| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最終トーク

品川の Nikonミュージアムでのトーク、おかげさまで最終回を迎えました
最初の上島さんとのトークは、まだ寒風吹きすさぶ1月のことでした
今回、山下さんを迎えてのトークは、そろそろ桜の開花もまじかと 春の兆しです

今朝はとてもいい天気ですね
午前中はどこかで撮影
昼からは Nikonミュージアムでお楽しみください
会場はすでに満席ですが、隣の部屋の大きなモニターで 有線中継をご覧になれます

前回お話しした ビエゾグラフィーもありますし
書籍をお買い上げの方には、オリジナル カラープリントがプレゼントされます

どうぞよろしく~

| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

CP+終わりました

土曜と日曜、CP+でトークを行いました
タイトルは「GH5で二刀流」でした
持ち時間は40分ですが、いずれもオーバー
例によって、、、

でもなぜか今年は 調子が上がりませんでした
反省です

おいでくださった神谷さん、山本さんから当日の写真が送られてきました

CP_180303-174936-P3030051_s.jpg
CP_P9980560a.jpg
CP_180303-165425-P3030042_s.jpg
CP_P9980596a.jpg
CP___180303-185331-P3030054_s.jpg

反省会は 日本丸の夜景が見える「阿里山」で・・・

| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

Nikonミュージアム 10 トークの後は

24日は、ミュージアム2回目のトークでした
2時間の予定が、2時間半になってしまいましたが、皆さんお疲れの様子はありませんでした

終了後は、1回目と同じように地下にある「ライオン」で乾杯
ビール無料券を21枚持っている人がいて、飲み物はこれで全部賄えたようです

無料券、実は1回目の時、くじ引きがあって、これだけため込むことができたのです
人数も20人くらいいたし・・・
今回はそうしたくじ引きサービスはありませんでした

21820180224_ニコンミュージアムトーク後打上げ

この日のメンバーです
私の右隣が、本日のゲスト、Nikonフェローの後藤さんです
いいお話をたくさん聞かせていただきました
その右隣がミュージアム副館長の長田さんです

こちらの会場では、毎日新聞の米田さん(後列右端)から取材の苦労話やとっておきの情報などをたくさん聞き、時のたつのも忘れました

3回目のゲストは、山下編集長です
両会場とも、盛り上がるだろうなぁ・・・






| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

NikonD850

今週の土曜日、2月24日は、Nikonミュージアムでトークショーがあります。
今回のゲストはNikonのマイスター、後藤さんです。

トーク会場はすでに満員ですが、
オーディオルームにライブ中継しますので、こちらでご覧いただけるそうです。
早いもん勝ち!

後藤さんと、少しは話がかみ合わないといけないと思い、
泥縄で最近のNikonを勉強中です

217P1000064.jpg
217P1000067.jpg
217P1000069.jpg
217P1000065.jpg


D850は、フルサイズで4K動画が撮れるそうで、興味津々

ところで明日、22日は、昼頃からNikonミュージアム会場にいます
4:30ころから中学のクラス会があり、小規模のギャラリートークをいたします
脇で一緒に聞く分には構いません

どうぞよろしく~





| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

ニコンミュージアム3

ニコントークショー、1月13日に、
上島さんをお招きし、賑々しく開かれました。
定員30名。席は満杯、立ち見の方もいらっしゃいました。
1時間の予定が倍以上に!
でも皆さん熱心に聴いてくださり、途中退席皆無、
たち見の方々には、お疲れになったこととお察しします

aaニコンミュージアム上島さんと180113-151842-P1130005_s_1
aaニコンミュージアム上島さんと180113-151840-P1130004_s_1

もともと鉄道写真はアマチュアのもの、というコンセプトで
、第一回のトークはアマチュア代表の上島さんにお願いしました。

写真は磐越西線C57の夕景、上神梅の駅舎だけの写真、
それから海外の写真など、皆さんの興味をひきつけていました。

また上島さんのトークを聴きたい、作品ももっと見たいという方々が大変多く、嬉しく思いました。
機会を見つけたいと思います。

予定されている2回目のトークは、ニコンの後藤さん、
3回目はネコパブリッシングの山下さんとのトークが決定しています。
すでに満員ですが、立ち見は可能です。
(でも10人くらい)

写真は終了後、神谷さんが撮影してくれました。





どうぞよろしく~

| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

あと数人・・・

明日日曜の夜開かれるトークショウ、いくつか空きがあるようです。
一昨日の情報では、60名定員のところわずかですが 4人とか空いているそうです。

http://tec.nifty.com/event/general/21877

場所は渋谷の 東京カルチャーカルチャー
18時からです

お盆だし、新盆の方も仲間内にいたので、積極的にお誘いしませんでした。
ここにきて、お時間ある方、ぜひご参加ください。
会場では、飲めます。

私どもも、ビールなど飲みながら語ることになるのだそうです。

どうぞよろしく~



| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

東京カルカル

yimage1.jpg

国鉄電車を熱く楽しく語る夜!
という企画が進行しています。

8月13日。

パネリストは、JRRの坂さんと、テレビでおなじみ梅原さん、そして私で、司会進行はフォトライターの栗原さんです。
坂さんは、あまりこうしたところに出ない方だし、今後もわかりませんのでチャンス!
しっかり彼の知識と人柄をゲットしてください。

坂さんのこと知らない人はいませんよね。
毎年交通新聞社から発行されている「編成表」「座席配置表」など、すべて彼が単独で取材し、構成出版している大ベテランです!

http://tec.nifty.com/event/general/21877

このサイトが開ければ、会の趣旨や規模がわかりますが、
会場は・・・

「東京カルチュアカルチュア」、渋谷にある楽しめるイベントホールです。
タレントのなんやら発表なども、ここで行うことが多く、業界では渋谷のカルカルと呼ばれています。
駅から3分ほど。

そうだ、今回は使用したカメラを公開しましょうか。
世界に一台しかない貴重品です。
併せて撮影した原画、フィルムもお見せします。
こんなサイズのフィルム、おそらく初めてという人も多いと思います。
もちろん、撮影テクニックもご披露しましょう。

お楽しみに!


| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

トーク、二人のピンチヒッター

先日、飯山線と只見線を撮影に行ってきました。
案内は高野陽一さんと永井美智雄さんです。

永井さんは、新潟来迎寺にお住いのシェフで、レールマガジンの常連。ほかの人には撮れないような作品を多数発表しているベテランアマチュアです。
高野さんは都内在住、私も所属している日本写真家協会会員のプロ写真家です。大のSLファンですが、鉄道は趣味としてお付き合いしているようです。

このお二人を中心に、1泊2日の撮影行をこなしてきました。

yIMG_0692.jpg

中央でおどけるのが高野さん。右は山本さん。
トークの中身はこの撮影行を通して、SL撮影の楽しみ方取り組み方など。
また二人の壮絶な人生と鉄道写真の接し方などに話が及びそうです。

yIMG_0649.jpg

替佐駅を撮影中の私です

yIMG_0771.jpg

高野さんが手にしたモノクロ写真は、最後のSLを求めて室蘭本線を歩いた時の写真です。
偶然彼らと出会っての記念写真。
カラー写真の前列左、ストライプのシャツが永井さん。

高野さんはたぐいまれなるキャラの持ち主で、楽しい撮影を演出してくれました。
いつか一緒に仕事をしたいな、と心の中で感じていましたが、ひょんなことからそれが、素早い実現となったのです。

今回のトークを二人、ということです。

実は、昨夜アップした、みどりアートセンターの撮影会や写真展は、泉がすべて行うことになっていました。
ところが直前に体調を崩し、急きょ手術も、となったのです。

写真展の飾りつけは、本人が無理して駆けつけましたが、
細かいところや撮影会の段取りなどは、泉の会のメンバーが総力でフォローしてくれました。
ありがたいことです。

2日間に及ぶ撮影指導は、万難を排して私がピンチヒッターとなりました。
90分のトークは、ひらめきましたねぇ。
急だけど高野さんにお願いしたところ、ありがたいことに快く引き受けてくれました。
感謝です。
感激のピンチヒッターです。

皆さん~
この二人が、三振するか、ホームランを打つか、見に来てください!

6月3日(土曜)
14時~16時30分
横浜市緑区民センター みどりアートパーク
入場料800円
(撮影会の8000円に比べたら、800円は安い~)

申し込み
045-986-2441
受け付けは9:00~21:00

長津田駅下車
北口を出ると屋根付きの歩道橋があります。
30階建てのタワーマンションの右がマルエツ。
会場の区民センターはその右隣です。

若干ですが内野席、あるそうですよ!

ご心配をおかけした泉の症状は、
おかげさまで手術の必要もなく本日退院、走っても大丈夫と医者に言われたそうです。
大事はとると思いますが、3日には会場に表れ、写真展のフロアートークなどに興じるやもしれません。

皆さん、このたびはありがとうございます。
心から感謝いたします。








| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

鉄道風景:29 CP+のトークスナップ

皆様白熱の中、今年のCP+も終わりました。
応援ありがとうございました!

会場スナップが、山本和明さんから送られてきましたので、すべてアップします。

とくに、25日のトークにご参加くださいました方々は、収穫大だったと思います。
普段聞くことができない内容がふんだんに盛り込まれていましたので。

CP_P1060413_R.jpg
CP_P1060418_R.jpg
CP_P1060421_R.jpg
CP_P1060426_R.jpg

冒頭、最新撮影の「瑞風」をみていただきました。
これらは今にも雨が落ちてきそうな状態での撮影条件でしたが、この通りGH4できれいに撮ることができたことを説明しました。
最新型のGH5ではなく、GH4にした理由は、取材陣が200名ほどとあまりにも多いため、発売前の機材を晒すことに躊躇したからです。
色彩量、画質、シャープネスなど、GH5のほうが圧倒的にいいことはわかっていただけに断腸の思いです。
でも、GH4でもこの通り。おそらく今後、他の方々のフルサイズカメラで撮影した写真が雑誌に紹介されると思いますが、これらGHの映像よりきれいな写真はみなさん見られないことでしょう。
こうした客観的鉄道写真は、腕と使いこなしの適格性が問われますが、カメラ選びが大事なのです。

CP_P1060440_R.jpg

この正月、泉の写真展を見た帰りに撮影した、大阪環状線の新車、323系です。
これもご披露。

CP_P1060462_R.jpg

上越線C61+旧客を、60P4K(3840×2160)と、24P4K(4096×2160)撮影をご覧いただきました。

CP_P1060471_R.jpg
CP_P1060479_R.jpg
CP_P1060496_R.jpg

一昨年秋、GH4で撮影した映像も見ていただきました。タイトルは「二刀流 中山道で 秋を舞い」。
この4K撮影動画から切り出したスチール画像を印刷したそのものを直接見ていただきました。
この通り、動画から切り出したものが印刷できるのです。もちろんプリントも可能です。
ちなみにタイトルの 「二刀流」 は、静止画、動画の二通りを同時に得られるという意味です。

CP_P1060502_R.jpg

他にもいろいろ見ていただきましたが、最後は泉の動画で締めくくり。
26日は、もう一本泉動画を皆さんと見ましたが、普段の鉄道風景を感覚的にとらえられていて、見事でした。

今年のCP+も堪能していただきましたが、来年もご期待ください。
今から、皆さんに見ていただく動画、静止画を制作していくつもりです。

ご期待ください!!

| トークショウ | TOP↑

≫ EDIT

CP+ 今日まで

panaPNBB2002.jpg

昨日、GH5のトークをいたしました。
泉と掛け合いです。

今日も 11:50分から1時間近く皆さんとお話をします。
与えられた時間は40分ですが、多少の延長はOKとのこと・・・。

パナソニックブースは、例年になく広い感じがしましたが、
トークの場所は逆に狭くなっていました。
でも始まると、たくさんたくさんの方々!!
カメラ展示のブースまで埋め尽くされました。

熱心な方々に囲まれ、幸せでした!

写真は開始直前の会場です。
GH5で撮影しました。

今日もお待ちしています~


| トークショウ | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT