FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12歳

12歳の時に制作した、野球ノートです。
中学1年になったばかりですが、今の小学4~5年の体格性格のような気がします。
不謹慎ながら、孫天と同じ年齢同じような体格のようです

:表紙は最高殊勲選手を獲
とびらページ P8230655Iba
タイガースのページ P8230658Iba
阪急ブレーブスのストッキング P8230659Iba

:切り抜きなど P8230665Iba - コピー
:成績一覧 P8230662Iba - コピー
:投手成績など P8230656Iba
:最終ページ、東西対抗に選抜された選手 P8230660Iba - コピー - コピー - コピー
前列左広田
左下が12歳の私
これらの写真の一部は「日本カメラ」に掲載されています。




| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

鉄道模型コンベンション・花畑、つばめの低空飛行

今日から 鉄道模型コンベンションが開かれます

ModelsIMON ブースで販売する オリジナルプリントは 
北海道特集にあわせ、
フィルム撮影した 北海道の蒸気機関車から選抜しました

サイズは A4、 A3 画像は6種類、すべてカラーです。

「ニセコ」C62重連、花畑の、2号機つばめの低空飛行も選びました

IM004,A4,つばめ舞う、花畑 鉄012
IM003.A4,雪ばれC622

半世紀前の 幻のフィルム映像ですから 再現に気を使いました
色彩、シャープネス、再現性、どれをとっても瑞々しく、迫力あるプリントを制作できたのは
小躍りしたくなるほどです
幸せです!
じっと眺め入りました!

この幸せ感を、皆様と共有できるのです

会場でゆっくりご覧ください
そして、価値あるオリジナルプリント、
エクセレント コレクションを あなたの部屋に!






| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

鉄道模型コンベンション・3日間のみ オリジナルプリントの販売

IM002,A4夕方長万部C622夕日、清水さんから1

オリジナルプリントを販売することにしました。 
東京ビックサイト ModelsIMON のブースです。

8月17,18,19日・・・華の3日間。

北海道のテーマに合わせた 良質な原画 6点、
花畑を低空飛行する「つばめ」も選びました。
プリントは開会前の超忙しい中、きちんと 額装していただきました。

こだわりぬいたのは、プリントの対 変退色性です。
世界最高水準を保持しました。
またすべてが 作者自身によるオリジナルプリントです。
細かい調整から押印まで作者自身が行いました。

それでいて低価格。
私の最高作品を 仲間に共有してもらいたいからです。

これまでは書籍を通して作品に接していただきました。
これからは、原画のクオリティがダイレクトに伝わる オリジナルプリント を身近に置く時代です。
その魁です。
 
今回のみの特別価格

  A4サイズカラー 11,000円+額代
  A3サイズカラー 21,000円+額代

としました。
額は HAKUBA のアルミフレームです。

参考までに 現在私のプリントは
4切サイズで カラーモノクロとも、 198、000円で販売されています (WeBooks)。
また、この9月のJPSチャリティ写真展には ModelsIMON での販売と
同じショット1点A4サイズを掲出しますが 50,000円です。

東京ビックサイトでの販売枚数は 各作品ごとに A4 3点。 A3 2点 です。
追加販売も検討しましたが 期間は3日。時間的価格的に困難が伴いました。

ビックサイトは広すぎ、プリントがどこにあるか目立たないので 購入者にはチャンスです。
ModelsIMONのブースであることは確かです。
早めにお求め頂き やさしさと迫力を ご自分のものにしてください。

完成度の高い 私のすべての作品から得られる感性は、やさしさと迫力 です。
言い換えるなら 美しさと勇気 です。

IM005,A4,三笠の9600ターンテーブル 鉄014






| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

写真を入れる額・2

ヨドバシで 黒色と同時に買った小さい額にも写真を入れてみました
額はやはりスクエアー、長さ(外寸)11cmの正方形です
写真も正方形に・・・
似合いそうな写真を吟味して・・・

IMP8070848.jpg

写真下段に なるべく目立たないよう タイトル、制作枚数1/3、作者名など
英文字 銀色のインクで 1行記しました
これもなかなかかっこよくまとまりました!

とても 440円の額には見えません
馬子にも衣装、いや、衣装にも馬子か・・・?

いずれどこかで、実物をお目にかけましょう









| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

1938年

古い写真が出てきました
父親が、ベビーパールで撮影した光景です
1938年10月27日に起きた事がらで、旗行列が敢行されたときのものです

chichi2-1,旗行列 0T2A7767
chichi2-2,旗行列俯瞰 0T2A7766

場所は桜田門付近
法曹会館あたりでしょうか・・・

下は、そのころ撮影された写真です
家の前を兵隊さんが行進したときのものです
左は兄、右が私です

chichi1,兵隊さんを送る 0T2A7770

この写真の一部は、来月の「日本カメラ」に掲載されます
ご覧ください、毎回好評の記事に興味を引かれると思います




| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

黒岩さんの展覧会

横浜 ModelsIMON でいただいてきたパンフレット、もう一枚は
黒岩保美(くろいわやすよし)さんの企画展です
すでに始まっていたのですね

kuP8020812.jpg

kuP8020815.jpg

場所は皆様ご存知、旧新橋停車場です

kuP8020818.jpg
kuP8020819.jpg
kuP8020821.jpg
kuP8020820.jpg

kuP8020824.jpg

このポートレートは、D51試運転のときのものです
私たちは地上で列車を待ち構えていましたが
黒岩さんはお乗りになっていたようで、現地でお会いしました

ここぞとたくさん撮らせていただきましたが
「広田くん、もういいよ」と云われてしまいました

でも男は、こういう場所で、様になる人と ならない人に分かれますが
黒岩さんは ご覧の通り 様になる!!
生まれながらの 鉄魂 のなせるところでしょう
やさしさも にじみ出ています

kuP8020825.jpg

一応、場所の地図もアップします
みなさん、会場にお越しください~

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

鉄道写真コンテスト

昨日、横浜のModelsIMONに行ってきました
入り口のレリーフ、長さが3mを越すような「ある列車」が 迫力ある姿で迎えてくれます
エレベータで 5Fへ
小学生や中学生の、ちょっとだけ立ち寄り、という姿に ほほえましさを感じました
塾通いの つかの間の楽しみでしょう。

パンフレットもたくさんおかれていました
その中から2枚頂戴してきました

その一枚がこちら

kuP8020816.jpg

タムロンコンテスト同様、「鉄道ファン」+Canonの鉄道コンテストも好調です
私も9年間審査に携わりました
今年の審査は米さんと、小鹿野さんです
下は応募規定です

kuP8020817.jpg

今年のタムロンコンテストも、例年通り皆さんの大きな支持を得ると思います
お互いがんばりましょう!




| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島から

何とびっくり!
石垣島の 石垣さんから すてきなパイナップルが到着しました
早速冷やして頂戴しました
もう一つ、冷蔵庫にあります
どなたか お客さんが見えたときに・・・

isiP8010807.jpg
isiP8010809.jpg
isiP8010810.jpg



| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

暑気払い

云うまいと 思えど今日の 暑さかな

まさにこういう日々ですよね
そこで渋谷のパンダで暑気払いです

chiP7300002.jpg
chiP7300020.jpg

パンダの料理もおいしかったし、差し入れの紹興酒、10年物も7年物もいけました。
いいちこの非売品?も、癖も無くすいすい いけたみたいです。

最後のデザートになって何を頼むかは 杏仁豆腐が圧倒的でしたが
オーナーの一言「では、魚がいい」
一同、え~っ
でも出てきたのは下のような魚の形をしたデザートでした!

chiP7300018.jpg

看板の時刻も忘れ、帰宅したのは12時ころ、
汽車の話で盛り上がり、熱い一日でした!


                                          撮影はイモンさんのカメラ・・・

| 日々の出来事 | TOP↑

≫ EDIT

RM419

レールマガジン (RM) の最新号 (419) をみて驚きました
すばらしいインパクトです

表紙から中身にいたるまで 
おもわず集中してしまうほど 濃くなっています

これまでの ドロンとした内容とは異なり
魅力が溢れているのです
編集者たちの意気込みを感じます

読者に迎合する商法も 確かに有です
しかしこれでは 先細り
鉄道文化を継承していくことは じきに困難になります

今回は 迎合より 攻めを感じました
個々では埋もれてしまいそうな写真も 編集手腕で生き生きと感じられました
見事な ハーモニーも生まれています

声を張り上げて「皆さん、買い支えてください」などという必要はありません
昼飯は菓子パンひとつにしても ほしくなるはずです

鉄道“趣味”の広がりと深さは 月刊雑誌本誌から伝播していきます
編集の意図、勇気、センス、愛情が これからの趣味界、鉄道写真界をリードしていくのです
そこに発行部数減退はありません

こうした傾向が続けば
鉄道動画が優位になる時期は 確実に遅れることでしょう
うれしい悲鳴です


| 日々の出来事 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT