した話を2時間ほど…

その席で、なんと!!
2回目の記事に出てきたレオタックスを
頂戴しました!

ジャンクで入手したものですから気にしないでと言われましたが
完動品、感動品です!
ファインダーもきれいだし、シャッターも B, 1秒 からすべて動きます。

レオタックスは「日本カメラ」の記事にもありますが、思いで深いカメラなのに、人に貸したら
帰ってこなくなってしまったという経緯があります。

というわけで、ご担当がプレゼントしてくれたのです。
これまで私は人にカメラを差し上げたことは数回ありますが、
いただいたのは初めてのことで、感激しました。
うるっとしました。

写真を見てください。きれいでしょう。
ご担当が磨いてくれたのです。

217P1000046.jpg
217P1000047.jpg

昔私のレオタックスには、トプコール50mmf3.5がついていました。
とりあえず手元にあった、同じ4枚玉のエルマーを装着してみました。
距離計は、ばっちりインフが出ます!

217P1000076.jpg
217P1000060.jpg

このままの状態で時々使う飾り物にするか、それともシャッター幕などを交換し、リストアして使わせてもらうか、
嬉しく悩んでいるところです。


ちなみに
モノクロ35mmフィルムは、現在市場に50種類くらい出ています。
常時4~5種は手に入ります。

ネガカラーも出ています。チャンプに持っていけば40分で現像してくれます。
リバーサルカラーも入手可能!






| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

NIKON S型

nikP1320515.jpg

ニコンS型が昨日入線しました。
Nikonの名を世界に知らしめた名機です。
もちろんフィルムカメラ。ヘビー級で重さは50mmf2付きでおよそ800g。
シャッターを修繕すれば実用に値します。

シャッターはオイル切れでしょうか、あと幕が追随しません。それから最高速度の1/500秒が開きません。
S型はゴム引き布幕シャッターの経年変化が起きやすいといわれていますが、見た目はそんなダメージを感じさせません。
レンズも黄色味もなく、きれいです。

nikP1320523.jpg
nikP1320519.jpg

当時の最高速度は1/500まででした。
私の周辺のレンズシャッター機は、早いものでも1/250止まりでしたから、高速です。

nikP1320530.jpg

ニコンは7月末に100周年を迎えました。
新宿のNikonギャラリーもリニューアルオープンして、その記念行事にも参加してきました。
スピーチで最も緊張していた方は、ニコンの社長さんでした。
さもありなん・・・

nikP1320525.jpg

nikP1320535.jpg
nikP1320540.jpg

購入したSには、皮ケースとこれもオリジナルのキャップがついていました。
ニコンは物を大切にする会社で、その思想がユーザーにも行き届いているようです。

S系カメラの修理は、ほぼ完璧です。
ニコンOBが興した修理工場が大井のニコン通りにあって、いまだにS系の修理も可能なのです。
部品もかなりそろっていて、シャッター幕交換などはお手のもの。
もっとも2か月かかるとか、おじいさんたちがじっくり取り組んでいるので、やむをえないところでしょう。

ニコン S系は、I、M、S,S2,SP、S3、S4、と進化しましたが、
製造中止になってから数年後に、S3、S3ブラック、SP、が復刻されました。
当時の価格は50~70万円!

それが最近、中古市場に出てきているのです。
程度にもよりますが、かなり上物で、レンズ付き 15万~19万円です。
もちろん新品同様となると、100万円はするようですが、
最初期の I型はマンションが買えるくらいの価格といいますから、それに比れば安い。

私の S型の価格ですか?
静岡県のお店からのネット購入で 5万円でした。
シャッター幕交換代は 5万6000円なので、う~ん です。

半実用でしたら、程度の良い復刻機を買うほうが、ずっと利巧かもしれません。



| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

EOS 70D

D70が家にやってきました。
メーカーから直接ではなく、出版社を通してです。
広角レンズも同時に来ました。

泉はまだ見てないだろう、連絡してみるか・・・と思いながら、CAPA最新号を何気なくぱらぱらめくっていたら、なんと、70Dで撮影した、泉の作品が掲載されていました!

さき越された!

DSC05881DD.jpg
DSC05882DD.jpg

| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

RX1

昨日、写真週刊誌から連絡がありました。
SONY RX1 の「開発秘話」を掲載するので、使用感を電話インタビューしたいという内容です。

RX1 R が発表されたことだし、タイミング的に良いなと思いながら、
OKのメールを返信したら、直ちに電話がありました。

早速いろいろお話をしました。
知っていること、感じていることを10分ほど・・・

掲載は、来週金曜日発売の「フライディ」です。

どのようにまとめられているかは不明ですが、
ご覧になってください~


| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

ソニーの新しいカメラ「RX1」の”姿”

w11.jpg
今日は、ソニー、サイバーショットRX1の、一般公開と発売が開始される記念日です
そこで、すでに私の手元に、作品制作用に来ていたRX1の姿をアップしました
これが、ケースに入った姿です

皮の香りのする、シックないでたちです
クロスで裏打ちされた高級感のある仕上がりで、縫い目などは目立たない位置で包装されています
裏を返して驚いたのはそれだけではなく、カメラの軍艦部というか甲板の器具に影響がないよう、ケースの角に肩パットがつけられていました
細かいところにも配慮が行き届いていています

w12.jpg
ケースの表カバーを外した姿です
先日までの撮影では、名前を黒紙で覆っていましたが、今日からオープンです
秋の朝日をあびで、実に伸びやかな印象です

w13.jpg
作品制作中は、まだ細かい部品が仕上がっていなかった関係で
フードは自前の49mmを使用していました
ジャンクボックスをごそごそしていたら、リンホフマークの品が出てきました
いつ買ったものだろう・・・

w14.jpg
w14.jpg
あれれ、同じ写真が2枚アップしてしまいました
専用フードがアピールしているのかな
写真で見たとおり、フードには穴が開いています
軽量化でしょうか、これがレンジファインダー機の、ライカはズミクロン用を髣髴させてくれて、いい感じです
そして使用感は、確かに専用が優れているのです

リンホフはスクリューなので、フードを外さないと、キャップの装着ができません
ところが専用はバヨネットになっていて、きちんとキャップでカバーできるのです
しかもこのキャップ、ちょっとした存在感があって、人気です


w16.jpg
w17.jpg
外付けファインダーは、2種用意されています
まず、写真のこちらは光学式のファインダー
覗いてびっくり、裸眼より明るく見えるのです
ライカの外付け50mmファインダーを髣髴させます

それから、フィルム巻上げレバーを思わせるノブが面白い感じです
ここに親指をあてがうと、カメラが安定するというのです
使用しないときは、左に折り曲げてカメラに密着収納するため、撮影の邪魔にならないそうです
なるほど確かに、言われるとおりでした
でも、EVFを装着したときは、かっこいいのに残念使えません
ノブは賛否両論ありそうですが、遊び心があってカメラそのものが好きになりました

w18.jpg
w19.jpg
EVF,エレクトリックビューファインダーは、作品制作時に仕上がっていたら、重宝したと思います
屋外で予想以上に活躍してくれたでしょう
実際あるはずのタイムラグは、無に等しいくらいで、部品の中では最もお勧めの製品です
私もこれは第一に欲しい!
しかし、カメラに装着すると、出っ張るので要注意
私は5n用を持っていますが、使い始めてすぐにぶつけて、破損を生じてしまいました
ほんのわずか、部品が欠落しただけですが修理は利かないというので、そのまま使用しています

今回のEVFのいいところは、裸眼、めがね使用の両方の接眼フードが用意されているところ
細やかな配慮です

ファインダーはどちらをどう使用するかは、カメラをどんな目的で使うかによって異なるでしょう
しかし、被写体距離が10m以上が多い場合は光学ファインダーが有利
近い被写体が多い場合は、EVFが便利です

w20.jpg
いずれのケース(共通サイズ)も、長編から、ぱかっと開けるタイプで、車のボンネットみたいです
ここらも使っていて楽しめるところでしょう

w21.jpg
軍艦部のレイアウトです
これがまた使いやすかったです
レンズ性能が抜群によかったので、ほとんどの作品は開放で撮影しました
そのため、シャッターはA
面白いようにどんどん撮れて、だめ写真を消す暇も惜しい感じでした

w22.jpg
背面レイアウトです
カメラを肩にして歩いても、設定が動いていたということは皆無でした
その点だけとっても、使えるカメラです
右肩の赤ポチは、動画のスイッチ
動画の露出はオートのみですが、試してみました
積極的に・・・

w23.jpg
電池は4つ用意してくれましたが、3つだけもって旅に出ました
でも、4つ持っていた方がよかった、というのが正直なところ
消耗が早いというより、どんどん撮れてしまうのです

w24.jpg
これが人気のキャップです
金属製で、質量は30g
普通のプラスチック製は、おおむね10gですから重いけど、目くじら立てるほどではありません
プラスチック製の代替製品は、量販店で入手できるかもしれませんが、絶対なくしたくない部品です

さて、そろそろ15時も近くなりました
予約殺到の人気商品だけに、すでに入手して感触を確かめている方もおいででしょう

ブログアップしてもよい時刻と思いますが、明日は作品制作で撮影した写真をアップします
でも使用候補作品はさておいて、それ以外のアザーフォトをご覧いただきたいと思っています

お楽しみに~

| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

canon EOS M !!

EOS-Mが出るそうです
ライカM ならぬ、イオスM です
レンズ交換式の、ミラーレスです

これまで、ミラーレスはオリンパスなど”5社”が製品を作ってきましたが
これで、”6社”になるようです
ミラーレスも、”拍車”がかかってきた?

姿を見る限り、エントリー用という感じです
オリンピック観戦や、ロンドンツアーにはいいかもしれません
いずれ早いうちに、上位機種もお目見えすることでしょう

マウントは、新M となっていますが
ライカMとは違うようです
レンズのサイド写真を見る限り、ライカMのようなマウント部の厚みはありません

とりあえず、同時発売のレンズは
18-55mm、22mm の2本で、22mmはパンケーキです

パンケーキの焦点距離を見る限り
センサーはAPS-Cというところでしょうか

ちなみにAPS-Cの、ソニーNEXパンケーキは、16mm
フォーサーズのオリンパスパンケーキは、17mmです

ストロボは外付け

デビューが楽しみな1台です


| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

CANON EOS-1D X

新しいキヤノンのカメラ、EOS-1D X が発表になりました
1810万画素、最高速連写は12こま
スタートラインを一歩下がってダッシュしようというような性能です

とりあえず第一報
来年3月の発売が楽しみです!

| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

新しいカメラ

すごい雨ですね、昨夜から
わずかに残っていた樹々の紅葉も
この雨で、すっかり冬支度に入るでしょう

ひと月ほど前から「行きましょう、申し込んでおきますから」
と、中野サンプラザで開かれる新しいパナソニックのカメラ発表会に誘われていました

ちょうど月刊「カメラマン」誌から、ルミックスDMC-GH2の撮影以来があり、使用するチャンスがありました
きっとこのカメラだろうと
「行きましょう」と返事をしました

使用したGH2、バランスはいいし、とにかくAF速度の素早さには息をのむほどでした
レンズは4本すべて使用しましたが、全部を持って歩いても疲れないほどの気軽さでした
EVFの見やすさはダントツナンバーワン!

だけど、欠点がない訳ではありません
撮影中に背面のノブなどに手がふれ、いつのまにやら設定が変わってしまうのです

なにか私の知らない防御策とか使い方が分かるかもしれないと、この日を楽しみにしていました

ところがです
発表解説するカメラはビデオでした!
どんなものなのか私には分かりません
発表会の内容から、プロ使用かもしれません
放送局で使うようなどっしりしたのでは興味もわかないでしょう

でも今更キャンセルとも言えないので
雨に打たれて行きましょう
とほほ、、、

ところで、月刊「カメラマン」誌には無事、入稿をいたしました
一般性を重視し、ファン目線で撮影したものと、少しハードな大人目線で撮影したものの2テーマを出しましたが
誌面の性格上、誰にも分かるファン目線の写真が選ばれたようです
発売日は聞いていませんが、おそらく来年早々でしょう
あるいは編集がんばって年末ぎりぎりか!
「カメラマンムック/GH2」とまぁ、こんなタイトルです
ご期待ください

| カメラ | TOP↑

≫ EDIT

SONYα5

アルファ5が、ふらりとわが家にやってきました
さっそく何枚かテスト撮影をすることに・・・
まずは車です

sonyDSC00065.jpg

それから近所の公園の樹木やら横丁やらを撮ってみました

とにかく小さなカメラです
しかし映像にゆとりがありました
車のラインに無謀なエッジは見当たらないし
木の葉を撮影したショットは、きちんと葉の一枚一枚がしっかり分離していました
ズーミングがこれまたすばらしい
大変にスムーズに回転できて、澱みがありません

なんだか楽しそうなカメラで
これまでこんなカメラがあることを気づきませんでした

ちょっと驚き!

| カメラ | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT