| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

EOS40D 実写 パート2

乗換駅、大井町で実写を試みました
ここの撮影位置は乗客の妨げにはならず、危険のないように穏やかに撮影している分には、好ポイントです

まずは乗車してきた急行折り返しを、後部からテーク1









左端ぎりぎりの撮影は、当然ファインダーでは切れています
ファインダー視野率は100%ではありません
勘を働かせたのですが今一歩でした
こういうのは慣れれば問題ありません

4枚中、後半2枚はアウトフォーカスです
すぐに原因は地上右側、銀色のリレーボックスと気づき
フォーカス位置を右手に限定して次のショットを待ちました
テーク2です

















ピントはばっちりきました
快晴順光ですからこれでエラーなど考えられません
しかし撮り手が慣れていないため、ズーム速度を誤りました
直径の細いレンズは、回転速度をゆっくりめにしないといけないわけですそれに、減速の放物線を捉えることが出来なかった、この2つがいけませんでした

次の電車を待ってもう一度トライすれば済んだのですが
先を急いでいたので、いずれリベンジを

レンズは17-85mm
さすが色はきれいです
私の所有しているズームレンズの中では、もっとも抜けがよく
色上がりも飛びぬけてきれいです

こうした撮影では4辺のボケはまったく気になりません

| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

SIGMA DP1 入線

シグマDP1の新車が配属されました
1番線にD40
2番線にEOS40D
3番線にDP1
揃ったところは、思わず地方の瀟洒な駅を連想します

これから試運転やら本線運転に活躍することになりそうです
脱落車はまず、いないでしょう
ようは、いかに実力を発揮させるかで、運転者の力量にかかってきます

もっとも某西のほうの鉄道のように、運転手の腕ではカバーしきれない慢性的な遅れが出るような過酷なダイヤは組みません
鉄道は、乗客と車両や乗務員が大事です。写真も事故やトラブルが発生しないようにしながら(いたわりながら)、性能発揮に勤めましょう










| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

「岩波写真文庫」続々

その後の岩波写真文庫が送られてきました
2セレクション、10冊です

最初のほうは写真家の田中長徳さんの選んだもので、「写真」「レンズ」「パリの素顔」などです
これらの復刻版には、選者からのメッセージが各号に記されていますが、田中さんの短文がすばらしいのです。中味を更に興味深く味わえる内容で、ほれ込みました



川本三郎さんのセレクションは東京ものがすべてですから、都電などが随所に登場しています
興味を引いたのが「川」。隅田川を扱ったもので初版が1950年
撮影に当たっては上流、中流、下流と3人で手分けして撮影したそうですが
上流の荒川では秩父鉄道が登場しています




この撮影地はご存知でしょう


むむ、これは道路からですね。これも駅間は分かりそうです


発電所のパイプ脇(すぐ右側)にレールが写っています。ケーブルカーか?

ところでその昔、フレーベル館から、多摩川の源流から河口までの写真集を作ってほしいと提案がありました
人に譲ったのですが、うまく進まず沙汰闇に・・・
「川」を見ていたら、そんなことを思い出しました

岩波写真文庫、まだまだ続くそうです
今度はどんな選者がどんな本を復刻するのでしょう

| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

「電車大集合1338」が再販になりました



この書籍は、日本中をくまなく巡り、元気に活躍する電車、列車を
ほぼすべて網羅したものです
撮りおろし
なかなか濃い内容です

たとえば近鉄
特急車や団体専用車はもとより、各停用の電車もしつこく狙い、60系列を掲載しました
大阪名古屋線、奈良京都線、南大阪吉野線、けいはんな、伊賀、養老、八王子の各線の活躍している姿が見られます
それから一昔前の姿もいくつか・・・









すごいでしょう
JRも私鉄もこの調子で、全272ページにわたって収められています

ABのワイド版 本体2800円(税込み2940円)です

| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

小田急通勤車、再び

明日朝、早く家を出ることになりそうなので、とりあえず、
先日アップした小田急4000系4551の車内写真を続けてご披露します。
同じときに撮影したものです。


これは連結面に設置されている、シルバーシートです。オレンジ色が目印。


そのつかまり棒。手が滑らないように凹凸がついています。


このシートは折りたたみ式です。車椅子対応で、窓上に横長のつかまり棒もついています。


後部運転台を客室から撮影しました。
4000系はコストをかけず、上手にまとめられている印象です。

| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

231系続き

231系の改良車、山手は4編成になりました。
これで日中1時間ホームに立っていれば、まぁ見ることができるでしょう。
しかし遠目ではなかなか区別できません。
総武線は10本変わったとか・・・。御茶ノ水で見ました。1編成。

| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

今日は円月



本日(5日)は新宿御苑の円月で写真展トークがあります。
スーパー司会が杉崎さん。
特別ゲストが矢野さん。
そして私たち親子の4人です。
15時からおよそ18時までのロングランになりますが、
普段おしゃべりできないような内容もあるかもしれません。
飛び入りゲスト大歓迎。

なにぶんスペースが狭いため、先着60人とさせていただきます。
椅子は70歳以上の方々を対象にしたシルバーシート。
もしかしたら皆さんには床に座っていただくこととなりそうですが、どうぞご理解くださいますように。

それでは会場で。

| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

桜、撮る パート2

29日、前日に続いて桜咲く電車を撮りにでかけました。
とてもいい天気です。


まずは田園都市線鷺沼で。
こちらの樹は7分といったところでしょうか。
9時になると駅前のバスも少なくなってこのように見通せます。
8時台は梶ヶ谷行きのバスが手前に次々やってきて、この位置からは撮れません。20分ほど待ってやっと1枚。


大井町線から池上線に入りましたがいまいち。
蒲田から大倉山へ。でも2分咲き程度。
そこで多摩川の公園へ。
ここの樹はまだひょろひょろでボリューム感に欠けますが、一応撮影。


次いで田園調布へ。桜は旧駅舎(写真)の後方、住宅地にありました。
電車とはからみませんが、昔からの住宅地のたたずまいが、いい感じでした。


五反田へ。
川沿いの桜は6分咲きといったところです。K橋(上から見るとK字型の構造になっている)から撮っています。この位置から振り返るとJR山手線の橋が見えます。223やら205が。


川沿いには道があって、山手線の橋の両サイドは暗渠になっています。
ともすると暗いイメージの場所ですが、小学生の絵が明るさを誘っています。
橋は1991年製造。絵は2000年の制作です。池上線の電車がチラッと。





| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

桜、撮る

桜を撮りに出かけました。
少し早いと知りつつ・・・。


田園都市線鷺沼駅前です。やはり少し早い。


山手線巣鴨です。ここは金網越しに撮りました。6分咲きでした。
駅前は待ち合わせの老人たちで大混雑。


日暮里駅前です。
ビルに囲まれて暖かいのか、満開でした。
もっとも朝見た鷺沼の桜も、帰りには8分咲きになっていましたから、この日の暖かさで、ぐんと開いたようです。
今日、29日は昨日にもまして暖かだと、「朝ズバ」の根本さんが言っていましたから、満開に近づくでしょう。どこも・・・。


王子で8500が2台そろいました。こういうのって、結構珍しいんです。GRデジタルでおさえました。JPEGです。
このカメラ、RAWも撮れますが、書き込みに30秒ほどかかるので、次のショットが狙えません。結局最近はJPEGばかりで撮っています。

| 未分類 | TOP↑

≫ EDIT

特急「東海」の撤退

特急東海のラストランの写真が吉木康夫さんから昨夜(3月17日)送られてきました。
文章とともに、そのまんまアップします。



 ラストラン 特急〔ワイドビュー東海〕 今日でおわり

近所の踏切には数名のデジタルマンがおりました。こんなにお客の無い
特急は珍しいですが時々乗るのには却ってネライどころ よく乗りました
18きっぷ で乗る深夜便はこの373系でくるのでしょうか 
時々見に行くことにします 
それにしても静岡ゆきはなかなか会えなくなりました。  では

| 未分類 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT